コラム

2015-02-19

仕事でもゴルフでも「会話上手」になろう

ゴルフやビジネスシーンでは、世代の違う人たちと上手くコミュニケーションを取っていくことが大切です。それが結果として、楽しいゴルフやビジネスの成功に結びつきます。
上手くコミュニケーションを取るための重要なスキルとして“会話力”、その中でも“聞く力”が必要となります。

まずは「聞く」を意識する

職場では「積極的な姿勢で仕事に取り組もう!」と言われます。
しかし、あまりに一生懸命すぎて、自分の意見ばかり主張しすぎると、気づかないうちに独りよがりになり、相手の気分を害したりすることになりかねません。

まずは「相手の話しを聞く」ことを心がけましょう。
「聞く」ことを優先することにより、相手やお客様が何を求めているかを理解することができます。
「聞き上手」になれば、相手にとって必要なものは何かということがよく分かるので、相手の聞きたいことを正確に応える「話し上手」にもなれるのです。
聞き上手
「聞くことに徹していると、なかなか会話が弾まない」という方もいます。
そんなときは、「あいづち」や「オウム返し」を上手く使うことで改善できることがあります。聞き手が無言では話し手は楽しくなりません。聞き手がタイミングよく「あいづち」や「オウム返し」を打つことで、話しても話しやすくなり、会話が弾みます。

「あいづち」は、「はい」「うん」「へ~」「そう」「なるほど」などの短い言葉を使うことや、“うなづく”だけではだめです。これでは会話は続けようがありません。

相手の意見に同意するときは、「そうですね。私もそう思います。」
共感するときには、「えっ、それは大変だったでしょう。大丈夫でしたか?」
相手の話しをさらに促すときには、「それで、その後はどうなりました?」
「あいづち」は、相手が気分よく、さらに会話が進むように、積極的に間をつないでいくための道具なのです。

「オウム返し」はなかなかの優れもの

「オウム返し」の場合、「印象を悪くするのでは・・・」とネガティブなことを考えてしまいがちですが、そんなことはありません。
上手く使うことにより、会話の空気を壊すことなく、どんどん会話を弾ませることができます。

話題の中でのいろいろなポイントを「オウム返し」することで、話題を変えることなく間を持たせることができます。そして、同じ話題から次の新しいエピソードを引き出すこともできます。
会話が弾む
たとえば
上司:「先週は、○○カンツリーでゴルフだったけど、途中で吹雪いてきて、寒くてゴルフどころではなかったよ」
部下:「そうですか。たしかに吹雪いていたらゴルフどころではないですよね」(オウム返し)
上司:「寒くてドライバーは、全然飛ばないんだけど、その割にスコアは安定していて、そんなに悪くなかったんだよね」
部下:「ありますよね。寒くてドライバーが飛ばないかわりに、曲りもしないからOBが少なくって。助かった~と思うときがあります。」
上司:「今日は、打って変わって暖かいから、調子が狂っちゃうよ」

なんていう他愛もない会話が「オウム返し」によって延々と続いていきます。
少し間が空いたからといって、急いで話題を変えるような質問をする必要もありません。
ゆっくり落ち着いて「オウム返し」をするだけで、相手もリラックスして会話の展開を探すことができるのです。

話しの腰を折らないで、最後まで心を開いて楽しく聞く

聞き手だったはずなのに、いつの間にか話し手と役割が交代してしまうことがあります。
身に覚えはありませんか?
それほど人は、話し手になりたい気持ちが強いのです。
だからこそ、相手に話し手の立場をゆずり、相手に気持ちよく話してもらうことが大切なのです。

相手の話しの途中で、「そのことについては、私のほうが良く知っているから」といって、相手の話しを途中で遮って、話し始めるようなことをしてはいけません。
そう思っても、ぐっと我慢して、最後まで聞き手に徹しましょう。
反対に興味を持てない話だと感じても、まずは笑顔で話を聞いてみましょう。
話しの腰を折る
話し手が楽しく話せるのは、聞き手が楽しそうに聞いてくれるからです。それはビジネスシーンであっても、ゴルフのプレー中であっても同じです。
一番大切なことは笑顔で聞くことです。
笑顔でいれば相手も笑顔になり、心が開きやすくなり、いろいろな話が飛び出してきます。
心を開いて話しができるようになると商談もまとまりやすくなり、ゴルフも楽しめます。

自分が話し手になったとき

自分の得意な話題のときは、話しては話すことに夢中になりがちです。
相手の様子に気を配ることを忘れないようにし、相手の表情を見て、納得しているかどうかを推し量ります。
小首を傾げていないか? 眉間にシワは寄っていないか? 目をそらして退屈そうにしていないか?など相手の用紙を常に伺いながら話しをするようにしましょう。
聞き上手
参考文献
「人生を変えるマナー」三厨万妃江/あさ出版
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

26

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

こんなにいいコースでレッスンができて、とても感激しました!

ゴルフマナーなど不安に思っていることや、普段は聞けない話...

M.T
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ