コラム

2014-12-01

林の中や崖下、隣のホールから打つときのゴルフマナーとルール

林の中や崖下から打つときは周囲への意思表示が大切

初心者は、フェアウェイだけを進んでプレーすることはできません。
ショットが安定しないので、どうしてもフェアウェイをまたぐように、左右のラフを行き交いながらプレーすることが多くなります。そして次にどこに向いて打てばよいか分からないような深い林の中に打ち込んでしまったり、急な傾斜地の底にボールが落ちたり、はたまた隣のホールへ打ち込んだりというハプニングに数多く見舞われます。

ハプニングからのリカバリーは、「これから自分がどうするのか、どの方向を狙っていくのか」を自分自身で明確に決めてプレーしなければなりませんが、コースのレイアウトが完全に頭に入っていないと、どうしたらいいのか全く分からなくてパニックになってしまうことがあります。

そんなときには、キャディーさんや同伴のプレーヤーに遠慮なく、フェアウェイやグリーンなどの狙うべき方向やピンの位置をプレーの線上に立ってもらったりして教えてもらいましょう。

最終的にどこを狙うのかは自分で決めなければいけませんが、ルール上、そのための情報は他の人に教えてもらっても問題ありません(規則8「アドバイス」)。
必要な情報を仕入れた上で、「一旦フェアウェイに出します」とか「グリーンを狙います」など、必ず周囲の人に意思表示をしましょう。

深い林の中や、崖下、隣のコースなどからフェアウェイに早く戻りたい一心で、周囲の確認もせず、サッと打ってしまったりしていませんか?
何も言わずに打ってしまうと、他のプレーヤーやキャディーさんも気づかず、飛んできたボールに当たる事故が起こらないとも限りません。

また、打ったボールの行方を見失ってしまうことも多く、またボール探しをするはめになり、スロープレーにもつながってしまいます。

必ず、「打ちまーす!」という周囲に伝わるように声を掛けて、ボールの行方を見てもらうようにしましょう。

狙う方向が見えないときは、方向を示してあげよう!

反対に、同伴プレーヤーが、崖下からのショットなどのトラブルに見舞われている場合には、進んでピンの位置やフェアウェイなどの狙う方向をプレーの線上に立つなどして教えてあげましょう。

ただし狙う方向を知らせたら、打つ前にその位置から速やかに離れなければいけません。
ストローク(※ボールを打つ意思を持ったスイング)するまでにプレーの線の指示を止めなければルール違反となります(規則8「アドバイス」)。また危険でもあります。
方向だけ示したら、スイングを始める前に、ただちに安全な位置まで下がりましょう。

林からのショットの判断は冷静に

林の中にボールが入ったら、平常心を保つことが難しいと思いませんか?
まずは林から出したいけど、1発でグリーンオンも狙いたいし。。。

しかし初心者プレーヤーではグリーンに乗せたい気持ちが強過ぎて、力んでしまい、思った通りにいくことは非常に低い確率でしょう。

まずは林から出すだけにするか、グリーン方向を狙うかは自分自身の判断ですが、木に跳ね返って自分に当たったり、同伴競技者に当たったりして、思わぬ事故につながる可能性があるかもしれないということを心得ておきましょう。

一呼吸おいて冷静に判断することが大切です。周囲に人がいないかどうか必ず確認してください。後方でも危険ですので、安全な位置まで退避してもらうように声を掛けてください。
そして安全をしっかり確かめてからショットするようにしましょう。
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
『なぜ、ゴルフ場でジーパンはNGなのか? ~もう迷わない。ゴルフ場での服装選び』
amazon 電子書籍本の販売ページはこちら(kindle版)
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

36

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

日頃、ゴルフルールに疎くて処置に困っていたことが理解できた!

今までにゴルフレッスンを受けたことがなく、ゴルフのプレー...

W.T
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ