コラム

2014-11-24

冬のゴルフを楽しもう!

プロのトーナメントが冬場には行われないように、冬のゴルフには他のシーズンにない厄介な面があります。それでもゴルフは雪さえ積もらなければ、年中楽しめるスポーツです。なのにゴルファーは冬のゴルフを敬遠しがちです。だからこそ初心者ゴルファーの練習ラウンドにはうってつけの季節といえるのではないでしょうか。今回は「冬ゴルフ」について考えてみます。

冬のゴルフコース

夏と冬では、ゴルフコースの状況が大きく異なります。まずは冬枯れした芝生。夏場は生育旺盛でボールが隠れるぐらいに立って伸びていたラフやアプローチの芝が、冬になるときれいに短く刈られた状態の枯れ芝となっています。夏場と比べると冬枯れした芝生は抵抗が弱くなり、ラフからのショットやグラスバンカーなどでは、むしろ打ちやすくなっています。

厄介なのはグリーン。グリーンは硬くなり、寒い地域の場合、グリーン面が凍ってしまってコンクリートのようにカチカチになってしまいます。そうなるとグリーンにボールを乗せるのは至難の業。直接オンしたボールは、「コーン!」という音ともに高々と跳ねてグリーンの奥までこぼれてしまいます。
また有馬カンツリー倶楽部のある兵庫県三田市のように一日の気温差(2月の平均最低気温-2.0℃、平均最高気温8.3℃)が10℃以上になるような地域では、気温の上昇とともに凍った表面が解けて柔らかくなり、朝と昼、日陰と日なたとではグリーンの状態が大きく変化します。

これによりグリーンのスピードは大きく異なり、ゴルファーの距離感覚を狂わせます。あらかじめ、このことを認識してプレーに臨むことが重要となります。

冬の飛距離

冬のゴルフでは、飛距離が落ちてしまうのも重要な注意点。個人差もありますが、一般的な男性ゴルファーだとアイアンで一番手近い差が出る場合があります。夏場と同じように打っていると当然距離が合わなくなってしまいます。

飛距離の出ない理由として、寒さでクラブの金属部分が硬くなり、特にシャフトのしなりが生かせないこと、寒さによって十分に身体のパワーが出ないことなどがあげられますが、最も大きい理由は、冷え切ったボールが硬くなって反発力が落ちることと、気温低下による空気密度の上昇による空気抵抗の増大によるものと考えられています。気温10℃での空気抵抗は、35℃のそれを9%も上回るという結果も出ているそうです。

こんなときには、ボールを前もって温めておくのが効果的。使い捨てカイロをボールとともにポケットにいれ、ボールの温度を下げないようにしておきます。打感がやわらかくなり、飛距離ロスも抑えることができます。
あわせて、弊社開発の「ディボット・スティック」も寒さのために素材が硬化して折れやすくなるので、一緒にカイロで温めてやってください。

使い捨てカイロは、身体を温めたり、ボールや「ディボット・スティック」を温めたりと冬ゴルフのマストアイテムです。ゴルフ場で無料配布してくれる場合もありますが、念のため持参したほうが良いでしょう。
※ただし、公式競技においては、ラウンド中にボールを意図的に暖めて使用することは規則14-3の違反となり、「競技失格」となります。ご注意ください。

冬ゴルフは飛距離が出ないし、薄芝でインパクトも芯を外してトラブルしがちです。
しかし夏場のピンと立っている芝生とは違い、地面がむき出しなのでラン(※打ったボールが地面に落ちてから転がる距離)は出ます。キャリー(※打ったボールの空中距離)が出なくても、夏場には絶対に届かないバンカーにも、コロコロ転がって入ってしまう程のランが出ます。
アプローチでの距離感も重要です。グリーンに落ちてからのランが、通常よりかなり長くなります。アイアンショットでもアプローチでも手前から寄せていくというセオリーを忠実に実行したいところです。

冬のティーショットではウエアを重ね着しているので、下半身もどっしりと余分に動きにくく、普段は上半身を捻り過ぎてボールを大きく曲げてしまう人が、冬は身体が回りにくいので、真っ直ぐ飛びやすいなんてこともあるかも。
また冬の空気は澄んでいるので、飛んでいくボールの軌道がよく見えます。

入念なウォーミングアップを!

冬ゴルフの特徴、それは当たり前ですが「寒い」こと。そのため、特に朝のうちは身体も動きにくく、関節の可動域も小さくなります。夏場と同じようにはスイングできないことをまず念頭に入れることが必要でしょう。

朝一番のティーショットやトラブルショットなど、急に力を入れるようなシチュエーションは要注意。瞬間的にかかる負荷で筋肉などを傷めてしまうおそれがあります。寒い朝にはスタート時間ぎりぎりまでレストランでコーヒーでも飲んでいたいところですが、怪我の防止のためにもラウンド前のストレッチとウォーミングアップを入念に!
またプレー前はもちろんですが、プレー中もなるべくストレッチして身体をほぐしておくことが大切です。ケガ防止につながり、また可動域を広げる運動を行うことで、結果の向上にも役立つでしょう。

初心者ゴルファーにとって「冬ゴルフ」の良いところ

何より、ゴルフのオンシーズンに比べて、プレーフィーが安い!!
“おこづかい”だけでは行けないような、お高めのゴルフ場でも冬なら十分許容範囲内に入るかも。
また土日でも予約が取りやすく、好きな時間も選べます。
午後から暖かくなって、「追加ハーフを行きたい」というニーズのためのお得プランを用意しているゴルフ場も数多くあります。

また、鍋物などの冬のゴルフ場の温かい食事は、この時期何よりの楽しみです。
ホールアウト後に入るお風呂も楽しみのひとつで、冷え切った身体が元に戻る感覚は何とも言えません。

この冬の時期は初心者がレベルアップするための、また翌春のゴルフコンペに向けてみっちり鍛えるためのラウンド練習を積み重ねる時期と言っても過言ではありません。

私もなぜか冬ゴルフがほとんど。寒さと当たり前のように戦っています。
吹雪の中でのゴルフだけは勘弁して欲しいところですが、冬ゴルフも結構楽しめると思いますよ。

寒さに負けず、「冬ゴルフ」を楽しみましょう!
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

43

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

こんなにいいコースでレッスンができて、とても感激しました!

ゴルフマナーなど不安に思っていることや、普段は聞けない話...

M.T
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ