コラム

2014-12-05

パッティンググリーンのホールの位置は毎日変えるの?

コース管理は裏方の仕事です。ゴルファーの皆様にとって「だれが興味あんねん!」というお話ですが、楽しくプレーするゴルフコースの維持管理、そして芝生という植物の維持管理をしている裏方さんの仕事を、ちょっとだけ聞いてください。

ホールカップの位置替え

パッティンググリーンにある「ホール」は、原則として毎日位置を変えます。
全ホールのホールカップ周辺を、その日のゴルファー全員が必ず間違いなく踏みます。ホールに近づけば近づくほどホール周囲の芝生表面は凸凹になっています。日が沈むころ、夕焼けに照らされたグリーンを見ると、ホールの周り半径3m程度に渡って凸凹がひどくなっていることがよくわかります。又ホールのふちの芝生もホールの中からボールを拾い上げるときに、手の甲がホールの角の芝に当たることにより、角が崩れるように痛んでいます。
100名でも、いやたとえ20名でもゴルファーの皆様が利用したホールカップは、別の場所に切り替えて、翌日には新しいホールでプレーできるようにしなければならないのです。

そして新しく切り替える場所は、痛むところが片寄らないように、前日とできるだけ遠く離れたところに規則的に切り替えていかなければ、デリケートなパッティンググリーンの品質を均一に維持することはできないのです。

ホールカップの切り替えに必要な道具とその用途

・ホールカッター:新たなホールを開ける道具
・カップ抜き:ホールカップを抜き取る道具
・ホールセッター:ホールカップの深さを均一にする道具
・床土と目砂用乾燥砂:ホールカップの沈める深さを土で調整。目砂用は埋め戻した前のホール後のふちに砂を入れて平らにする。
・スコップ
・ディボットツール:ボールマークの修復

※ホールカップとピンフラッグ(旗竿)は、必ずグリーンにひとつあるので、当然毎日使い回すことになります。

ホールの切り替え方

①▲新しく切り替える位置を決めます。周囲(半径約1m以内)に以前のホール跡がないかを確認して、できるだけきれいな場所を決めます。

②▲ホールカッターを真っ直ぐ地面に突き刺して、深く切り込んで床土ごとカッターを引き抜きます。この時、地表面の傾斜に合わせて切りこんでしまうと、ホールカップが斜めになり、ピンフラッグを立てると同じように斜めになってみっともないことになります。傾斜に合わせず、垂直に真下に向け、体重を乗せて切りこみます。これが意外と難しい。失敗して何度もこねくり回すとホールが広がって大きくなり、カップが土中でぐらついたり、ホールのふちの芝生が痛んでしまいます。

プレー中、ピンを抜くときに、カップがピンと一緒に付いて抜けてきた経験はありませんか。そんなことが原因かもしれません(笑)。経験もありますが、切り込むときは思い切りよく一気にいくことがコツなんです。

③▲ホールカッターを抜くと同時に、切り込んだ床土がホールカッターに一緒について抜け、穴が空きます。その穴底の床土を取ったり、入れたりしてホールカップの深さに合わせて予め調整します。

④▲次に「カップ抜き」の針金を使い、ホールカップを抜き取ります。
埋め込まれていたホールカップの周りには土がたくさんついているので、グリーンの外に出て、付着している土を落としてカップをキレイにします。このときに、ピンを差し込む穴の中もきれいに掃除します。砂が付いたままだとピンがカップから抜きにくくなってしまいます。

⑤▲清掃したホールカップを新しく切り込んだ穴に入れます。ホールセッターを使い、深さを一定(地表面より※1インチ下)にして押し込みます。このときにホールカップの深さが合わずに、何度もカップを入れたり抜いたりすると、ホールのふちが痛むので1回でビシッと決めることが大切です。
※1インチ=25.4mm  

■ホールの規則
ホールの大きさは直径が4.25インチ(108mm)で、ホールの深さは4インチ(101.6mm)以上と決められています。
ホールカップ自体の大きさは直径108 mmで、長さは150か160mmですが、中の反響板までの深さは、80~100mmあります。
ホールカップの埋める深さは、地表面より少なくとも1インチ以上深く入れなければなりません。そのための道具としてホールセッターを用います。

ルールに反してホールが浅ければ、せっかくホールにボールが入っても、中から飛び出す恐れがあります。だから一定以上深く入れないとダメなのです。

⑥▲ホールカップを押し込んだら、ピンを立てて真っ直ぐになっていることを確認します。多少ピンが斜めでも、決してホールカップの角度を無理やり変えて、ピンが真っ直ぐ立つようにしてはいけません。ホールカップが土中で動くとガタつく原因になります。またふちの芝生が盛り上がって、スムーズなパットができなくなる原因になります。多少斜めでもあきらめが肝心。下手と思われないようにするには日々の修行が大切なのです。

⑦▲次に前の穴を埋め戻す作業となります。まず、穴の深さを土で調整して、床土の入ったままのホールカッターをその穴に差し込んで、ホールカッター内の床土を抜きます。
後から地表面が凹まないように、一旦地表より少し高めにし、足で踏んで周囲と同じ高さになるように押さえます。そして周囲に目砂をして一切の凹みをなくします。

⑧▲新旧のホールの周囲を掃除して完了です。

プレーが終わった後にこのような作業を、グリーンキーパー他コース管理員は毎日行っているのです。
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

38

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

こんなにいいコースでレッスンができて、とても感激しました!

ゴルフマナーなど不安に思っていることや、普段は聞けない話...

M.T
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ