コラム

 公開日: 2018-05-14 

居場所と、心の距離

前回は「居場所と、心の距離」について書きました。
この中身は ざっくりいうと、妻からの別居宣言です。
例えば、妻が夫婦喧嘩の果てに、実家に帰ってしまったり、逆に夫に出て行ってほしいと言ったりと、
とにかく冷却期間を置こうという別居になった場合は、一見、前向きなように見えますが、こういう別居は反って、夫婦の間に距離を作るというより、互いの独身生活の気楽さを再確認することにもなり、離婚へと向かう事も多いです。
一緒に居るという苦痛から解放されて、いいとこどりだけを互いに求めるようになります。
妻は夫のお三度から解放されて、お給料袋だけを家に運んでくれたらいいや、となると、夫側も、自分の働きを称えてもらう場がない。
子供たちにしても大きくなると、父親は、小遣いの根っこという考え方になり妻も、夫をATM代わりのように思います。
そうなると、夫も大切にしてもらってないという感情を抱き始めます。
単身赴任も同じこと。
最初、赴任したばかりの時は、週末になる度に、自宅に帰ってきていたものを、だんだん、月に2回になり、そのうち月一の週末にも帰らなくなります。
ましてや、浮気性の夫だとしたら、赴任先で、美味しい料理の作ってくれる小料理屋の女将などと仲良くなると、週末はそちらにお世話になっちゃいます。
まるで、昭和の映画のような世界です。
つまり、夫にとっても、妻にとっても、自分を大切にしてもらっていると感じなくなると、自分のことを思ってくれる身近な人を求め始めます。
ましてや、妻の方から、別居宣言をしたら、夫である自分を大切にしてもらってないと感じるのです。
これは例え、その原因を作ったのが夫だとしても、です。
例えば、夫の浮気で、夫婦喧嘩をしたとしましょう。
その時、妻の気持ちは、喧嘩にはなったものの、それは反省をしてほしいという願いがあるから、喧嘩をしているつもりでも、夫のほうから妻に対し「それでお前はどうしたいのか?」と、問うときがあります。
これは妻にすれば愚門で、どうもこうも、夫が反省をして浮気を止めてくれるなら、やり直そうという事なのですが、改めて夫側から、上記のような質問が来た時には、夫は「本当に夫である自分を必要とされているのか?」という確認をしてる場合です。
でも、同じ質問をしてきても、もう一つの意味がある場合があります。
それは、妻が「もうダメ、やってられない、離婚だわ」と言ってほしい場合もあります。
どちらの気持ちで言っているかは、詳しく分析しないとわかりませんが、後者の場合は、最悪です。
夫は、離婚の承諾が取れたとばかりに、浮気相手に、報告に行きます。
つまり、妻の別居宣言が夫の浮気を後押しすることになってしまうのです。
と、言う意味で、そういう夫に、妻が気づかず、前向きな別居と思って、別居宣言をしても、それは自らの首を絞めることになるので、お勧めしません。
この上で、もっと最悪なのは夫からの離婚宣言です。
これは、浮気の段階としては、最終段階に入ったということなので、ここに至るまでにならないような努力が必要です。
離婚届にサインをしろとでも迫る夫がいたとしたら、もうそれは、危機に面していると考えなければなりません。
例え、それが何か月も前で、特に出ていくそぶりもなければ水面下で準備をしている可能性がありますので、離婚の話題が出たままで、放っておいて、何も動きがないからと安心していては その日は突然訪れます。
つまり離婚という約束手形を早く取り付けたいのは夫の方であるならば、それはもう、あなた達夫婦の離婚届が浮気相手へのプレゼントになってしまいます。
だから夫側からの離婚宣言は 放っておいたらダメという事なのです。
もちろん、夫側からのそういう要求に平気な妻はいないでしょうけれど、
どうして良いか解らないから、と固まってしまい、そのまま時間が経過するというのはよくあることです。
とても怖い話題ですから、妻側からは改めて聞いたり、話を進めたりはしたくないから、とかく放置しがちになりますが、夫側からの離婚宣言がある場合は、何がしかのアクションだと捉えましょう。

営業チックという誤解を覚悟で言いますが、無視をせず、手遅れにならない内に、相談にきてほしいな。
冷却期間は、そんなに前向きな答えは生まないという事ですし、離れて住んだら、ろくなことはないというのが 私の持論です。
では今日はここまで。

まとめ
[[夫婦修復の大前提と根幹http://mbp-osaka.com/fu-fu-all-ok/column/31334/]]
小心者と臆病者
浮気を止めさせる為のセオリー

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

***********************新料金表4月1日より、相談料金等、変更いたしました。正式には 追って新ホームページでご案内いたします。(...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

浮気問題が解決しました。

お返事、大変遅くなりました。 すみません。 長くなってし...

匿名希望
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(42

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

何が離婚への決定打になるのか?

俳優の渡辺謙さんと女優の南果歩さんが離婚しました。昨年渡辺謙さんの不倫スクープを発端に、夫婦は破たんして...

[ 離婚回避緊急対策 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ