コラム

 公開日: 2017-07-13 

人のことならよくわかる。

このところ、ずーっと松居一代さんのことばかりを書いています。
もう大概、飽きてきた方も多いはず。
でも、もうこれからは、松居さんの動画は見られなくなるそうですので、
とりあえず、今のうちに駆け込みで書いておきます。

ここで松居一代さんのことを書いているのは、特にこの話題に興味があるわけではありません。
人の振り見て、我が振り直せです、皆さん、この松居さんの行動をどう思われますか?
ただ、皆、自分の事は棚に上げて、人のことならよく判るのです。

女性として同情できる部分はあるかもしれませんが、実際は
「ここまですると、自分で自分の首しめている」と殆どの人が感じているはずです。
訴えたい事はわかるけれど、やり方が間違っている。
本当は家の中で、言い合いしているような内容に過ぎません。

あれほど、お金のある松居さんが、探偵も雇わずに、想像で、船越さんに不倫疑惑をふっかけて、
その疑惑を、ユーチューブなんかで公表してしまっていますが、これは、一般家庭の中でもよくあることです。
さして確固たる証拠もない中で、浮気の疑いを突きつけて大騒ぎします。
ラインやメールを見つけて鬼の首を取ったように、夫に攻め寄ります。

この大大大、派手に外でやっちゃったのが松居さんに過ぎないのです。

ね?人の事を見たら、あそこまでしなくてもいいじゃない、とか
何か凄みがあって、「松居劇場」を見せられているようで、あんな事をしても、収拾つく感じがせず、
段々、こじれてきていると感じます

これを一般の家庭に例えたら、夫の不倫を見つけて、お互いの両親も呼んで、家族会議を派手にして
夫の愚行を、すべてオープンにし、散々、夫の短所をあげつらい、その上で
「子供も小さいし、私も至らないところがあったから、もう一度夫婦として修復したい」と妻が言っても、
夫にすれば、「本当にそう思っているの?」と、キョトンですよ。

ここは 誤解をしないで欲しいのですが、夫の浮気を許してあげようと言っているのではないのです。
でも、表現の仕方で、とても損をする事になる事を知って欲しいのです。

あの松居一代さんでも、こじれにこじれて、どうしようもなくなって、今、もうやけくそになっているのだと思います。
夫の心はもうどっかに行っちゃって、戻ってこないと段々判ってきたから、「死なばもろとも」で夫の船越さんも引き連れて地獄に落ちようとしています。
これを道連れと言います。
一緒に地獄に落ちる事が、唯一の夫婦としての最後の実感にしようとでもしているのか、悲しいですね。

でも、皆さん、先入観を捨てて、松居さんの心の声に耳を澄ませてください。
あの前を睨み付けるような目の奥に、本当は夫の船越さんを愛してやまないという声が聞こえませんか?

今の松居さんの目的は、お金じゃなく、船越さんの謝罪だそうです。

調停を経て、裁判になり、いずれ沈静化するでしょう。
でも 司法にまで話が行くと、それは「対決」という立ち位置なのです。

どんなに、「夫婦関係調整調停」と、言葉を綺麗に置き換えても結局は対立している人間同士の決着なのです。

裁判は、どれだけ「円満離婚調停」と唄っても、所詮、協議という話し合いが成り立たなくなったから
家庭裁判所と言うところで、第3者(この場合家庭調停員)を中に挟んだ、ジャッジなのです。
慰謝料とかの言葉がキツイと感じるなら、「和解金」という名前にして、ソフトなイメージをつけるのですが、所詮、お金でしか解決できなくなった関係という事なのです。

だから、いくら言葉を着飾っても、本音は見え隠れします。
松居さんが、どれだけ、船越さんの事に愛情もなくなったと声高に言っても、どうでもよければ、あんなパフォーマンスはしません。

愛情の反対語は「無関心」です。
本当に愛情がなくなったら、あんなにパフォーマンスはしません。
嫌いだ、嫌いだというほど、船越さんを好きだ失いたくないと聞こえてきます。

ね?あなたもご主人に、「今度約束を破ったら離婚よ」と脅かしても、本当は「裏切られたらどうしよう」と一番恐れているのは 貴女なのです。

だったら、あえて、嫌われるような脅かし弁は止めませんか?
夫の浮気を見つけて、穏やかでいられないのはわかります。
夫の浮気で、あなたも離婚の二文字が頭をよぎって、それが怖いから、余計に夫を脅かして・・・・

そんな脅かしをしている裏で、浮気相手の女性は猫なで声で、女らしく演技をしているのです。
いったい何が本当なのか、訳もわからなくなってしまいます。
どっちも、どっちです。

でもね、松居さんにも言える事は、彼女はとても夫を愛していているという事です。
あんなパフォーマンスをすればする程、彼女は本当は、船越さんを失いたくないのに、その言動は本音とはかけ離れています。

もう、あそこまで行ってしまうと、誰もが引っ込みがつかなくなります。
だから、あそこまで行ってしまっては駄目なのです。
夫婦の家庭内の事を、周りに知らしめてはいけないのです。
根から葉まで、世間に知らしたら、皆が引っ込みつかなくなります。
家族会議を称して、親兄弟も巻き込んで、派手に話し合いをしてしまうと、それは会議ではなく、魔女裁判です。ここまでしてしまった後に、やはり「あなたが必要なの」と言っても、ご主人も「ハぁ?」と、信じられないでしょう。

辛いから、苦しいからと言って何をしてもいいとは思わないでしょう。
松居さんも、恐らくこれまでに、とても苦しんで苦しんで、今は壊れちゃったのです。

でもね、私が思うに、彼女は、何でもパフォーマンスが過ぎました。
夫の仕事関係の方々に、妻として挨拶状を出し、舞台があると、宣伝をし・・・・
とてもしっかり者の妻で、さすが年上女房と、一目置かれました。
それは、夫の船越さんがどう感じられていたかは知りません。
この夫を立てるという方法が、出すぎていたし、間違っていた。

でも一番間違っていたのは、松居さんはここまで自分が仕切って、自分でリードしないと気が済まない。
夫の仕事にまで口出しし、夫を手の平で転がしているような、上から目線で、夫の心が離れたら、離れるほど、詮索し、付きまとう割りに、松居さんは愛して欲しがりの「構ってちゃん」なのです。
もうこうなれば、何が何だかわからなくなってしまいます。
夫をとことん、指図する強気の癖に、本当は構ってちゃんって、判りにくくって困ります。
今、ユーチューブで流れている動画は、まさにこのアンバランスさが、表に出ています。

ね?これを読んで頂いている誰かさん。
夫の事を大好きなのに、口から出る言葉は、強気な意地悪ばかり。
それでいて、「傷ついている弱い私を愛して欲しい」と言っても、もうバラバラです。
構ってチャンは、少しは弱くないと、狂犬のように、ひとつ間違えば手を噛まれるような妻では夫は近づいてくれません。
構ってチャンは可愛い子猫でなくっちゃね。
では、今日はここまで。

まとめ
小心者と臆病者
浮気を止めさせる為のセオリー
「許す」は「許さない」の裏返し

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

面談相談初回・・・・・時間は問わず 8640円2回目以降 30分5400円電話相談初回・・・・・30分から  3240円       30分以降は 10分 1080...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

相談から2年が経ち、近況報告

村越先生 こんばんは、A子と申します。 2013年に往復6通...

A子
  • 女性 
  • 参考になった数(22

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

真里ちゃん調べ

夫婦問題の相談業を始めてボランティア期間を含め約20年メール相談、無料相談を数えると、件数にしたら5万件...

[ ムラコシズム、つぶやき ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ