コラム

2015-04-02

パッティンググリーンの「ピンフラッグ」を抜くとき、抜かないとき

全員のボールが乗ってから「ピンフラッグ」を抜きますか?

「こんな場合、ピンフラッグ (=通称、規則では旗竿[Flagstick])を抜いたほうがいいのかな?それともピンフラッグを抜いてはいけないのかな?」と迷ったことはありませんか?

「グリーン上でのパットでは、ピンフラッグを抜く!」
「グリーンエッジ(カラー)からのショットは、グリーン外なのでピンフラッグは抜かない!」
グリーンエッジから
こういう人が多いと思います。なぜでしょうか?

「遠球先打」の原則に従うと、ホールから遠いけれども“グリーンにボールが乗っている”プレーヤーと、ホールから近いけれども“グリーンからボールが少しこぼれている”プレーヤーとがいる場合、先にピンを抜いてパットを、そしてまたピンをさしてチップショットをするということになります。
それが煩わしくて、とりあえず全員先にグリーンにボールを乗せますよね。

このピンフラッグの扱いについては、どういうルールに基づいた行動なのかを考えてみたことはありますか?

大きく2つに分けて、グリーン上でパットするときは、“ピンフラッグに当てると罰がつく”、そしてグリーン外からのショットは“ピンフラッグに当てても罰はつかない”という単純に○か×ということからの行動と考えます。

ここで、一度ピンフラッグ(以降、略称「ピン」)の取り扱いについて、整理して考えてみたいと思います。

まずピンについて明記されているゴルフ規則から
(規則17)

①コース上のどこにボールがあっても、打つ前ならばピンを抜いてもいい

ピンに付添う
コース上のどこででも、ストローク(=打つ意思を持ってクラブを振る動作)する前に、プレーヤーは人をピンに付き添わせたり、ピンを取り除かせたり、ホールの位置をしめすためにさし上げることができます(規則17-1)。
ピンに付き添っている場合は、ストローク中やボールが動いている間にピンを動かすことができます。

②ボールが動いている間は、ピンを抜くことができない

プレーヤーがストロークする前にはピンの近くに誰もいなかったのに、ストローク中もしくはボールが動いている間に、プレーヤーの同意でピンに付き添ったり、取り除いたり、さし上げることによってボールの動きに影響を及ぼすかもしれないときは、プレーヤーは2打の罰を受けることになり、そのままの状態でプレーを続けることになります(規則17-1)。

③ボールが動いているのに、プレーヤーに無断でピンを抜いてはいけない

ボールが動いているのにあわてて抜いた
プレーヤーがストローク中であったり、プレーヤーのボールが動いている間で、同伴者がプレーヤーの許可がないのに、またはプレーヤーの知らないうちに、ピンに付き添ったり、取り除いたり、さし上げることによって、ボールの動きに影響を及ぼすかもしれないという行為をしてはいけません。
この場合、打ったプレーヤーに罰はありません。ピンを動かした同伴者が2打の罰を受け、あるがままの状態でプレーとなります。ただし、そのストロークがグリーン上であったときは、そのストロークを取り消した上でリプレースして再プレーとなります。(規則17-2)。

④ボールが取り除いたピンや付添っている人に当たってはならない

・付き添ったり、取り除いたり、さし上げたピンフラッグ
抜いたピンに当たる
・ピンフラッグに付添ったり、さし上げている人
・グリーン上でストロークしたときに、誰も付き添っていなかったピン
グリーン上で立っているピンに当たった
プレーヤーのボールがこれらに当たったときは2打罰となり、そのままの状態でプレーとなります。
ただし、プレーヤーの許可なしに同伴者に付き添われたり、取り除かれたり、さし上げられたピンに当たった場合は、プレーヤーに罰はありません。ピンを動かした同伴者が2打の罰を受け、あるがままの状態でプレーとなります。ただし、そのストロークがグリーン上であったときは、そのストロークを取り消した上でリプレースして再プレーとなります。(規則17-3)。

ここで整理すると、

●グリーンの内外にかかわらず、打つ前にピンを抜いても問題ありませんが、抜いたピンにボールを当ててはいけません。

●プレーヤーがストローク中、またはボールが動いている間は、ピンを抜いてはいけません。

●ホールに立っているピンにグリーン外から打ったボールが当たっても罰はありませんが、グリーン上からパットしたボールが、立っているピンに当たると罰を受けます。

以上のようになります。

これから考えると、グリーン外からのショットでピンを抜かずに立てるのは、ボールが当たっても罰がないので、まっすぐホールに向かったボールが、ピンに当たって止まるようにするためなんですね。
「ピンを抜いていたので、ホールをスルーして大きく越えてしまった!」ということを防ぐ意味があるんですね。

ただ、グリーンエッジにボールがあっても、ホールとの距離が数mと近いので、「ダイレクトにパターでホールを狙う!」というときは、あらかじめピンを抜いてもいいかもしれません。そこは、ご自身の判断で!

もうひとつだけ、規則のつづきです。

⑤打つ前に取り除かれて置いてあったピンを取り除いても罰はない

ストロークする前にすでに付き添われていたり、取り除かれていたり、さし挙げられていたピンにボールが当たりそうになった場合、そのピンを取り除いても罰はありません(規則24-1)

パッティンググリーンのホールに立っているピンフラッグは、ゴルフにとって、なくてはならない大切なツールです。正しくピンフラッグを扱うことができるか否かで、スコアが大きく変わってくるかもしれません。
そのためにも自信を持ってピンフラッグを扱えるように覚えておきたいと思います。
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

こんなにいいコースでレッスンができて、とても感激しました!

ゴルフマナーなど不安に思っていることや、普段は聞けない話...

M.T
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ