コラム

 公開日: 2015-04-26 

その名も『Club-Throwing Tournament(クラブ投げトーナメント)』

ゴルフマナーについて、様々な書籍からネタを探していたところ、前代未聞のトーナメントが1936年アメリカのアトランタで開催されていたという内容を目にしました。
そのトーナメントについて、他の書籍や資料やインターネットなどで、他にも記述があるかどうかを探したのですが、全くみつからず、本当に開催されたかどうかは何とも言えませんが、紹介したいと思います。

1936年開催「クラブ投げトーナメント」

ゴルフのエチケットマナーやペナルティーと全く無縁、厳しい掟など全部きれいサッパリ忘れて、思い思いのフォームで自由奔放にクラブを放り投げる、その名も『Club-Throwing Tournament(クラブ投げトーナメント)』が、1936年アトランタにあるドルイド・ヒルズ・ゴルフクラブで催されました。

この破天荒なトーナメントは、当時クラブの所属プロだったハリー・スティーブンスによって発案されたものでした。
『荒れ狂うゴルファーへの戒めのためにも、クラブを投げるという行為がいかに不恰好かを知ってもらう競技をやりたい』という想いから開催実現へとつながったそうです。
トミー・ボルト投げ
こうしてバカバカしいトーナメントが大真面目に開かれることになりました。
そんなスティーブンスの想いをよそに、試合当日には、60人以上ものプロ・アマ問わぬ腕に自慢?の選手たちが特設ティーに集合しました。
この大会の噂を聞きつけたクラブ・メンバーやゴルフ場従業員などの野次馬が大勢詰めかけて、ティーの周りはマスターズを思わす盛況ぶりだったそうです。

どのクラブが一番飛んだ?

ところが、いざ本番となるとなかなか思うようにクラブが飛びません。
最初、選手たちは一応にドライバーを手にしていましたが、あれこれ試してみるうち、アイアンの方がウッドより遠くに飛ぶこと、さらにはパターの方がもっと遠くに飛ぶことが分かってきました。
クラブ投げ
槍投げ、ハンマー投げ、ブーメランといろんな投げ方が試されましたが、ぐるぐる回転させてパっと手を放すのが一番距離を稼げることも分かりましたが、ただし方向性が悪く、クラブハウスのベランダまで飛ばした選手もいたそうです。

競技の結果

さまざまな競技の結果、【高さの部】では、ピッチングウェッジが高さ25mの木の上5mまで舞い上がったジュリアス・ヒューズ氏が優勝しました。
【距離の部】では、右利きのランドルフ・チンマーマン氏が61ヤードも飛ばして優勝しました。【方向性の部】なんていうのもあって、フィリップ・エスリッジ氏が8番アイアンを50ヤード先のピンそば2メートルにからませる正確さを見せました。

【フォームの部】においては、ジェシー・ドレイパー氏にかなう者はなく、当時の新聞記事は「ドレイパー氏は特設ティーに上がるやいなや、いきなり甲高い奇声を発し、膝でクラブを折り曲げた。そしてインディアンの闘いの踊りのように円を描くように跳ねまわり、さらにフレッド・アステアのような軽やかなステップで曲がったクラブを女性にみたててダンスした。それから地面にペタリと膝まずき、クラブを前に置いてイスラム教のような祈りを捧げた。
そしておもむろに立ち上がり、ハンマー投げスタイルで体を回しながら、金切り声を発してクラブを投げ飛ばした。飛距離は20ヤード足らずだったが、フィニッシュは片足を上げて両手を水平に広げバランスを取っていた」と書かれていました。

授賞式の最後で、開催者のスティーブンスは参加者たちに挨拶をしました。

「これだけ見事にクラブを飛ばすからには、さぞかし日頃から鍛錬なさっていることでしょう。しかし、この大会を機に「ゲーム中にクラブを放り投げる」という愚行が消滅することを願います」と言って締めくくりました。
タイガー投げ
この後、この“愚行”が消滅したという話はありません。
そればかりか、2014年の全英OP・全米プロの覇者もこの“愚行”をしたばかり。
マキロイ投げ
いっそもう一度、そして世界規模で『World Club-Throwing Tournament(世界クラブ投げトーナメント)』を開催してもいいかもしれませんね。
もちろんエチケットマナー啓蒙の主旨を明確にした上で。

■参考文献
「生きがいはゴルフだけ」ブルース・ナッシュ&アラン・ズーロ著 山崎雄介訳:二見書房
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

知っていると思っていたのに、実は間違っていることが多かった!

マナーやルールは自分が知っていることとは大きく違い、間違...

T.T
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ