プロTOP:野元淳プロのご紹介

あこがれの時代を開く「時代の門」が、ここにあります(1/3)

野元淳 のもとあつし

古美術の奥から見える、その時代の人と風景

 「中でも古美術は、日本の歴史とともに発展してきた文化遺産だと思います」
 大阪の歴史が残る街・北浜で古美術品を取り扱う「玄海樓(げんかいろう)」の店主、野元淳さん。古典籍や書画などの古美術を日々探している野元さんが特に好きであり、力を入れているのが「古筆(こひつ)」。

 古筆は、古筆の定義では主に奈良時代から室町時代にかけて書かれた名筆や筆跡のことを指しています。時代を経ながらそれらは「美術品」として権力者や富裕層の間で大切に保存され、収集されました。後世、その収集の流行や需要の増加により、書かれた冊子や巻物が部分的に切断され、掛け軸などに仕立てられたりして鑑賞されました。やがて、その古筆は誰が・どこで・何を・何のために書かれたものなのかなどを鑑定する「古筆鑑定人」という職業まで登場するのです。
 「文字の形だけでなく、時代によって紙や墨などはさまざまに違います。そこから字の向こう側にある背景――世俗、文化、当時の暮らしなどを読み取ることができるのです」
 確かに古筆は、かな文字の配置やバランスなど、初心者の私が見ていてもキレイ、と感じます。しかし何より、ほんのわずかな間に見せてもらったものでも「平安時代に書かれた作品ですよ」と、はるか昔の時代に書かれたものであり、美術館に展示されていても不思議じゃないほどの作品が玄海樓にはたくさん眠っているのです。

<次ページへ続く>

【次ページ】 好きだからこそ続けることができる。これからも…

査定評価処分買取
イメージ

古き時代より代々伝わられし品々。御家族の方や御先祖が大切になさってこられた品々。「これはすごい物である」と言い遺された限り、値打ちのあるものだと誰もがそ...

北浜ナビ

昔ながらの落ち着いた街並み、良き大阪の情緒を感じさせてくれる北浜に実店舗を構える古美術・玄海樓。江戸時代初期から商業経済中心地帯として発展した大阪・北浜。...

野元淳プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

店名 : 玄海樓
住所 : 大阪府大阪市中央区北浜2-4-13 北浜2丁目ビル2階 [地図]
TEL : 06-4706-7371

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-4706-7371

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

野元淳(のもとあつし)

玄海樓

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ