コラム

 公開日: 2016-10-02 

小林麻央さんって凄い女性ね。

先ほどのコラムに引き続き 会話や言葉の持つ意味を考えて行きましょう。

前回では会話やコミュニケーションで夫婦が理解を深められたらいいのですが、夫婦において
浮気問題が生じている場合は、会話などでは解決出来ることはまずないと言っても過言ではありません。

むしろ、言葉がなくてもその人の想いは推し量ることができますし、逆に言葉以上に、物語ると言うことがあるので、夫婦は、心を感じる事が大事だと思います。

そんな中、「夫婦は話し合ってはいけないと言われて、ではどんな会話をしたらいいですか?」と言っている段階で、結局会話が一番と考えている証拠と言えるのです。
この考えを改めて・・・・と前回のコラムで書きましたが、家では無言ではいられないからという事で夫との会話をどうしたらいいか?と聞かれます。

それはズバリ!浮気のことには絶対に触れない、と言うことに尽きます。
つまり、会話の中で、白状させたり、会話で夫の浮気の意味を知りたいから、そのことを会話の話題にいれてしまうのです。

要は、浮気問題が何とか夫婦のコミュニケーションが高まれば、改善できると考えている部分もあるでしょうし、冷たい夫婦関係に陥っている部分に風穴と開けるのが、会話だと思っているのです。

言葉や、会話のような、具体的なことではなく、ずっと、そこに含まれる「意味」が何もかもを物語るのです。

それで、今日はあえて、小林麻央さんのブログについて例題としてあげますね。

彼女は9月初めからブログを再開し、日々の心境を綴っています。

海老蔵さんが妻の病状を記者会見で発表したときに、記者からの質問に、「とても大変ではある」と推し量ってくださいと言われました。
そこには 下品な想像をかき消す凛とした姿勢がありました。
またその表現に、逆に理解することがありました。

その後麻央さんは、ブログを日々更新し、ある時は病状、ある時はかわいい性格が出る日常の事。
そしてある時は、病気を患う人への励まし。
自らを差し置いて、人を想う言葉は素晴らしい。

そこには、何も具体的なことは書かれてありません。
また読み人も、色んな思いを持って、それを読んで、でも誰も肝心な事は聞くことはしません。

それが礼儀というより、その表現で充分、人間同士は理解できるのです。
何でも、言葉に出せばいいと言うことではなく、あえて言葉に出ない部分に、本質がある。

今の麻央さんは、特に事実を限定する書き方をされません。
さりげなく、ブログを書かれていた過日に、手術をされていたことも
本日知りました。

それで、すべて理解できるわけではなくても、そこまででいいのです。
人と人とは、言葉以上のコミュニケーションがあるのです。

恐らく海老蔵さんと麻央さんも、究極の言葉は使わずに会話しているはずです。

毎日、麻央さんは、書ける範囲の事を、嘘なく書かれておられますが、すべてではないかもしれません。
それでいいのです。
神々しいくらいの、美しい表現を使い、日々の心境を書かれています。
日ごろ、柄の悪い下品な表現をしている私は本当に心から恥ずかしいです。

前回のコラムで書いたのは 相談者から何を夫と会話すればいいかについての答えを書きましたが
答えにはなっていませんでしたね。
だって、会話は必要ないというくらいの勢いですから・・・・
でも、一生夫と会話をするな、ではなく、上手い会話をしてくださいと言うことです。

いくら取り繕っても、結局透けて見えるなら、下手な会話をするのは益々夫を遠ざけるのです。

その意味で、それでも、日々話さない訳には行かないなら、お天気の話くらいしかなくなります。

麻央さんのブログには、「花鳥風月」を見つめ、周りの人に感謝の言葉を綴っています。
今、かける事の範囲というより、人は苦行を背負ったときこそ、人に感謝を覚えます。

でも、夫の浮気に苦しむ妻は、無意識にそれを責めてしまう会話をすると言う事の自覚がありません。
それを止められないくらいなら、そういう会話ならしないほうがましなのに、夫婦関係を少しでも改善したいと、その問題をつい口に出してしまうのです。

「じゃ、何を話せばいいの?」と問う前に、本当の自分は何を話したいか、自分がつい、言ってしまいたくなることは何なのか?それを知ることも大事です。
そしてそれを聞いたり読んだりした者がどういうリアクションになるのか、それを想像して今の言動を決めないといけません。

つまり自分が言いたいことより、それを言った結果どうなるかの成果を考えないといけないのです。

麻央さんに聞きたい事はたくさんあるし、言いたいこともたくさんあるのです。
でもね、人間って、そんなに言いたいことを言って生活できるものじゃなないのです。

麻央さんは偉いね。
強い自分だけじゃなく、弱い自分も認めて、ないまぜに自分を丸抱えし、人として尊敬します。

言葉にならない言葉。
聞かなくても分かる事。
言いたいだろうに我慢をしている事。

それなのに、本当に配慮に欠ける言葉が、時々ネットで見られます。
何とはあえていいませんが、下劣です。

麻央さんは最大限の情報発信はしてくれているので、それを持って足ります。
下品な風評を流すヤカラを私は許しません。

これ以上、麻央さんをいじめる奴を私は許さんぞ。
あ、やっぱし下品な私が出ちゃったよ。

とにかく、みんな麻央さんを応援してあげましょう。
そして夫婦も同じ。
何でも言葉にすれば分かり合えると思うのは大間違い。
会話や言葉で分かることは、ごく一部だけで、真実は言葉以外の
所にあると気づいて下さい。
では今日はここまで。

まとめ
浮気を止めさせる為のセオリー
金言にして下さい
「許す」は「許さない」の裏返し

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

面談相談初回・・・・・時間は問わず 8640円2回目以降 30分5400円電話相談初回・・・・・30分から  3240円       30分以降は 10分 1080...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

浮気問題が解決しました。

お返事、大変遅くなりました。 すみません。 長くなってし...

匿名希望
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

信じるということ

過ぎてみて分ることってあります、その時は分らなくても・・・・。私もこの年になって(ってか、年齢はあまり公...

[ ムラコシズム、つぶやき ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ