コラム

2014-06-25

「来た時よりも美しく」は、ゴルフマナーの最重要ポイント!

W杯サポーターの青いポリ袋を使った行動が世界中で称賛

サッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、日本人サポーターが熱心な応援の後、チームのシャツと同じ青色のポリ袋を使って、観客席のごみ拾いをしたことが、ブラジルの地元紙やインターネット上で話題になっています。コートジボワールに惜敗した翌日6月16日の地元紙には「敗北したが、日本の応援団のカリスマ性はブラジル人の心をつかんだ」と好意的に伝えられ、「入場前より試合後の方がきれい」と日本人のマナーをたたえる声が世界中で広がっていると報じていました。本当に素晴らしいですね。日本人の礼儀正しさは誇らしいと思います。
ゴミ拾い

ゴルフコース利用の精神も「来た時よりも美しく」で

ゴルフマナーにおいても「来た時よりも美しく」の精神がとても重要です。ゴルフ規則第1章エチケットには「コースの保護」として括られています。これは単にコースの芝生を大切にしようというものではなく、後から来るプレーヤーに迷惑の掛からないようにするため、芝生に与えたダメージは自らが修復し、バンカーショットで動かした砂は平らに戻すということです。
バンカーショット
ここで、ゴルフ規則第1章エチケット「コースの保護」の項の一部を抜粋します。

◎ コースの保護
バンカー
バンカーから出る前に、プレーヤーは(a)自分が作ったバンカー内の穴や足跡は勿論、(b)近くにある他のプレーヤーの作った穴や足跡もすべて入念に埋め、平らにならしておくべきである。レーキがバンカーの近くのそれほど遠くない所にあれば、砂ならし用にレーキが使われるべきである。

ディボット跡やボールマーク、靴による損傷の修理
プレーヤーは(a)自分たちの作ったディボット跡や、(b)球の衝撃によってパッティンググリーン面にできたボールマーク(プレーヤー自身の球によるものに限らない)を入念に直しておくべきである。靴によってパッティンググリーン面に作られた掻き傷などは、同じ組のプレーヤー全員がそのホールのプレーを終えたあとで直しておくべきである。

これらは、プレー上やむを得ず変えてしまったコースの状態を元の状態に戻すということで、「元の状態」とは、ルールに則り、後から来るプレーヤーに迷惑の掛からないように、適切な状態に戻すということです。まさに「来た時よりも美しく」ですね。

初心者も覚えておくべきコース保護のゴルフマナー

最後に、「来た時よりも美しく」するためのゴルフマナーをいくつかご紹介します。

◆バンカーの正しい出入りと均し方
バンカー均し
バンカーを歩けば足跡がつきます。アドレスで足場をつくれば深い凹みになります。ショットをすれば砂がえぐれます。これらの跡はバンカーの周囲に置いている「レーキ」で、正しく平らに均すようにしましょう。

★☆正しいバンカーの均し方☆★
➀「レーキ」を持って入る
 バンカー内のボールがあるところまで5、6歩以上歩くときは、クラブとともに「レーキ」も持っていきましょう。ルール上、レーキ を持って入って、ショットの邪魔にならないところに「レーキ」を置いても構いません。
②近くて低いところから入る
バンカーの入り口は、ボールになるべく近くて、バンカーエッジの低いところという2つの条件を満たす場所から出入りするようにしましょう。出入り口は近い場所ほど均す足跡が少なくて済みますし、バンカーエッジの低い場所は、足跡の深い凹みをつくらなくて済みます。
③凹んだ砂を平らに均す
砂が深く凹んだところは、まず周りから砂を寄せて平らにします。次に全体を均しますが、レーキをドンと砂面に置いて、そのまま引いたり押したりすると、多くの砂を一緒に動かすことになり、結局平らに均すことができません。レーキの先端をそっと 置いてから、前後にゆっくり動かして、平らに均すようにしましょう。
④後ずさりで入ったところから出る
バンカーからの出口は、入ったところから出ることが基本です。ボールのところまでの往復が同じルートであれば、均す足跡が最小限で済みます。ショットした場所を均した後は、後ずさりで足跡を「レーキ」で均しながら速やかに出ましょう。
⑤「レーキ」は正しく戻す
後続のプレーヤーが「レーキ」を探さなくてもいいように正しい位置にレーキは戻すようにしましょう。

◆砂袋とスコップを持って、ディボット跡の修復!
ディボット直し
ティーインググラウンド、フェアウェイやラフでショット時に芝生を削り取った(ディボット)跡は、砂を入れて、後続プレーヤーのプレーに支障がないように努めましょう。ディボット跡は景観を損なうばかりでなく、後続のプレーヤーの球がこのディボット穴に入ると、プレーヤーはそのまま打たなければなりません。自分のディボット跡のみならず、忘れられた他のディボット跡もひとつでも多く修復するように心掛けましょう。

★☆ディボットの修復方法☆★
①ティーインググラウンド付近に目砂箱があります。ディボット用の砂袋に砂を入れて準備します。
②ショット時に芝面を削った場合、削り跡に砂を入れてください。
③足で踏んで、平らに均してください。
④自分のつくったものでなくても、忘れられた深いディボット跡があれば、砂を入れて平らに均しながら進んでくださいね。

ディボット・スティックを使ってボールマークの修復
ボールマークの修復
パッティンググリーン上に、ボールが落ちた時に出来る小さな窪みをボールマーク(ピッチマークともいう)といいます。ボールマークはパットに影響を及ぼすために、必ず自ら修復することがマナーとなっています。ボールマークは「ディボット・スティック」を使って丁寧に直しましょう!

★☆ボールマークの修復方法☆★
➀ボールマークを見つけたら、ディボット・スティックを持ちます。
②ボールマーク全体をしっかり深くまで、数回抜き差ししてください。
②全体が盛り上がったら、パターのソールなどで平らになるように抑えてください。

※修復時の注意:グリーンの芝生はたいへんデリケートです。無理に芝生を寄せたり、持ち上げたり、ねじったりしないようにしてください。根が切れて回復がさらに遅れます。

*******************************
※インターネットでゴルフ規則の全文がご覧いただけます。
公益財団日本ゴルフ協会(JGA)サイト
http://www.jga.or.jp/jga/html/rules/rulebook/index.html
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

もっと多くの人が参加し、ゴルフマナーやルールを知ることが大事と思った!

初めて、ゴルフマナーやルールを知る機会となり、とても良か...

K.A
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ