コラム

 公開日: 2015-03-05 

 『若い男性は “ゴルフ=仕事”』 ゴルフの意識調査から

“初心者ゴルファーに聞く”ゴルフに関する調査

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)と楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)が運営するゴルフ場予約サービス「楽天GORA」が、以前に行った「ゴルフに関するインターネット調査」を考察してみたいと思います。楽天リサーチ登録モニター(約160万人)の中から、ゴルフを始めて3年未満の全国の20~39歳の男女計500人を対象に行われました。


男女共にゴルフを始めたきっかけは“人に勧められて”

ゴルフを始めたきっかけについて聞いたところ、「友人・同僚などのすすめ」が全体で58.6%と半数以上を占めいています。
男女別に見ると、男性が「友人・同僚などのすすめ」が65.8%と多く、女性では「家族・恋人のすすめ」が54.7%と、どちらもきっかけはすすめられて始めたことが多いことが分かった。とくに男性だけを見ると、2位に「仕事の都合上」が35.8%となっており、多くの男性が、同僚も含めて仕事関係からゴルフを始めています。
ゴルフを始めたきっかけ

女性は“ゴルフ=レジャー”、男性は“ゴルフ=仕事”

実際に誰とゴルフをすることが多いですかという問いには、男性で「会社の同僚」(43.9%)、女性では「家族」(41.6%)がトップという結果となっています。男女間で、ゴルフをする相手に大きな違いがみられています。
先の質問からも、男性は“仕事=ゴルフ”の相関図が強いことが分かり、ゴルフを共にする相手も「会社の上司や同僚」であることが多いのではないかと推察されます。
一方、女性はゴルフを家族や友人と楽しむレジャーのひとつととらえ、“ゴルフ=レジャー”と考えているように見て取れます。
女性のゴルフファッションがどんどん明るく華やかになっていくのも頷けます。
ゴルフは誰と行く?

実はこのデータは6年前のデータです。しかし現在において、同様の調査をしても同じような結果が見られるのではないでしょうか。
今、若い人たちに対してゴルフを始めてもらうため、躍起になっているゴルフ業界ですが、この調査結果を見て、男性か女性か、性別によってアプローチ方法を変えていく必要があるようですね。

社会人男性は、ゴルフを仕事に必要なアイテムの一つと考えている人が多いようです。
確かに、ゴルフにはビジネスシーンにおいて必要な要素が多分に含まれています。
企業の上層部や上司の方々はこれをよく理解されているために、若手社会人に向けて、このような“ゴルフ=仕事”というイメージを発信しているのかもしれません。

ゴルフは、フィジカルの差が出にくく、年齢差があっても一緒に楽しめるスポーツです。さらに長い時間を共に過ごすことにより、一緒にプレーする人の人間性もよく観察することができます。そういった意味でも、上司や先輩は、新入社員の人たちの性格や人となりを正確に判断する上で、「早く一緒にゴルフに行きたい!」と思っているかもしれません。

ゴルフはビジネスシーンでの人間関係を早く上手に構築するための、とっておきのツールと言って過言ではありません!
ゴルフを「おじさんのスポーツ」と敬遠せずに、社会人になったら、もしくは社会人になる前に、ぜひ始めてくださいね。
============================
【調査概要】
調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳~39歳男女
回収サンプル数:500サンプル(性別×年代均等割付 各セル100サンプル)
調査期間   :2009年4月6日~7日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

もっと多くの人が参加し、ゴルフマナーやルールを知ることが大事と思った!

初めて、ゴルフマナーやルールを知る機会となり、とても良か...

K.A
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ