コラム

2015-02-25

エレベーターの「閉」ボタンを押さない

エレベーターに乗って誰も押さない「閉」ボタン

2013年1月、18年ぶりに海外に出ました。行先はアメリカのカリフォルニア州サンフランシスコ。
サンフランシスコ市街
約1か月の旅の間で、一番印象に残り、そして最も我慢したことがあります。
それは“エレベーターに乗って「閉」ボタンを押さないこと”です。

アメリカの人だけでしょうか?
エレベーターに乗って、誰ひとり「閉」ボタンを押さないのです。
勝手にドアが閉まるまで、じっと待っているのです。
誰ひとり押しません。自然に閉まるまでの“間”を持て余しても(そう思っているのは日本人の私だけ?)、決して押さないのです。
これには驚きました。トラブルがない限り「閉」ボタンはいらないのです。
「閉」ボタンを押す
日本ではどうでしょう?
エレベーターに全員乗ったら、すぐに「閉」ボタンを押していませんか?
途中の階で人が乗り降りするときにも、人の動きがなくなったとみるやいなや「閉」ボタンを押していませんか?
自分でなくても、ボタンの近くにいる人が、必ずと言っていいほど押しているでしょう。
しかも閉まり始めるまで連打で・・・

交差点を渡るとき、一番前に陣取りませんか?
ホームで電車に乗るとき、降りる駅の階段付近に止まる車両を選んで乗りませんか?
車を運転していると信号で待っている時間がもったいないとイライラしませんか?
満員電車
都会で生活していると、これらのことを気にするかしないかで、すごく時間の差がでるように感じます。
でも、そんなに急いでも、実際には1、2分程度の差しか得られません。1分もないかもしれません。その時間で何が出来るでしょうか?
大したものは何も得られないのではないですか?
むしろストレスが増えるだけです。

早く目的地に付きたいのであれば、十分時間の余裕を見て出掛ければいいのです。

ゴルフは時間にがんじがらめ

ゴルフでも同じです。
考えかたによっては、ゴルフは時間にがんじがらめ。
1分単位のスタート時間に遅れないように気を付け、適切なプレーペースを守るようにラウンド時間にも気を付け、その上ゴルフルールでは、ボール探しは5分以内とまで決められています。

でも、これらを常にギリギリに時間をいつも気にしながら行動するのか、それとも、クラブを数本持って移動したり、暫定球を打ったり、あらかじめ準備を怠らないようにして時間に余裕を持って行動するのか、すべてはゴルファーの考え方次第です。
「パス」お先にどうぞ
高速道路を車で走っていると、追い越し車線と走行車線を1台ずつ追い越しながら、左右行ったり来たりしている車。それでも次の料金所に近づくと、ずいぶん前に追い抜いて行ったはずのその車がすぐ前方に見えているのです。
そんなに急いでも、目的地に着くころにはほとんど差はありません。
反対にスピード違反で捕まってその分遅くなったり、万が一事故にあったりすると、時間に遅れるだけでは済まないことにもなります。

また追い抜かれるのを嫌い、前の車との間隔を空けずに走る車もあります。これも車1台が前に入っても、ものの数秒しか変わらないにもかかわらず、事故のリスクだけが高くなるのです。

そんなリスクを負うだけの事情があるときなどめったにありませんよね。

ゴルフでは、プレー時間が遅くなると30分や1時間のロスが出るので、それを我慢してくださいとはいえません。他のゴルファーにそのような迷惑を掛けないように適切なプレー時間を守る必要があり、またその限られた時間の中でゆったり楽しむため、無駄のないように準備を怠らないことが大切なのです。

心にゆとりある人間になりたい

サンフランシスコに滞在中は、時間に対する考え方を反省し、心に余裕を持つため、決してエレベーターの「閉」ボタンを押さないように努めました。

日本に帰国してからも、少しの間は頑張りましたが・・・ダメですね、すっかり「閉」ボタンを押す癖が戻ってしまいました。
エレベーターの中で
エレベーターは黙って乗っていれば、自然にドアは開閉します。
せめてそれを待つくらいの余裕のある人間でありたい、それを実行できる心のゆとりを持ちたい、そして時間を有効的に使えるゴルファーでありたいと思っていますが、それが非常に難しい典型的な日本人の私です。
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

22

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

もっと多くの人が参加し、ゴルフマナーやルールを知ることが大事と思った!

初めて、ゴルフマナーやルールを知る機会となり、とても良か...

K.A
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ