コラム

2014-10-27

ゴルフルールで「カラー(グリーン・エッジ)」はグリーンの一部ではない!?

カラーとは?

パッティンググリーンの周囲にグリーンより少し高く刈られている50㎝から75㎝ぐらいの幅の部分を「カラー(Collar、襟の意味)」や「グリーン・エッジ(Green edge、グリーンの縁の意味)」と呼んでいます。※ここでは「カラー」と呼びます。
多くのゴルフ場では、パッティンググリーンと同じ種類の芝で刈る高さだけを変えて「カラー」をつくっています。

「カラー」の特徴としては、外部から転がってきた打球がグリーンに入ることを阻むとともに、グリーンで強くパットした打球が、グリーンの外に出ることを防ぐ防護壁として作用していると考えられます。

カラーはパッティンググリーンの一部ではない!

それではこの「カラー」は、どのように解釈すればよいのでしょうか?
パッティンググリーンと同じ芝なので、グリーンと同じルールを採用してもよいのでしょうか?

ゴルフ規則では「カラー」や「グリーンエッジ」の概念や規定は何もありません。その言葉すらルールブックには出てきません。いつから「カラー」が付けられるようになったのか、本当のところどういう意図で作られ始めたのか、今のところ私には分かりません。ルールにパッティンググリーンとして明記されていない以上、「カラー」部分はパッティンググリーンではなく、スルーザグリーンとなります。※スルーザグリーンとは?

「グリーンのフロントエッジまでの距離」はグリーンとカラーの境目の地点

ピン(旗竿)までの残りの距離を示す指標としての「グリーンのフロントエッジまでの距離」とは、パッティンググリーンとカラーの境目のポイントまでの距離のことです。

このフロントエッジ・ポイントは、フェアウェイIP地点からグリーンセンターを結んだ線上にあるカラーとグリーンの境目の地点となります。
「本日のピンポジション」で「グリーンエッジから○ヤード奥」とある場合、カラーの内側からの距離を見るようにしてください。
ホールの距離についてはこちら

カラーの上からできないこと、できること

★パッティンググリーンでできるが、カラーではできないこと
①カラーにあるボールを、拭くことを目的にマークして拾いあげることはできません。
もしマークして拾い上げた場合は、ボールを動かす行為となり、規則18-2の例外を除き、1打のペナルティーが課せられ、リプレースしてプレーを続けることになります。

②ボールの近くのカラー部分に邪魔なボールマークがあっても、「ライの改善(ボールを打ちやすくすること)」とみなされるために修復することはできません。

★パッティンググリーンと異なり、カラーではできること
①カラーからは、ウェッジ(距離の短いショット用にデザインされたアイアンクラブで、高いボールを打つことの出来るクラブの総称)でもパターでも打つことができます。ウェッジで打つ人はいないと思いますが・・・
②カラーから打ったボールがピン(旗竿)に当たってもペナルティは課せられません。

少しでもボールがグリーンに触れていたら「グリーン上」の扱いになる!

では、ボールがどの状態にあれば「パッティンググリーン上」にあるとみなされるのでしょうか?
これは、パッティンググリーンの定義により、少しでもグリーンに触れていれば、「パッティンググリーン上」にあるとみなされます。
グリーンとカラーの両方にボールが接触している場合、「パッティンググリーン上」となり、パッティングの対象とみなされます。

もしもこんなときは・・・

①カラーにあるボールから、ホールまでのパットの線上にあるパッティンググリーン上のボールマークを打つ前に修復できるか?

⇒パッティンググリーン上のボールマークは修復できます。

②カラーにあるボールから、ホールまでのパットの線上にあって、しかもパッティンググリーンとの境目にあるボールマークを打つ前に修復できるか?

⇒ひとつのボールマークのパッティンググリーン部分のみ修復することは不可能なので、全体を修復することができます。
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

41

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

こんなにいいコースでレッスンができて、とても感激しました!

ゴルフマナーなど不安に思っていることや、普段は聞けない話...

M.T
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ