コラム

 公開日: 2016-09-01 

妻が不倫(倫活)にハマる理由

結婚しているのに、他の男性と恋に落ちて不倫(倫活)するというのは、いけないことだとわかっているのに、不倫(倫活)してしまう妻が後を絶ちません。

不倫(倫活)は、一度経験するとやめられないという人もいるほど、密の味なのでしょう。
なぜ、不倫(倫活)にハマってしまうのかを解説します。

寂しさを紛らわすため

人間は衣・食・住を心配しなくてよくなると、幸せをかみしめ、その生活を大切にして生活できる人と、満ち足りていても刺激がなくて何か物足りなく、そして余った時間を寂しいと感じる人とに分かれるそうです。

寂しいという感情は、誰かがいないから寂しいのではなく、幸せを感じる能力がないから、寂しさを感じてしまうようです。

結婚して満たされているように見えても、寂しさを感じるタイプの人が不倫(倫活)にハマりやすいといえます。

それに、人は誰でも他の誰かから認められ、必要とされたいという承認願望があります。特に女性は大切に思われているだけでは満足できません。夫に「愛している」「可愛いと思っている」「ありがとう」と口に出して伝えてもらわないとわからないというか、実感できないというのが近いかもしれません。

男性からすると「愛している」と口に出すのは照れくさく、薄っぺらい言葉に感じるかもしれませんが、女性にとっては愛されたい欲求を満たす魔法の言葉なのです。

夫だけじゃもの足り ない。非現実感に夢中になる

結婚生活が長くなると、穏やかで刺激は少なくなっていくものです。

恋人の頃とは違って、夫婦生活はいいところも悪いところも全部見えてしまうので、ミステリアスであったり、相手のことをもっと知りたいと好奇心がかき立てられたりというような部分はありません。

そんな時に夫にはない魅力を持つ男性が現れて、誘惑されたら「いけない」とわかっていても不倫(倫活)に流されてしまうのではないでしょうか。
そして、人目を避けて逢引きしたり、いつもよりキレイにして出かけたり、相手の連絡をやきもきしながら待ったりするうちに、非現実的な高揚感にハマるのです。

それまでは穏やかで幸せかもしれませんが、裏を返せば平凡で退屈な毎日だったのです。それが刺激的な時間に変わるので、のめり込んでしまうのです。

タブーへの優越感がたまらない

不倫(倫活)は法律的に言うと不貞行為です。配偶者以外の人と性的関係を持つことを言います。それゆえ、不倫がばれたら法的に慰謝料を請求される可能性もあります。友人や家族からも白い目で見られます。職場にばれたら、いづらくなることもあり得ます。

つまり、不倫は世間的にタブーなのです。
タブーとは、人間が欲望のままに生きないように社会的に定められたルール、規範で、犯してはならないものです。

つまり、不倫(倫活)=タブーを犯すことは本能に従うことなので、快感を得られるのです。

快楽主義

先日のコラムにも書きましたが、人間は色んなタイプがあって、建設的な人と破滅的なタイプとがあります。

特に、世の中のルールを犯しても続けてしまう人は、ある種快楽に生きる人です。
よく不倫(倫活)を繰り返す人は、相手が好きというより、そういう事をしている自分が好きなので、そういう人に向かって道徳的な説教をしてもあまり意味がないのです。

こんな風に書くと、元も子もないかもしれませんが、理屈ではなく生き方がそうなのです。
真面目なことをルールに沿って生きるというより、スリリングな刺激の方が大事になってきます。

非日常も、「常」にとなると日常になる

その昔、食べ物で唐辛子ブームがありました。
人はどんどんからい食べ物を求めて、ブートチョロギアなど限界に挑戦するような辛い食べ物がもてはやされました。

刺激は慣れてしまうと、平気になってしまいます。辛さと同じように、刺激は非日常だから刺激なのです。ちょっとした刺激も日常になると、刺激でも何でもなくなります。
そういうことで、夫との普通のことが退屈になってしまうので、何もかもが色あせて感じるのです。

普通の当たり前のことより、刺激的なスリルや背徳感の方がゾクゾクするようになってしまうのです。

こういうタイプは普段から、ありきたりの生活に満足していません。
何かあるとすぐに不満を貯め込み、すぐに安易な解消法に答えを求めてしまいます。

これを私は快楽主義と呼んでおり、人が忠告してどうこうなるものではありません。
ただ、こういう導火線を持っている人かどうかは、夫も見抜いておかないといけませんし、そういう傾向が見えたらそういう導火線に火は付けないようにしないといけません。

これは腫れものに触るような扱いをせよと言うことではなく、導火線はあってもそれだけでは火は点きません。
お湯はいきなり沸点にはなりません。沸騰するには、沸点に達しないといけません。
発火には、発火するまでの猶予はあります。

いきなり大火事にはならない

妻の不倫に気付いた時は、なるべく温度の低い時に夫婦会議をしましょう。
生活のガス抜きは、気付いたらしておきましょう。

これは夫も妻にも言えます。何でも大ごとになる前に手を打っておかないと
快楽主義の妻を持つと、破滅の方向に進んでしまいます。

まとめ
浮気を止めさせる為のセオリー
金言にして下さい
「許す」は「許さない」の裏返し

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

面談相談初回・・・・・時間は問わず 8640円2回目以降 30分5400円電話相談初回・・・・・30分から  3240円       30分以降は 10分 1080...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お礼&近況報告

ごぶさたしております。 今年一月くらいにメールを頂いてから...

N.K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

テクニックに拘わるな。

今日のテーマはテクニックだけに拘っていませんか?という内容です。この度、個別の相談を少し休止すると発表し...

[ ムラコシズム、つぶやき ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ