プロTOP:谷光高プロのご紹介

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

谷 光高(たに・みつたか)さん

マナーの大切さを気づいて頂きたい

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれるなど、このご時勢の中で健闘。専属プロ及び倶楽部理事として、女子ゴルフ界で一時代を築き上げた大迫たつ子プロを迎えています。
 谷光高さんはその5代目の社長。祖父は創業者の一人です。大学卒業後は求人誌の営業担当を経て20代半ばで有馬カンツリー倶楽部に。
「最初はコースのメンテナンスを勉強しました。芝生育成の経験もないズブの素人で、スコップやツルハシの使い方も分からず、戸惑うことばかりでした」と苦笑い。「でも体力はあったので、汗をかいての作業は楽しく、今でもコース管理の仕事は大好きです」
 社長に就任したばかりの2012年の秋、お客様が「プレーをせかされた」とフロントでどなり声をあげて苦情をおっしゃるというトラブルに見舞われました。その日は、非常に込み合っていて、その組の遅れを気にした従業員が、ボール探しを手伝うなどしながら共に行動したためにとても気分を害された、というようなお話でした。私が出て、従業員の対応についておわびしてその場は収まったのですが、私自身の中に「順番を待っている次のお客様への配慮のなさがトラブルの原因ではないか。お客様にもマナーが大切だと気づいてもらわないと」と思い至り、始めたのが三田ゆかりの白洲次郎に学ぶ「ゴルフマナー講座」です。

<次ページへ続く>

【次ページ】 三田ゆかりの白洲次郎に学ぶゴルフマナー講座

最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

こんなにいいコースでレッスンができて、とても感激しました!

ゴルフマナーなど不安に思っていることや、普段は聞けない話...

M.T
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

谷光高のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は谷光高さんが更新している外部メディアサイトです。

twitter
有馬カンツリー倶楽部
2016-12-09
facebook
Facebook
ページの先頭へ