コラム

2014-12-07

カラスにゴルフボールを持っていかれたら

日本のゴルフ場は多くが山間部にあり、様々な動物や鳥たちを見掛けます。これもゴルフの楽しみのひとつと言えます。
イノシシなどコースの芝を掘り返す害獣もいますが、プレーヤーが最も迷惑するのが、カラスです。

夕方に何羽も来て「カ~、カ~」鳴かれるのも気持ちの良いものではありませんが、カラスで最も迷惑するのが、ボールなどをくわえて持って行ってしまうことです。
もしもフェアウェイに止まっているボールがカラスに持って行かれてしまった場合、どのように処置したらよいのでしょうか?

カラス=「局外者」

カラスは、ゴルフ規則上「局外者」として扱います。
「局外者(Outside Agency)」とはゴルフプレーに直接関係がない人のことで、ストロークプレーにおいては競技者サイドに関係がない人など、マッチプレーにおいてはマッチに関係がない人などのことです。審判員やフォアキャディー、カラスなどの動物などは「局外者」になります。

「局外者」によって止まっているボールが動かされた場合、罰なしにその球をリプレースしてプレーを再開します(規則18-1)。ボールをすぐには取り戻せないときは別の球に取り替えることができます。
止まっていた場所が確定できない場合は、ボールのあった場所のできるだけ近い所にそのボールをドロップすることになります(規則20-3c参照)。

ほんとにカラスが持って行った?

カラス(局外者)によって動かされたものとして処置するためには、「カラスがくわえていくのを見た!」というように、そのことがほぼ確実であるという証拠が、またはそれ以外には考えられないという客観的な事実が必要となります。

例えば、ティーショットを打って第2打地点に行ってみたときにボールがない場合。「ボールは確かにフェアウェイに向かって真っ直ぐ飛んだはずなのに見当たらない。たぶんカラスが持っていったんだ!」というように確実な証拠がない場合、そして誰一人、カラスが持っていく現場を確認していない場合は、局外者に動かされたとして扱うことはできません。5分探してもボールが見つからなければ紛失したものとして処置しなければなりません。

ティーショットした後、ボールがフェアウェイに止まったのがはっきりと見えていた。そのすぐ近くでカラスが数羽いるのも同時に見えていた。そして第2打地点にきたときにはカラスとともにボールがなくなっていた、ということであれば「局外者に球が動かされた」と判断することができます。
このような客観的な事実的確証が必要な問題は、ケースバイケースで判断することになります。

カラスについて


カラスは鳥類のなかでも最も知能が発達しているとされています。ある程度の社会性を持っていて、協力したり、鳴き声による意思の疎通を行っているそうです。色や紫外線を識別でき、人間の個体を見分けて記憶したり、植物・家畜やペットを含む哺乳類・鳥類などを区別して認識できるといわれています。
雑食性で生ゴミや動物の死骸をついばんでいるところがよく目撃され、都市部では食物を得るためにごみ集積所を荒らすという行動や、農耕地では農作物を食害するという行動が問題となっています。

有馬カンツリー倶楽部では、カラスにボールを持って行かれるよりも、ゴルフカートのカゴに入れている食べ物やお客様の私物を持っていかれたりします。カゴにカバーをして対処していますが、時にはそのカバーを上手にはずしてくわえていったりもする“やっかいな奴”です。

「カラスなんかのバカにされてたるか!」と躍起になっていますが、上の方からバカにするような「カ~、カ~」という鳴き声が悲しく聞こえてきます。
皆様、11番、12番ホールが要注意です。お気を付け下さい。
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

35

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

知っていると思っていたのに、実は間違っていることが多かった!

マナーやルールは自分が知っていることとは大きく違い、間違...

T.T
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ