コラム

2015-04-05

ゴルフプレーの終着点「ホール(カップ)」について

パッティンググリーンにただ一つ空いている穴「ホール」。
「1番ホール」、「2番ホール」というティーインググラウンドからパッティンググリーンまでのコースレイアウトのことではなく、金属製のホールカップ(円筒)のことです。
ここに1打でも少なく沈めるために、ゴルファーは躍起になっています。
ホール
もともと、レイアウトの「ホール」は、「何番目のホール(カップ)」というところから始まったと言われています。1番目のホールだから、「1番ホール」なんですね。

むかしむかしのホール

昔々の「ホール」はゴルフコースのスタッフがスコップと鉄製のピンを持って、適当な大きさに掘り、そこにピンを差し込んだだけのものでした。
その上、ホールアウトしたら、ボールを拾い上げる時に次のティーイング・グラウンドで、ティーアップするための土を穴の底から取って持って行っていたと言われています。

1744年の世界最古のゴルフ規則、第1条には「ボールをティーアップするには、ホールから1クラブレングス以内にしなければならない」とあります。
当時はまだ、パッティンググリーンの概念がなかったのです。
ティーペグもなかった時代です。ひとつかみの砂をホールの中から取り、その砂を盛り上げてティーアップしていたそうです。

ゴルフの初期の頃は、「プレーヤーは、定められた場所から、ある地点に掘られたホールに向かってプレーし、そのホールの近くから次の標的のホールに向かってプレーする」ということでした。
こんにちのようなティーインググラウンドとパッティンググリーンが分離したのは1893年からと言われています。

ホールのサイズ

なぜ「ホール」は、現在の大きさになったのでしょうか?
ホールによって大きさがまちまちで、しかもホールのふちが崩れてしまうのに困った、センド・アンドルーズの管理者トム・モリスが、近くの水道工事の現場に転がっていた土管の切れ端を持ってきて、それを埋めたと言われています。
この時の土管の内径がたまたま4.25インチ(108㎜)だったのが今でも基準となっているという説があります。真相の程は分かりませんが・・・
トム モリス
現在、ルールで定められている「ホール」の直径は4.25インチ(108㎜)、深さは少なくとも4.0インチ(101.6㎜)以上でなければいけません。
ホールカップをはめ込む場合、カップは少なくとも1.0インチ(25.4㎜)以上、パッティンググリーン面よりも下に沈めなければなりません。

テレビの中継を見ると、ホールの上が、グリーンの面まで白く見えています。
これは地表面から1.0インチ以上深く沈められたホールカップの上にふちが崩れないように「カラー」というカバーをつけているのです。
カップのカバー

ホールの損傷に対するルール

コース管理では、ホールの位置替え作業を毎日行っています。
理由は、ホールのふちの芝が痛むからです。
直径たった4.25インチですから、ボールをホールから取り出すときに気を抜いていると、つい手の甲がホールのふちに当たって崩れます。だから毎日切り替える必要があるのです。
ホールの切り替え
ゴルフルールでは、パットする前に、あきらなボールマークによる損傷か、もしくはホールの規定寸法が著しく変わっている損傷でなければ、ホールの修理をすることはできないとあります(規則16-1a)。
ホールの肩崩れ程度では、パットをする前に修復することはできません。
何気なくホールのふちを手で修復すると、規則16-1a「パットの線のテスト」違反となり、2打の罰を受けることもあります。
カップのフチを直す
プレーヤーの皆様には、ホールのふちを傷つけないように、また規則に違反してホールのふちを修復しないように、ぜひ気を付けてくださいね。
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

日頃、ゴルフルールに疎くて処置に困っていたことが理解できた!

今までにゴルフレッスンを受けたことがなく、ゴルフのプレー...

W.T
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ