コラム

 公開日: 2014-07-22  最終更新日: 2014-10-31

ご存じですか? 「キャディ ゴルゴル」

セガサミーカップの記念企画「キャディ ゴルゴル」

今年の7月3日から6日にかけて、男子プロゴルフトーナメント「セガサミーカップ2014」が北海道のザ・ノースカントリーゴルフクラブで開催されました。今年が第10回の記念大会ということで、「はびこるバッドマナーをなくし、皆が気持ちよくプレーを楽しめるように。」をうたい文句とした特別企画、ラップでゴルフマナーを歌うユニット「キャディ ゴルゴル」が結成され、そのプロモーションビデオがトーナメントの開催前からインターネットで流れてたいへん話題になりました。
キャディーゴルゴル1
この「キャディ ゴルゴル」の動画は、から見ることができます。
セガサミーカップのサイトまたYouTubeでも検索して見ることができます。
https://www.youtube.com/watch?v=6mGPjBCOduo

プレーヤーにキャディーが『ドロップキック』!?

ドロップキック
初めてこの動画を見たときに、冒頭のシーンで度胆を抜かされました!
キャディーが、隣のホールに打ち込んでも何も言わないプレーヤーの男性に「ファー叫ばんかい!!」と言いながら全速力で走ってきて、なんと『ドロップキック』を見舞うシーンから始まります。

その後もラップの歌とともに、Tシャツ、短パン、サンダル姿でコースにきた男性に強烈なビンタを食らわし、裸にして馬乗りになったり、だらだらプレーしている人のゴルフバッグを池に放り込んだり、「キャディ ゴルゴル」の面々がゴルフ場のレストランを歌いながら闊歩して、帽子を被ったまま食事している男性を取り囲んで攻め上げたり、その派手なアクションとシュールな演出は、ゴルフを知らない人まで惹きつけるユニークな動画になっています。
ゴルフバッグを放り投げる
この動画はゴルフマナーの啓蒙を進めると同時に、ゴルフと無縁な若者層に興味を持ってもらうために作られたようです。それにしても「キャディ ゴルゴル」のキャディーが強烈なキャラクターでインパクトがあり、マナーの大切さは嫌が上にも伝わってき・・・ていますでしょうか?

トーナメント開催後も再生回数は増え続け、7月20日時点での動画再生回数は49万回を超えています。ものすごい反響です。それゆえに、少し不安にもなります。

2つの不安な要素

この動画を見て、ゴルフマナーが注目されるのは、大変喜ばしいことですが、不安な要素が2点あります。

1つ目は「キャディー」について。キャディーはプレーヤーの指導係ではありません。規則に従ってプレーヤーを「助ける人」です。また長い時間プレーヤーとともに過ごすパートナーでもあります。プレーヤーの好スコアの手助けをし、楽しく一日を過ごしていただくように努める最高の接客サービスをするのがキャディーと考えています。そのキャディーが眉間に深いしわを寄せ、しかめっ面で、プレーヤーに暴力を振るう姿は見るに堪えません。キャディー本来の姿を誤解されなければ良いのですが。
眉間にしわを寄せて闊歩
もう1点は、マナー違反の注意の仕方は、何をしても良いのかということです。
実際、ゴルフ場においては、マナー違反を注意したためにプレーヤー同士のトラブルにつながるという事例が後を絶えません。
マナー違反をする側もさることながら、それを注意する側の物の言い様であったり、感情的に大声で怒鳴ったりということがトラブルの原因のひとつにもなっています。
もちろん命の危険があった場合、思わず大声が出るのは仕方がないかもしれません。
しかし、そういった状況以外で、他のプレーヤーの迷惑になるような罵声や怒号を発することも、同様にマナー違反ではないでしょうか? 
裸にして馬乗り
たとえ冗談やインパクト目的であっても、ゴルファー以外の誰もが見ることのできるインターネット動画において、ゴルフに罵声や暴力をつなげるようなものは、関係者として、あまり見ていて気持ちの良いものではありません。

ゴルフマナーを知らないから守れないのかも

「かつては、マナーやエチケットに精通していて初心者たちに口やかましく指導した≪エチケットリーダー≫と呼ばれる人が、同伴者のなかに1人はいたものだが、最近では全く見ない」とよく言われます。
ということは、ゴルフマナーを知っていて守らないのではなく、誰も指導しないため、知らないから守れないプレーヤーが、近年は多くなっているということではないでしょうか?

それであれば、マナーを違反した人を責めたてるのではなく、知らない人には、正しいゴルフマナーやルールを覚えてもらうという工夫が、今は必要なのだと思います。
このコラムや弊社が毎日アップしているフェイスブック「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」が、マナーやルールを知っていただくきっかけのひとつになれば嬉しいですね。
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

18

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

日頃、ゴルフルールに疎くて処置に困っていたことが理解できた!

今までにゴルフレッスンを受けたことがなく、ゴルフのプレー...

W.T
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ