コラム

2014-07-20

グリーンの芝生を傷めないゴルフマナー

パッティンググリーンの芝生の種類について

日本のゴルフ場では、昭和60年代以降、グリーンの芝種の主流が、日本独特のコウライ芝からベントグラスに変わっていきました。コウライグリーンは芝目が強く、順目と逆目では転がりに大きく差が出るためにプレーヤーにとっては難しく、見た目も冬場は茶色く枯れてしまい、管理面においても、常に同じクオリティを保つことが困難な芝種でした。そのため、ベントグラスが日本にやってくると、こぞってベントグリーンへの変換工事が行われるようになりました。
ベントグリーン
ベントグラスは、元々寒さに強く、冬でも青々としています。反面、夏の暑さには弱い性質の芝生です。近年では、暑い夏でも耐えられるようにどんどん品種改良され、新しい芝が開発されています。最新のベントグラスは、芝の密度が高く・葉が細く立ち、その細い芝の先端をカットして葉の先端をボールが滑るように転がるグリーンが最良とされています。

コース管理の責任者「グリーンキーパー」

コース管理の責任者を「グリーンキーパー」といいます。グリーンキーパーは、パッティンググリーンをはじめとするコース内の芝生の管理、植栽の管理、造成や土木工事、ベントグリーンには欠かすことができない散水設備の管理、その他機械の管理、コース内看板や標示杭の管理など、ゴルフコースに関わるすべてを総合的に維持管理しています。

良質なベントグリーンの維持は、そのグリーンキーパーの腕の見せどころ!
日々の芝生の刈る高さを3.0~4.5mmという繊細なところで設定しつつ、芝生の根を地中深く下げて、最も負荷が掛かる盛夏の高温期をはじめとする四季の気象変化や年間数万人が歩き回る踏圧にも耐えるような強い芝生にしなければいけません。そしてボールが滑らかに転がるようプレーに最適な状態に仕上げていきます。

本州では、梅雨の湿潤時期と盛夏の高温時期がつながっているために「ベントグリーンの夏越し」はグリーンキーパーにとって最大の難関と言えます。
病害で調子が悪いのか、それとも乾燥害なのかなど、観察力、判断力、実行力が最大限求められます。もし判断を誤って、病害なのに乾燥害と思って、多く灌水すると病気が一気に広がって芝生が枯れてしまったりすることなどは往々にしてあります。

デリケートなグリーンを不必要に傷めない

このようにデリケートに管理しているグリーンです。これ以上、余計な負荷を掛けるとグリーンの芝生は簡単に傷みますし、滑らかな転がりは出なくなります。ゴルファーのみなさんには、グリーン上では慎重に行動して、他のプレーヤーに迷惑の掛からないよう、コースの保護に努めてほしいと思います。
そこで、誰でも少し意識すれば簡単に出来る、守ってほしい点を3つあげました。
グリーンに上がったら、思い出してくださいね!

◆足を引きずって歩かない

引っかき傷
グリーン上では足を引きずるようにして歩いてはいけません。ルール上、引っかき傷はボールマークのように、いつでもすぐに修復することはできません。そのため、パットのライン上に引っかき傷があっても、全員がホールアウトするまで修復することはできないので、引きずって歩かないように注意しましょう。

◆走らない、飛び跳ねない

走らない!飛び跳ねない!
走ったり飛び跳ねたりすると、グリーンを蹴り上げたり、着地するときに芝をねじったりすることになり、傷をつくるかもしれません。急ぐときはグリーンの外側を走るか、早歩きでグリーンを抜けていくようにしましょう。
また他のプレーヤーに配慮し、あまり大はしゃぎしないように。

◆旗竿を放り投げない

旗竿を投げる
旗竿をホールから抜くときに、ポイッとグリーン上に放り投げる人を見ます。
これは絶対に止めてください。グリーン面も痛むし、旗の取り付け部を破損することもあります。
旗竿を抜いたら、パットの邪魔にならないところにそっと置くようにしましょう。
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
『なぜ、ゴルフ場でジーパンはNGなのか? ~もう迷わない。ゴルフ場での服装選び』
amazon 電子書籍本の販売ページはこちら(kindle版)
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

27

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

もっと多くの人が参加し、ゴルフマナーやルールを知ることが大事と思った!

初めて、ゴルフマナーやルールを知る機会となり、とても良か...

K.A
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ