コラム

 公開日: 2015-01-24  最終更新日: 2015-01-28

仕事もゴルフも「短気は損気」

仕事は短気で良いことなし

会社で周囲に思い通りにならないと、イライラしたり怒ったりしている人はいませんか?
独りで勝手に苛立っていたり、腹を立てたりしているのであれば、なんの問題も起こりません。しかし、それでは腹の虫が収まらず、鬱積した感情の捌け口として、“八つ当たり”されるようなことはありませんか?
実は自分自身が後輩にしているなんてことも・・・。

そのような抑圧された感情は、スポーツや娯楽によって、タイミングよく発散させることができれば理想的ですが、仕事している最中なら、そんなわけにはいきません。
つい身近にいる人に対して、激しい感情をそのままぶつけてしまいそうになります。
怒りの感情が爆発的になったときは、思考力が欠如しています。
短気は損気
怒りの言葉にしても、論理性に欠け支離滅裂になる。理不尽なことをいったのでは、人にバカにされるだけです。
興奮して怒ったのでは、一時的に感情をぶちまけて気分がすっとするだけです。
しかし、その場にいる周囲の人たちが気まずい思いをし、後味の悪さがずっと残ってしまいます。
たとえ追い詰められたような状況になっても、怒りによってそこから脱出しようとするべきではないのです。

ゴルフも短気で良いことなし

短気は損気といいます。
ゴルフでも、短気な人ほどスコアで損をするものです。
自分のミスに腹を立てて平常心を失い、自暴自棄になって打ってしまうこともあれば、焦って打ってミスを連発することもあります。
それが原因で、クラブを地面に叩きつけたり、放り投げたり、キャディに当たり散らしたりなど、俗に言う「キレる」というゴルファーも多くいるでしょう。

つまり、短気な人は、スコアが崩れる原因を自分で作り、その結果に怒って、さらにミスを繰り返すジレンマに陥りやすいのです。

しかも、態度に出てしまったそのイライラとした気持ちは、組全体にも嫌な雰囲気を与えてしまいます。そんな不愉快なゴルファーは、当然、同伴競技者には喜ばれません。迷惑極まりない存在です。
このような雰囲気の中で自分の精神状態を立て直すことも難しくなります。
短気は損気
短気を自認しているのであれば、その性格が災いにならないように努力しなければなりません。
ショットする前は慎重に、ミスしても怒らない、そしてミスを繰り返さないように、落ち着いて次のショットをする。
すぐにスコアが良くなるわけではありませんが、長い目で見ればゴルフの内容が改善されます。
また仲間も増えることでしょう。

球聖が戦う相手は「パーおじさん」

『わたしは、“オールドマン・パー”を発見してから、勝てるようになった。』

ゴルフ名言集などのトップに掲げられることが多い言葉。
ゴルフ界では、あまりにも有名な球聖ボビー・ジョーンズ(Bobby Jones)の言葉です。

“オールドマン・パー(Old man Par)「パーおじさん」 ”とは、目の前の対戦相手に惑わされずに冷静プレーするために、ボビー・ジョーンズが 想定した空想上の人物のことです。
バーディーも出しませんが、ボギーも叩かないという「パーおじさん」。
この架空のおじさんと毎ホール、戦うことこそがゴルフであるということです。

ボビーは「ゴルフとは、誰かに勝つためのスポーツではなく、各ホールのパー、言い換えれば自分自身との戦いである。」というゴルフの真理にたどり着き、それを言い換えて「 “オールドマン・パー”を相手としてプレーする」としました。

極めてシンプルな発想ですが、“オールドマン・パー”の発見はボビー最大の偉業といってもいいそうです。共感するプロのゴルファーは現在でもかなり多くいるそうです。
球聖ボビー・ジョーンズ
当時の4大メジャー大会(全英オープン、全米オープン、全英アマ、全米アマ)を一年で獲得するという同年グランドスラマーを達成し、今日のゴルフ隆盛の基をつくったともいうべきボビー・ジョーンズも、若い時は、なかなか勝てませんでした。
それはあまりにも試合で戦う相手を気にし過ぎて、短気な性格が災いしたといわれています。

10代の頃のボビーは、ミス・ショットをするたびにクラブを放り投げたり、地面に叩きつける手に負えない若者でした。
有名なのは1921年、初めて出場した全英オープン、そして初めて訪れたセント・アンドルーズのオールドコースで、最初の9ホールだけで10オーバーの46を叩き、10番ホールもダブルボギー、11番ホールもティーショットをバンカーに入れ、ダブルボギーパットも外して茫然自失、6打目のパットを打たずに、そのままスコアカードを破り捨てて棄権したというのです。
これをボビーは終生、痛恨の記憶としました。

ボビーは試合に敗れ去っていくことによって、自分の性格を見つめ直し、自分を変えたいと思うようになります。
そしてボビーは短気を克服するために、「ゴルフとは他人ではなく自分との戦いである」ということを知り、「敵は自分の内にある」ということを導きだしました。

自分の性格を見つめ直すことほど難しいことはありません。彼はそれを短期間で見事にやってのけました。
こうしてボビー・ジョーンズは「パーおじさん」と戦うことで急激に強くなりました。このことは事実として、広く知られたゴルフの常識となっています。

怒りの感情をコントロールするには

ゴルフは、18ホールズプレー、時間にすれば約5時間。
ボビーのように、常に自分自身の心と体の状態を冷静に分析しながらラウンドできるかというと、それは非常に難しいと思います。
何もない日常生活の中ですら、5時間もの間冷静でいることは不可能ではないでしょうか。
見るからに不機嫌な顔
しかし、結局は、自分の感情をコントロールできるのは自分自身だけ。
仕事中やゴルフプレー中に思わずイライラしてしまう人は、まず自分に合った怒りの鎮め方を知っておきたいものです。
まずは、上を向いて空を見たり、深呼吸したりしましょう。
上を向いて深呼吸
少し余裕が出てくれば、幽体離脱したように客観的に自分を眺めてみるのも良いでしょう。今、自分がどんな姿をしているのか?どんな風に人に写っているのか?
それ考えると冷静さが戻ってくるかもしれません。

一度しかない人生、怒っている時間は少しでも短くありたいものです。
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

30

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

知っていると思っていたのに、実は間違っていることが多かった!

マナーやルールは自分が知っていることとは大きく違い、間違...

T.T
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ