コラム

 公開日: 2015-04-23  最終更新日: 2016-05-23

超“スロープレー”のゴルフ・チャンピオン

ルールで罰則もある“スロープレー”

「ゴルフマナーの中で最も要注意なのは何?」と聞かれると、一番に思い浮かぶのが“スロープレー”。
プリンシパル(原理原則)で有名な白洲次郎さんもゴルフにおいては「プレーファスト」を大切にし、理事や理事長を歴任していた軽井沢ゴルフ倶楽部でプレーペースの遅い組を見ると、「さっさといけ!」と怒鳴ることが度々あったそうです。
白洲次郎さん
私のような下手な人間ほど、自信がないから素振りが多くなり、アドレスに時間が掛かり、パットにも時間が掛かります。右へ左へ飛んでいくボールまでの移動時間も上手な人より間違いなく掛かります。
しかし、“スロープレー”は下手なプレーヤーだけの問題ではなく、一流のプロゴルファーでも、試合でたびたび遅延プレーの問題が取り沙汰されています。
スローペース
“スロープレー”は、後続の組など他のゴルファーに迷惑がかかるということが問題です。前を行く組に付いて適切に進んでいくことがゴルフの大切なエチケットとなっており、またゴルフルールにおいても厳しく制限され、規則6-7「不当の遅延」という項に“スロープレー“の基準と罰則が明記されています。

『優雅」はいいけど・・・ちょー迷惑な全米オープン・チャンピオン

そんな“スロープレー”についての罰則がなかった今から80年以上前、“スロープレー”が原因となって、試合に出場することができなくなった全米オープン・チャンピオンがいました。

その名は、シリル・ウォーカー(1892 –1948)。

PGAツアーで通算6勝、1924年の全米オープン(オークランドヒルCC)で、ボビー・ジョーンズを破って優勝し一躍有名になった人です。
シリル・ウォーカー
ボビーが1923年につぐ連覇を逸したのは、シリルの超がつくほどの“スロープレー”が原因だったといわれ、周りのゴルファーたちには『あいつは存在そのものが悪い冗談だ。“歩く人”(ウォーカー)ではなくて“這いずる人”(クローラー)だ!』と言われていました。

1930年のロサンゼルス・オープン(リビエラCC)、シリルはいつも通りのペースでプレーしていました。
ふと立ち止まったかと思うと土手に咲く花を摘んでその香りを嗅ぎ、青空に浮かぶ雲を仰ぎ見てはしばしたたずむという、人から見ると間違いなく“超スロープレー”。他の選手が3時間でプレーするところを、シリルは4、5時間も掛けていました。

2日目にはそれがさらに顕著になり、セカンド・ショットを打つ前の儀式も然りで、いちいちグリーンまでのろのろ歩いて行ってチェックし、またぶらぶらと引き返してくる。
ボールを打つ時にはクラブを手に取って、素振りを何度も繰り返し、やっとスタンスを決めたかと思いきや、また仕切り直し・・・ということを繰り返した後、同伴競技者とギャラリーが欠伸をするころにようやくボールを打っていました。

もちろんシリルの後ろは大渋滞、いくら競技委員が急かしてもいっこうにペースを速める気配がありません。
6番ホールまで来て、「もっと早くプレーしないと失格にするぞ!」と警告を受けても、シリルは競技委員を見据えて、「私は全米オープンのチャンピオン、シリル・ウォーカーだ! このトーナメントのためにはるばる英国からやってきた。私は自分のプレーペースを守っているに過ぎない!」と言ってのけました。

彼が失格になったのは、それから3ホール後、1時間以上掛かってようやくたどり着いた9番ホール。
失格の理由は「遅延プレー」ということでした。

「バカな!何を基準に“遅い”と言うのか。私にとっては、プレーの早い者こそ目障りで迷惑だ!人にはそれぞれ生まれつきのペースがあるってことを知らないのか!」と競技委員を罵倒して悠々とプレーを続け、グリーンへ向かいました。

「あなたはもはや失格している。他のプレーヤーの妨げになるので、即刻ここから退場願いたい。」と競技委員が警告しても、シリルは一笑に付してなおもプレーを続けようとしました。
やむを得ず競技委員はシリルをコースから排除するために2人の警官を連れてきて、彼の両腕を抱え込みました。
シリルは、顔を真っ赤にしてわめきちらし、足を振り上げて抵抗すしましたが、結局コースから連れ出されました。
それまでの彼のスローな動きに比べると、まるで早回しのフィルムを見ているようだったそうです。

クラブハウスへ連行された後も、シリルは「お前たちは悪魔の使いだ!地獄へ落ちるがいい。私がどんな罪を犯したというのだ!」とわめき続けました。

この事件後、誰もが、この“スロー・ウォーカー”と一緒にラウンドすることはおろか、彼の後に付くことも嫌うようになりました。
そのため、同伴競技者なしにキャディーと2人だけでプレーさせるという手段も取られましたが、それも一度きりで、大方の試合においてシリル・ウォーカーはコースから排除される運命となりました。
Cyril Walker
“スロープレーヤー”の一番大きな問題は、ご自身に自覚がないこと。
「空いているから、今日はゆっくりのんびり時間を掛けてプレーしよう!」ということでは、ダメなんです。
空いていようが、込み合っていようが、『いつでも同じ適切なペースで、なおかつゴルフコースの雄大な景色も楽しみながら、ゴルフプレーを楽しむ』ということが大切なんですね。

みんなに「遅いから、あの人とは一緒にプレーしたくない!」と言われる前に、自分のプレーペースが適切かどうかを客観的に見てみることをオススメします。


■参考文献
「生きがいはゴルだけ」ブルース・ナッス&アラン・ズーロ著山崎雄介訳:二見書房
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
『なぜ、ゴルフ場でジーパンはNGなのか? ~もう迷わない。ゴルフ場での服装選び』
amazon 電子書籍本の販売ページはこちら(kindle版)
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

12

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

日頃、ゴルフルールに疎くて処置に困っていたことが理解できた!

今までにゴルフレッスンを受けたことがなく、ゴルフのプレー...

W.T
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ