コラム

 公開日: 2018-04-22 

妻か浮気相手、どちらを選ぶか?

悲惨な事件がおきました。
和歌山県白浜町で妻を溺れたと見せかけ殺害した疑いで夫が逮捕された事件で、 野田孝史容疑者(29)は去年7月、白浜町の海水浴場で妻の志帆さん(当時28)をシュノーケリン
寄せられる相談は、この妻の立場の相談ばかりです。
ひとつ違うのは、夫が妻を殺害まではしないという違いだけで、実際は、夫は、どうしたら、妻と離婚をする事が出来るか、という事で、妻へとても卑劣な嫌がらせを仕掛けてくるというやり方です。
殺害という結果は究極ではありますが、悪さをした夫が、自分の人生から、妻を離婚と言う抹殺をしようと悪巧みをするのは、私にすれば驚きでもなんでもなく、日々相談を受けている内容なのです。

妻をとるか、浮気相手を取るか?

この選択を迫られたら 夫という男性はどちらを取ると思いますか?
相談者の殆どが、夫の浮気を見つけた場合、「妻に見つかったら、浮気相手と潮時だろう」とか、「浮気相手と別れるのが当たり前」と考えていると、何も見えなくなってしまいます。
もちろん、浮気相手と別れてもらわないと困るのですが、だからと言って、妻という立場は絶対に強いもので、浮気相手とは別れるのが当然と考えると、その妻の予想を逆手に取られてしまいます。

だから夫は、浮気相手と別れるはずという決め付けが、夫の「嘘」を後押ししてしまいます。
何故なら、夫は妻に、浮気相手と別れると言えば信じてもらいたいものなのです。
でも本当に、そんな簡単に人と人とは別れられないものなのです。
それを知らずに、単に、浮気は不適切な関係だから、別れる事がセットされていると、そこをスルーしてしまうのです。
和歌山の妻殺しの事件とまではいかなくても、別れる事は本当に時間も手間も掛かる。
それなのに、倫理的に良くない事だから、別れるのが当然と決め付けると、その複雑さを何も考えなくなってしまいます
今回の和歌山の事件は、浮気相手の女性が妊娠したから、妻を殺害したのだろうと、それは特別と考える人がいますが、妻か、浮気相手かで揺れるとき、結婚をしているから妻を取るとか、妊娠したから浮気相手を取るという事でもなく、今回は、その夫の特異な性格と思いがちですが実際は、浮気の構造をよく表しているのです。

殺害されて妻とは別居中で、離婚に向けて協議中であったので、当然浮気相手に心が行っていると思いがちですが、それまでの喧嘩が絶えなかったという事は、妻も何らか、夫の異変を気付いていたと言えます。

と、いう事は 喧嘩が絶えなくて、離婚の話も出ているとなると、夫の軸足は浮気相手に向かっているのは明白です。
でも、普通は、この段階では、離婚をほのめかしても、浮気相手の存在を隠していたり、または妻との性格の不一致のせいにして離婚を要求してくる場合等は、夫の心の中では、妻か、浮気相手のどちらを取るかの結論は出ているのです。

だけど、いきなり結論に持っていくのは、乱暴なので、浮気相手には、時間が掛かるといって、待たせたり、
妻には、もし浮気がばれていても、妻と修復するようなフリをするのです。
別居中の夫などは一旦、自宅に帰ってきて妻と、再び同居を始めるという修復の既成事実を見せようとする男性もいます。
それくらい時間をかけて、手間をかけて、離婚の方向に持っていこうとするので、夫も人知れず苦労をしているのです。それくらい一旦始まった浮気は、終わらないものなのに、浮気は妻にばれたら、浮気相手と別れるだろうという道徳論だけでは、夫の本音を見えなくさせてしまいます。
そういう事で、夫のお殆どが、浮気がばれても、終わりません。
困ったな~と思ってはいても、心の中では「どうやったら浮気相手と、妻にばれないように続けられるか?」と夫の頭はフル回転しています。
そういう事で、物事を、倫理観や理想で片付けるのは止めましょう。
事件までは起きなくても、夫が妻と浮気相手との間で板ばさみになっているときは、その殆どが、妻ではなく、浮気相手と不倫を続けることを望んでますから。
では、今日はここまで。

まとめ
[[夫婦修復の大前提と根幹http://mbp-osaka.com/fu-fu-all-ok/column/31334/]]
小心者と臆病者
浮気を止めさせる為のセオリー

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

行動学という研究があります。人間の行動を分析したりコントロールすると、今、身に起きている現象を変える事が出来るという理論に基づき、研究されています。...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

御礼とご報告

ご報告 突然のメール失礼いたします。6年前にお世話になりま...

K男
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

愛の減少原因は、実はプライド

ここ数日は台風や大雨の影響で、各地の被害が心配されます。皆様、お気をつけてお過ごし下さい。私の仕事場で...

[ 離婚回避緊急対策 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ