コラム

 公開日: 2014-09-11  最終更新日: 2014-10-31

女性のゴルフウェアの今と昔

女性の基本コスチューム

女性がゴルフをする場合に、どのような服装を心掛けるようにすればいいのでしょうか?
女性のゴルフ場における服装の基本スタイルは、襟付きのシャツにパンツもしくはスカートというコーディネートです。

ここに季節に合ったコーディネートを加えると、例えば秋冬の寒い時期にプレーする場合には、ゴルフ用ダウンジャケットなど防寒ブルゾン、セーターもしくはトレーナーなどを準備します。また夏の猛暑の時にラウンドする場合には、多少肌を露出させても問題ありません。キュロットやショートパンツ、襟付きノースリーブの衣服を着用しても問題ありません。
基本スタイル
ただし一部ゴルフ場ではドレスコードで、あまり肌の露出の激しい服装はNGとしているケースもあります。初めて行くゴルフ場であれば、どのようなドレスコードを用意しているのか下調べをしておきましょう。

またスカートを着用する場合、ポケットのついているスカートを着用することを心がけましょう。女性がよくやってしまいがちなミスで、ポケットのついていないスカートをはいてくることがあります。ポケットがついていないと予備のボールなどポケットの中にいろいろなものを入れることができません。
また帽子、サンバイザーを着用することも忘れないようにしましょう。特に夏場の日中は、日射病や熱中症にかかってしまうリスクもあります。

注意したい服装

近年、販売されている女性用ゴルフシャツの多くは、丈が短く、シャツの裾を出すようにデザインされています。しかし多くのゴルフ場のドレスコードでは、基本的にシャツの裾はパンツの中に入れる「タックイン」が依然としてルールになっています。一部のゴルフ場はそれでもNGとしている所があることも理解しておきましょう。
ヘソ出しショット
またゴルフの服装として、上品さが求められているということも理解しておかないといけません。品という部分では、あまり肌の露出の激し過ぎる服装は避けるべきです。例えば、襟のないタンクトップやキャミソールなどを着用することはNGと思ってください。
その他にも、あまりに丈の短いパンツやスカートをはいてプレーをするのはドレスコードに抵触する恐れがあります。ほどほどの長さのパンツやスカートを着用するように心掛けましょう。
特に名門と呼ばれるゴルフ場になればなるほど、ドレスコードは厳しくなる傾向があります。もし心配であれば、一緒にラウンドする予定の人に確認をしましょう。もしくは実際にラウンドするゴルフ場に問い合わせをして、ドレスコードについて確認する方法もあります。

女性ゴルフウェアの歴史

女性が本格的にゴルフを始めたビクトリア女王時代(ヴィクトリア女王がイギリスを統治していた1837年から1901年の期間を指す。)は、イギリス史において産業革命による経済の発展が成熟に達したイギリス帝国の絶頂期。この時代は、淑女が人前でひざや二の腕をさらすなどとんでもないことで、ブラウスはフリルのついたハイネックと膨らんだパフスリープでした。
パフスリーブとは直訳すると、ふくらんだ袖という意味で、日本では「ちょうちん袖」といわれます。
下半身は、ウエストをリボンで締め付け、地面に届く長いスカートを履いていました。
ロングドレス
これでゴルフをするとどうなるか。
まずテイクバックするときにパフスリープが邪魔でボールが見えなくなるので、アームバンドなどで二の腕を絞らなければなりません。風が吹けばスカートのすそがヒラヒラして、打とうとクラブを振り下ろすとスカートを打ってしまうこともあったそうです。
しかも当時は、女性が肩より上にクラブを振りあげることは、“はしたない”と言われていたそうです。
どうやってボールを飛ばせば良いのでしょうかね?

ゴルフにおける女性のファッションは、はるかに有用性の点で男性から遅れていました。男性ゴルファーはスーツでしたが、プレーには問題がありません。これとは対照的に、女性はドレスアップすることが期待され、非現実的なロングドレスでプレーしなくてはなりませんでした。

女性ゴルファーのファッションの変遷はそのまま羞恥心の変遷

1900年ごろの保守的なイギリスの女性ゴルファーにとって足を出すなど想像もできない話。
その証拠にイギリスの女性ゴルファーがスカートを短くしたのは、ゴルフがアメリカに渡って、陽気のせいもあって、男性がジャケットを脱いでゴルフを始めたように、アメリカ女性が足を大胆に露出するのを見極めてから、おずおずとひざ小僧が隠れる程度のスカートを着用し始めたようです。スイングしやすい上着やくるぶしが出るくらいのスカートが着用できるようになったのは1910年ごろ。動きやすくなった女性ゴルファーの飛距離は伸びていったといいます。

1933年のイングリッシュ・レディース選手権で、一人の選手がスラックス姿で登場して以来、スラックスを着用する選手が増えていきました。
第二次大戦後には、男性と同様のゴルフシャツにキュロットやスラックスでプレーをするようになり、その後、現在における基本スタイルの襟付きシャツ、スカート、パンツというアイテムが登場し、定着していきました。
基本スタイル②
2000年以降、幾多のブランドが進出し、カジュアルでスタイリッシュな「ゴルフファッション」を確立して、さらに市場を拡大しています。

一切露出のないロングドレスから、肌の露出の激しい現代のゴルフウェアへと約150年の間に、女性のゴルフファッションは大きく移り変わりました。しかし、ゴルフというゲームは150年前と少しも変わっていません。
今後もゴルフファッションが時代とともに変化していったとしても、ゴルフの本質はこれからも変わることなく引き継がれていくと思います。

魅力的な女性ゴルファーのために

最後に1934年に刊行されたヘレン・マクドゥガルの「マナー読本」に、初めて魅力的な女性ゴルファーのために」と題した記事が取り上げられています。その中の一文に以下の記述がありますので、ご紹介したいと思います。

「服装は、その人の内面を映し出すカガミです。品性のいやしい人は、いやしい服装に平然としています。着るものには最新の注意を払って上品さを演出してください」

※参考文献
「ゴルフの歴史」石川洽行著エムシーアール
「王者のゴルフ」夏坂健著日本ヴォーグ&スポーツマガジン社

*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

44

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

もっと多くの人が参加し、ゴルフマナーやルールを知ることが大事と思った!

初めて、ゴルフマナーやルールを知る機会となり、とても良か...

K.A
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ