コラム

2014-12-04

ゴルフプレー中の「アドバイス」はペナルティ!?

いい雰囲気でプレーを楽しむために同伴者のボールを一緒に捜したり、ピンの位置や距離に係わる情報を伝えてあげたりして、助け合いながらスムーズなプレーを心掛けることは大切なこと。スロープレーを避け、気持ち良くプレーできるように配慮することは、ゴルフをする上で極めて重要なマナーです。

しかし、助け合っているつもりでも、ルールを知らずに不用意な行動や言葉によって、知らない間にルール違反を犯しているかもしれません。ゴルフでは、パッティングラインの指示など、プレーの「アドバイス」に対するルール(規則8)が定められています。

パー3ホールのティーインググラウンドで、何気なく「何番のクラブで打ちます?」と同伴者に聞いたことはありませんか?
グリーン上でピンを持っているキャディーさんに狙いどころを聞いて、「この足を狙ってください!」と応えてくれたので、「そのまま!」といって、キャディーさんにグリーン面に足を置いてもらったままで打ったなんてことはありませんか?

完全にルール違反です!2打のペナルティーとなります。

ゴルフルールでは、ラウンドプレー中に自分のキャディーやパートナー以外の人、いわゆる同伴競技者またはそのキャディーに対して「アドバイス」を与えることや求めることを禁じています。

プライベートなゴルフで、「アドバイスはペナルティー」と意識しながらプレーしている人はいないですよね。

たとえルールに厳密ではなくても、好き勝手にズケズケと「アドバイス」したり、反対に何から何まで同伴プレーヤーに聞いたりすることは、ゴルフマナーの面から見ても配慮に欠けているといえるのではないでしょうか。

「アドバイス」に係わるルールは、なかなか簡単に覚えられるものではありません。何が良くて何がダメなのかが分からなくなってしまいがちです。正しいマナーでプレーをするためにも、少しずつ丁寧に理解するようにしていきましょう。

「アドバイス」の定義とは?

プレー上の決断やクラブの選択、ストロークの方法に影響を与えるような助言のことをいいます。ゴルフルールに関することや距離、ハザードやピンの位置などの周知されているようなことは「アドバイス」とはなりません。

ルール上「アドバイス」ではない例

■同伴者が、ティー区域外にティーアップしていたので「出てるよ」と教えてあげた。
⇒ルールに関することなのでOK。

■自分が2打目を打ったあとに、同伴者に「さっき2打目を何番で打った?」と聞いた。
⇒プレー上の決断やクラブの選択、ストロークの方法に影響を与えないのでOK。

■自分のボールとピンとの間の距離を同伴者に聞いた。
⇒2点間の距離に関する情報交換は周知のことなので誰に聞いてもOK。
※もしも答えられた距離が間違っていても文句を言ってはいけませんよ。判断したのはご自分ですから。

■同伴者のキャディバッグを覗いて、使用したクラブを確かめた。
⇒目で見て得た情報はアドバイスではありません。

■(共用の)キャディーに、同伴者の使用クラブを聞く。
⇒キャディーさんが知っているあらゆる情報を求めることができます。

■プレーの線と平行にスタンスを作ろうとして、クラブを地面においたが、打つ前にそのクラブを取り除いた。
⇒ストローク(ボールを打つ動作)する前に取り除けばOK。

■キャディーが自分の影でパッティングラインの線を示す。
⇒ストローク前にその影が移動されればOK。

「アドバイス」でルール違反の例

▲パー3ホールのティーショットを打ったあとで「7番アイアンで打つべきだった」と次に打つ同伴者に向かって話しかけた。
⇒思わず口に出てしまったのであればOKですが、同伴者に故意に情報を与えた場合は違反となります。

▲同伴者のキャディバッグを覗くためにクラブの上に被さっているタオルを取って、使用クラブを確かめた。
⇒自ら動いて情報を得ると違反になります。

▲ラウンド中に同伴者にスイング修正するためのゴルフレッスンを行った。
⇒アドバイスを与えたことになり違反です。

▲同伴者のボールが打てそうになかったので、「私ならアンプレヤブルを宣言するよ」と言った。
⇒「プレー上の決断」に影響を与えるアドバイスとなり違反です。「ルールを知らせること(違反とはならない)」には該当しません。

▲ピンに付き添っているキャディーが足を狙うように指示した。
⇒キャディーさんが「パッティングライン」を示す目的で足をそのような場所に置いた時点で違反となります。
キャディーさんが最初は「パッティングライン」を示す意図がなく足を置いていたわけではなく、その後に足を狙うように指示した場合は、ストローク前に足を移動すれば違反にはなりません。

▲ボールがパッティンググリーン上にあるとき、キャディーがクラブをパッティンググリーン面につけて「パットの線」を示した。
⇒「パットの線」を示すためにパッティンググリーン面に触れることを禁じているので、違反となります。ただし、ボールがパッティンググリーン外にある場合、罰はありません。

※「パットの線」の定義
 「パットの線」とはプレーヤーがパッティンググリーン上で球をストロークをした後その球にとらせたい線をいう。
規則16-1eの場合を除き、パットの線はプレーヤーの意図する線の両側に若干の合理的な幅を持つ。

参照:日本ゴルフ協会発行「ゴルフ規則」
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

46

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

こんなにいいコースでレッスンができて、とても感激しました!

ゴルフマナーなど不安に思っていることや、普段は聞けない話...

M.T
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ