コラム

 公開日: 2014-11-13  最終更新日: 2014-11-14

どんな種類のゴルフクラブを何本揃えたらいい?

ゴルフクラブにはたくさんの種類があります。
大きく分けると
①ウッド(ドライバーとフェアウェイウッド)
②ユーティリティー
③アイアン(ウェッジを含む)
④パター
の4種類のクラブがあります。
大きくウッドとアイアンに区別されますが、アイアンとウッドの中間的特性を持つユーティリティと呼ばれるクラブが誕生し、クラブのセッティングをゴルファーの特徴に合わせて多彩にできるようになりました。

初心者ゴルファーには、「なぜこんなにゴルフクラブがいるの?」「どんなクラブを揃えればいいの?」 「どうやって使い分けたらいいか分からない?」など分からないことだらけではないでしょうか。

野球のバット一本で、「ホームラン」と「バント」を打ち分けるように、同じクラブでスイングの大きさを変え、距離を打ち分けられればよい話ですが、それができるようになるためにはとてつもない修練と集中力が必要です。それであれば同じスイング加減で飛距離が変わるクラブで打った方が、正確でミスが少なくなるということでたくさんの種類のクラブが生まれました。飛距離を変えるのにはクラブの長さが重要で、長ければ長いほど飛距離が出ると考えていいでしょう。つまり、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンの順で飛距離が短くなるということです。ただし、長いクラブほど扱いが難しくなります。

クラブは、ヘッド、シャフト及びグリップの各部分から構成されています。
ヘッドの打撃面である「クラブフェイス」と地面に対する垂直線からなる角度「ロフト角」、この2つによって弾道の高さが決定する主な要因となります。クラブには数字による番手が付けられているものがありますが、これらは番号が大きいほど短い距離を打つためにデザインされています。

①ウッド


ウッドと呼ばれるクラブのヘッドは、従来パーシモン(柿の木)など木製が主流でしたが、現在は、ステンレスやチタン合金などのメタル製やカーボンファイバーとメタルの複合製に取って代わられました。金属製であっても、呼称は、従来のまま「ウッド」と呼ばれています。

1番ウッド(ドライバー、1W)
飛距離が出るため、長いコースでの第1打に使用される。
2番ウッド(ブラッシー、2W)
近年では使用する競技者は少ない。
3番ウッド(スプーン、3W)
4番ウッド(バッフィー、4W)
5番ウッド(クリーク、5W)
1番ウッド以外を総称してフェアウェイウッド(FW)とも呼ばれています。ティーインググラウンドからの使用に限らず、フェアウェイから使用することを意図されているクラブであり、ロングアイアンの代替となっています。

②ユーティリティ


ユーティリティ(UT)は、ウッドとアイアンの中間の形のクラブで、形状はアイアン型となっています。ヘッドの部分にはある程度の厚みがありますが、フェアウェイウッドほど大きくもなく、アイアンほど小さく(薄く)ありません。一般的に難しいとされているロングアイアンを簡単に打てるようにしたものとして、利用者は一気に広まりました。

③アイアン


クラブのうちボールを当てる部分が鉄製だったため「アイアン(Iron)」と呼ばれているクラブのことです。ウッドクラブ同様数字で区分されるものの他に「ウェッジ」と呼ばれる比較的短距離用のクラブがあります。

■番手について
一般的に、4番よりも番手が若いアイアンをロングアイアンと呼ばれていますが、近年のゴルファーはロングアイアンを使用せず、代わりに使い方が易しいとされているウッドクラブやユーティリティクラブをクラブセットの中に加える傾向が強くなっています。プロゴルファーの間でも1、2番アイアンはほとんど使われなくなり、3、4番アイアンにもその流れは波及してきています。ウッドほど一般に使用されませんが、アイアンにも番手ごとに以下のような名称があります。
1I ドライビング・アイアン
2I ミッド・アイアン
3I ミッド・マッシー
4I マッシー・アイアン
5I マッシー
6I スペード・マッシー
7I マッシー・ニブリック
8I ピッチング・ニブリック
9I ニブリック
PW ピッチング・ウェッジ
AW アプローチ・ウェッジ
SW サンド・ウェッジ
LW ロブ・ウェッジ

④パター

グリーン上では、通常「パター」と呼ばれるクラブを使用します。ルール上は使用制限がなくパターに限られていませんが、グリーン面の保護という観点から、通常ローカルルールにてパター以外の使用が規制されています。2000年頃からシャフトが非常に長い長尺パターなどもが登場して物議を醸しています。
ボールを滑らかに転がすことを目的としたクラブであり、ロフト角がほぼ付けられていないのが特徴です。

初めは12本を目安に揃えれば問題ない

チタン製ドライバーなど最近のゴルフクラブの進化は著しいものがあります。ドライバーヘッドの体積を見ても、一昔前のおよそ2倍のサイズになっています。そんなゴルフクラブの目覚ましい進化に対応して、初心者でも扱いやすいゴルフクラブが出てきました。まずは、各種クラブの各番手と自分の飛距離を知ることから始めていきましょう。

ラウンドプレーに使用できるクラブの本数は全部で14本までと決められています。
昔は、市販のアイアン・セットが3番から9番のアイアンとPWの 通常 8本セットで売られており、それに ドライバー、スプーン、クリーク、バフィー、SWとパターを入れれば 14本のクラブセットが出来上がりました。
しかし、最近のアイアンセットは、5番~9番までとPWの6本セットが多く、 ドライバー、SWとパターを入れて9本、あとは何を入れていくかということになります。
初心者が快適にプレーするには、12本を目安にして揃えることができれば、まずは十分です。具体的には、ウッドはドライバーと3Wと5Wの組み合わせ。アイアンは5番~9番までとPW、AW、SWの8本。そしてパターです。これが基本の12本となります。ここにユーティリティが1本あったら便利です。特に、初心者には難しいロングアイアン(3番、4番アイアン)は、バッグに入れる必要はありません。そして上達するにつれて、自分の欲しいクラブを入れていけばいいと思います。
まずはゴルフショップなどの専門家にいろいろ聞くことをお勧めします。
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

48

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

知っていると思っていたのに、実は間違っていることが多かった!

マナーやルールは自分が知っていることとは大きく違い、間違...

T.T
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ