コラム

2015-02-23

ゴルフの“後始末”はいつやるか?「今でしょ!」

“後始末”の大切さ

“後始末”と聞いて想像するのは、子供の頃におもちゃで遊んで散らかした時、親から「きちんと後始末しなさい。」と言われた経験ではないでしょうか。このような後片付けを思い浮かべたのではないでしょうか。

昔から「立つ鳥跡を濁さず」「勝って兜の緒を締めよ」など、人は物事がスムーズに進むと、つい気を抜いたり、最後の詰めが甘くなったり、 確認を怠ったりして、逆に失敗を招いてしまうことがあります。
そういった失敗を防ぐために、昔から“後始末”の大切さが様々に語り継がれています。

“後始末”と“前始末”

現在のビジネスシーンにおいては、「“後始末”よりも“前始末”が大切」とよく言われます。
デスク片付け
"後始末"とは、労力をかけて元通りにする、いわゆる“原状回復”をするということです。仕事における“後始末”という言葉には、トラブル対応やクレーム処理など「上手くいかなかったことを事後に始末する」というネガティブのイメージがあります。
それに対して"前始末"とは、前始末とは事前準備だけではなくて、仕事を事前準備と段取りで“後始末”を起こすことなく進めていき、やりきるまでを指す言葉とされています。

イトーヨーカ堂の創業者伊藤雅俊氏は、著書『商いの心くばり』の中で、
「失敗の“後始末”とは別に、失敗しないための“前始末”というのも大事ではないかと思います。失敗を極度に恐れる必要はありませんが、失敗せずにことが運ぶにこしたことはないからです。」と述べられています。

ゴルフで求められる“後始末”

ゴルフは一打ごとに“後始末”をしながらプレーするゲームです。
ゴルフクラブで、芝生の上にあるボールをフルスイングして、芝生がえぐられて凹んだディィボット跡。この“後始末”をするかしないかで、他のゴルファーに歓迎される人かどうかが分かります。
凹んだまま、目土されることなく放置され、“後始末”がされなかったディボット跡に、後からくるゴルファーのボールが入ったら、ルール上、そのまま打たなければなりません。ボールを動かすことはできないのです。
ディボット放置
また芝生は生き物、たしかにえぐられたところは、下からまたは周囲から芝生が伸びてきます。ただし地面は凹んだまま。その箇所だけ芝生は深くなってしまいます。

町や電車内での空き缶の放置、タバコの吸い殻のやガムのポイ捨て、海や行楽地での弁当の空き箱や紙くずの放置。これらと同じことがゴルフ場でも起こっていると言えるのです。
つばはきとポイ捨て
ゴルフ場での問題はさらに深刻です。なぜなら、これら町などで起こっていることを「ひどい人がいるもんだなぁ」と嘆くにもかかわらず、ゴルフ場では自分自身が“後始末”をしていないのです。
その典型が、ディボット跡の放置であり、パッティンググリーンの自分がつくったボールマークを修復しないことや、自分がつくったバンカーの足跡、打った跡をレーキで均さないのも同じことなのです。
バンカー放置
ゴルフでは“後始末”を忘れるだけでなく、“後始末”をすることを知らない人も数多くいます。
ゴルフプレーで普段から“後始末”をしている人、または“後始末”の方法を知っている人は、周囲の“後始末”をしていない人、知らない人に「後からくるゴルファーのために“後始末”をしよう」と声を掛けて欲しいと思います。

日常の「今すぐやる」習慣はゴルフの“後始末”で身に付けよう!

家の中や仕事では、“後始末”の必要性に気付いているはずです。
“後始末”をしないと家の中は片付かないし、“後始末”をしないと、次の業務に影響がでるかもしれません。

自分だけではない共有空間では“後始末”の気が緩みます。
路上や駅、電車、行楽地でのゴミのポイ捨て、ゴルフ場でのディボット、バンカー、ボールマークの放置、さらには、洗面台やトイレの汚しっぱなし、風呂場の桶の置きっ放し、使ったタオルの放置などなど、すべてが同じです。
本人は快適なのかもしれませんが、“後始末”をしないために、必ず後の人が不快な思いをしていることに気付かなければなりません。
手洗い後を拭く
「立つ鳥跡を濁さず」で、迷うことなく“後始末”は「今すぐにやる」という習慣を身にをつけたいものです。

参考文献
「ゴルフはマナーでうまくなる」鈴木康之/日経ビジネス文庫
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

27

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

こんなにいいコースでレッスンができて、とても感激しました!

ゴルフマナーなど不安に思っていることや、普段は聞けない話...

M.T
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ