コラム

2014-10-18

ゴルフで「空振り」と「素振り」、決めるのは誰?

「空振り」と「素振り」

「空振り」とは、プレーヤーがボールを打とうとしてクラブを振ったけど、ボールに当たらなかったことをいいます。
ゴルフの場合、「空振り」は「ストロークした」とみなし、まったくボールが動いていない場合でも1打となり、次打はそのままの状態から打たなければなりません。

「ストローク(Stroke)」とは、ゴルフ用語で「球を打って動かすという意思を持って行われたクラブの前方への動き」のことを指しますが、クラブヘッドが球に届く前にプレーヤーが、自分の意思でダウンスイングを途中で止めたときは、プレーヤーはストロークをおこなったことにはならないとされています。この場合は「素振り」と同じとみなされるということです。

「素振り」とは、プレーヤーがボールを打って動かすという意思を持っていなかった場合のスイングのことです。
つまり、「素振り」やボールを打つ直前でスイングを中止してしまった時などは「空振り」とはならず、打数にも数えられません。しかし、プレーヤーの意思でスイングを中止したにもかかわらず、その勢いでクラブがボールに当たってしまった場合は「素振り」とは認められず、1打と数えられます。

決めるのは誰?

空を切ったスイングで、「空振り」か「素振り」かの判断は誰がするのでしょうか?
ティーインググラウンドで他の同伴プレーヤーやキャディーが見ていますが、コースの途中で同伴プレーヤーやキャディーが近くにいないときは、誰が判断するのでしょうか?

ゴルフは審判のいないスポーツですので、自己申告が基本となります。ストロークの意思があったかどうかはプレーヤー自身が一番よくわかっているはずです。

ビギナーの場合、ティーショット、特にスタートホールでの第一打はとても緊張するものです。「空振り」する事も珍しくありません。打ってもいないのに1打をカウントするのは、もったいない気がするかもしれませんが、潔く「空振りです!」と主張しましょう。ビギナーの間は「空振り」も愛嬌です。みんなが見ていますからね。素直に認めて笑い飛ばした方がかえって場を和ませます。
確実にボールの真上を通過しているのにもかかわらず「今のは練習スイング!」と主張すれば、それ以上追及されないかもしれませんが、一瞬にしてまわりの視線は冷ややかなものとなってしまいます。


「空振り」の勢いで、触れていないのにティーアップしているボールが動いて落ちるということがあります。当たった感触は全くありません。
こんな時、どのようにすればよいのでしょうか?
単純には、落ちたボールを再びティーアップして打ちたいというところですが、これを行うとペナルティーが付くことになります。「空振り」であってもボールが動いた時点でインプレーとなり、ティーアップし直して打つ時は3打目ということになります。転がったボールをそのまま打つと2打目を打ったということになります。

ホールの途中での「素振り」「空振り」には要注意!

またフェアウェイやラフにあるボールのそばで「素振り」をしていると、「空振り」と間違われることもあるので、明らかに「素振り」と判るように、少しボールから離れるのが肝心です。

急斜面など打ちにくい場所にボールがあるとき、もしも「空振り」してしまったらどうしますか?
振った後、すぐに周りを見たら誰も見ていません。
つい何事もなかったように「素振り」を繰り返してごまかしたりしたことはありませんか?

審判のいない紳士のスポーツは大変です。こんなところにまで正直さを求めるなんて。
誰も見ていないようで、誰かが見ているかもしれません。
そう思う私のような小心な方は、後に尾を引きますので、誰も見ていないと思っても
誤魔化さないで気持ち良く「空振り」の1打をカウントしましょう。

まずは「空振り」をしないように練習をしましょうね!!
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

41

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

知っていると思っていたのに、実は間違っていることが多かった!

マナーやルールは自分が知っていることとは大きく違い、間違...

T.T
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ