コラム

2015-03-19

「求職高齢者」とはどんな人? ~ゴルフ場での経験から

国の「新成長戦略」では「急速に進展する我が国の少子高齢化に伴う労働力人口の減少を跳ね返し、経済の活力を維持するためには、若者、女性、高年齢者など全ての人が可能な限り社会の支え手となることが必要である。」としています。
そこで、今特に注目されているのが高齢者の雇用です。

弊社が運営する有馬カンツリー倶楽部は、大阪神戸のベッドタウン兵庫県三田市にある開業55年のゴルフ場です。
私は代表になってまだ3年ですが、人事については10年以上前から携わってきました。
将来の事業承継を見据えて、不景気ではありましたが、積極的人材採用による強固な組織づくりを目指し、その中で、地域の「求職高齢者」が担う役割を考え、積極的に雇用を推進しています。

この弊社の取り組みが認められ、「地域高齢者の就労機会を創出し生涯現役で働ける職場作りを推進している先進企業」として、「平成25年度高齢者雇用開発コンテスト」にて厚生労働大臣表彰特別賞を頂戴することができました。

ここでは私自身の経験から「求職高齢者雇用」についてお話ししたいと思います。

「求職高齢者」とはどういう人?

第1次ベビーブーム世代である「団塊の世代」が、昨年までに65歳を迎え、仕事をリタイヤする人が増えています。
それだけでなく、「継続雇用制度」があっても、次世代に重職を譲らざるを得ない状況や労働環境の望まざる変化などにより、65歳を待たずにリタイヤされた高齢者も数多くいます。
定年退職
有能な「求職高齢者」の雇用確保は、ここが狙いどころです。
日本の高年齢者層における就業意欲は、諸外国に比べ大変高い水準を保っています。
この就業意欲の源となっているのは、「働くことが生きがい」とする勤労観にあると考えられています。日本の高度成長期を支えた「団塊の世代」、この世代の多くは、根っからの「仕事人間」で、生きがいを感じながら長期的に働ける環境を求める傾向が強いと考えられています。事実、内閣府が発表している「高齢者の意識調査」では、85%以上の人が60歳以降も就業を望んでいます。

たとえば男性の場合・・・
企業での重責を全うし、ようやく定年を迎えたことから、会社を退職して「ゆっくり余生を楽しもうかな」と思っても、いざ仕事がなくなると何をしたらいいのやら分からない人。
また家の中に居ても、今まで「仕事人間」で家事などの手伝いを全くしてこなかったものですから、今さら何もできず、奥様からは邪魔者扱いにされる人。
このような居心地の悪い思いをされている高齢男性が多いのです。
高齢者
事実、弊社では、このように家では邪見に扱われますが、他企業で定年退職した勤労意欲の高い「求職高齢者」をパートタイマーとして積極的に採用してきました。

現在までに採用してきた高齢者の方々の職歴を見ると、普通では考えられないオールスターのようなスゴい人たちばかり。
日本の大手№2航空会社、大手フィルムメーカー、大手事務用品メーカー、大手乳製品メーカー、大手スーパーマーケット、新聞記者、国家公務員、大手電機メーカー海外本部在籍など、層々たる職歴の方々が面接に来られ、こちらが履歴書を見て腰が引けてしまうほどでした。

オールスターの上、「仕事がいきがいの世代」です。必然的に周囲や正規雇用の若者に与える影響は大きく、仕事に対する考え方や姿勢、礼儀正しさなど若者と手本となるべきところがたくさんあります。私も様々なことを教わっています。

このような人材の高齢者だけを固めた職場にするのはあまりにもったいないと思いませんか? 若い人たちとともに仕事をしてもらうことにより、若者がより多くのことを吸収してくれれば、さらに強い企業になると考えています。

「求職高齢者」の募集

オールスターの高齢者が弊社の求人募集に大勢応募に来てくれるには理由があります。
「ゴルフ」です。みんなゴルフが大好きです。少しでも「ゴルフ」に携わっていたい。その想いを強く感じています。
その想いに応えるために、社員が「ゴルフ」をできる機会を増やしました。
みんな楽しんでゴルフをしています。

「なんだゴルフで釣ったのか!ズルいじゃないか!」もしくは「ゴルフという遊びがあるからいいよね!」と思われた方も多いでしょう。
ゴルフ練習
もちろんゴルフ好きの方の琴線に触れるように、意図して募集しました。ただゴルフ人口は、日本の全人口のたった7%です。その7%うちの兵庫県三田地域に在住する「求職高齢者」だけをターゲットとしたのです。
総務省高齢者調査
「求職高齢者」は、趣味などが共通する話の合う人たちや友人をつくるために職場を求めているかもしれません。また過去の経験による得意分野での職場も求めているかもしれません。
ターゲットとする求職者の琴線に触れる「何か」を上手く利用することも人材募集の大切な要素のひとつではないでしょうか。
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

日頃、ゴルフルールに疎くて処置に困っていたことが理解できた!

今までにゴルフレッスンを受けたことがなく、ゴルフのプレー...

W.T
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ