コラム

 公開日: 2014-10-28  最終更新日: 2014-11-11

これからゴルフを始める人への基礎用語 ~人と動物とモノ編

ゴルフのプレー中には、プレーヤー同士の会話で、たくさんのゴルフ用語が飛び交います。
ゴルフを始めたばかりの初心者のみなさんには「何を言ってるのか意味がわからない」と思うことも多いと思います。嘆くよりも積極的に覚えてみませんか。理解することによりゴルフが楽しくなります!
競技に関する用語が多いのですが、アマチュアもプロもすべて同じ規則が適用されます。「自分には関係ない!」と言わずに、損はありませんので、ぜひ知っておいてくださいね。

競技者と同伴競技者

「競技者(Competitor)」とはストロークプレーでプレーするプレーヤーを指します。「同伴競技者(Fellow-Competitor)」とは競技者が一緒にプレーする人を指します。同伴競技者はパートナーと混同しやすいのですが、競技者・同伴競技者ともにパートナーではありません。
パートナーとよぶのは、自分の見方となるプレーヤーのことです。2人ずつの組になって行うストロークプレーの場合には、味方になる人物をパートナーとよびます。

キャディー


「キャディー(Caddie)」とは、パッティンググリーンやコースの状況を教えてくれる自分の味方であり、プレーヤーのクラブを運んだりクラブを扱ったりしてプレーヤーを助けてくれる人のことです。一般のゴルフプレーでは、プレーヤー4人までの1組に1人のキャディーが付きます。これを「共用のキャディー」とよびます。「共用のキャディー」は、その時々において世話をしている球の持ち主のキャディーとみなされます。そのキャディーが持ち運んでいる携帯品は全部そのプレーヤーの携帯品とみなされます。

フォアキャディー

「フォアキャディー(Forecaddie)」とは球の位置をプレーヤーたちに示すために、プレーの行われている間、委員会によってコースに配置された人のことです。「フォアキャディー」は「局外者」とみなされます。

オナー

その前のホールで最も良いスコアでホールアウトした人など、ティーインググラウンドから最初にプレーするべきプレーヤーのことを「オナー(Honour)」と呼びます。「オーナー(owner)」ではありません。

局外者

「局外者(Outside Agency)」とはゴルフプレーに直接関係がない人のことで、ストロークプレーにおいては競技者サイドに関係がない人など、マッチプレーにおいてはマッチに関係がない人などのことです。審判員やフォアキャディー、カラスなどの動物などは局外者になります。風や水はどちらも局外者ではないと定義されています。

穴掘り動物


「穴掘り動物(Burrowing Animal)」とは自分の住みかや隠れ場用に穴を作る動物(ミミズ、虫類その他類似のものを除く)、例えばウサギやモグラ・リス・サンショウウオなどをいいます。
※穴掘り動物ではない動物、例えばイヌやキツネ、イノシシによって作られた穴は、修理地としての標示、あるいはローカルルールで規定されていなければ、「異常なグラウンド状態」とみなされず、救済はありません。

携帯品

「携帯品(Equipment)」とはプレーヤーによって、またはプレーヤーのために使われたり、身につけられたり持ち運ばれているすべての物、またはプレーヤーのキャディーがプレーヤーのために持ち運んでいるすべての物をいいます。

「携帯品」にはゴルフカートを含みますが、複数のプレーヤーによって共用されている場合、そのカートとそれに載っているすべてのものは共用しているプレーヤーのうちの1人の「携帯品」とみなされます。ゴルフカートを共用しているプレーヤーの1人によってカートが動かされているときは、そのプレーヤーの携帯品とみなされます。
※プレー中のホールでプレーしている球や球の位置や球をドロップする場所の範囲をマークするために使用中のコインやティーなど小さな物は「携帯品」ではありません。

旗 竿

「旗竿(Flagstick)」とは、ホールの位置を示すためにホールの中心に立てられた動かせる垂直の標識のことです。旗などがそれに取り付けられているかどうかは問われません。「旗竿」は「ピン」や「ピンフラッグ」とも呼ばれています。

ルースインペディメント

コース内の自然物のことを「ルースインペディメント(Loose Impediments)」と呼びます。

●石、木の葉、木の枝など
●動物の糞
●ミミズ、虫類、その他類似のものおよびその放出物や堆積物
 ただし、次のものはルースインペディメントではありません。
★固定されているもの、生長しているもの
★地面に固くくい込んでいるもの
★球に付着しているもの
※砂とバラバラの土は、パッティンググリーン上にある場合は「ルースインペディメント」ですが、それ以外の場所では「ルースインペディメント」ではありません。
※雪と自然の氷(霜を除く)は、プレーヤーの選択で「カジュアルウォーター」か「ルースインペディメント」として扱うことができますが、露と霜は「ルースインペディメント」とみなされません。
ルースインペディメントの詳細はこちら

障害物

コース内にある人工のモノを「障害物(Obstructions)」と呼びます。
「障害物」は「動かせる障害物」と「動かせない障害物」に分けられ、「動かせる障害物」とは、例えば、バンカーレーキや吹き流し、ウオーターハザードや修理地を定める杭など簡単に動かせる人工の物を指します。
「動かせない障害物」はカート道路や通路、立木の支柱、スプリンクラー、金網等、人工の物で固定されている物や簡単には動かせない物を指します。

ただし、次の人工物は「障害物」ではありません。
●白杭や柵、壁などアウトオブバウンズ(O.B)の境界を定めるもの
●動かせない人工の物で、アウトオブバウンズ(O.B)にあるすべての部分
※ローカルルールを作って、動かせる障害物」であっても「動かせない障害物」に指定することができます。
障害物についての詳細はこちら
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

37

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

もっと多くの人が参加し、ゴルフマナーやルールを知ることが大事と思った!

初めて、ゴルフマナーやルールを知る機会となり、とても良か...

K.A
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ