コラム

2015-05-11

バットとスコップとレーキで、スターと勝負した“逃亡者”ゴルファー

ミステリアス・モンタギュー」という名の本にもなったゴルフにまつわる嘘のようなホントの話をご紹介。
バット・レーキ・スコップ
主人公は、1930年代から40年代にかけてアメリカを代表するトップスターのビング・クロスビーとジョン・“ミステリアス”・モンタギューの2人。
そして舞台は、1924年にオープンしたロサンゼルス・ハリウッドのすぐ北側に位置するレイクサイド・ゴルフクラブ。ハリウッドスターやセレブがこぞって通ったゴルフクラブです。

アメリカの戦前戦後のトップスター ビング・クロスビー(Bing Crosby)

ビング・クロスビーは、1930年代に歌手としてトップスターの地位を確立し、その後映画にも進出して生涯で57本の映画に出演したハリウッドスター。アカデミー主演男優賞も受賞しています。
歌手としても13曲の全米No.1ヒット(『ビルボード』誌)を持ち、「ホワイト・クリスマス」や「星にスイング」、「サイレント・ナイト」などの数々のヒット曲を世に出し「クリスマスソングの王様」とも呼ばれました。
生涯のレコード売上は4億枚を超える超ビッグスターでした!!
ビング・クロスビー
そんなクロスビーは『ゴルフ愛好者』としても知られ、生前には自らの名前を冠したプロゴルフトーナメント『ビング・クロスビー・プロアマ』を創設し、自ら主催したほどでした。彼の死後は名称を変え、『AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ』となって現在も開催されています。

有名なテレビドラマ「刑事コロンボ」は、当初コロンボ役をピーター・フォークではなくクロスビーを予定していたそうですが、「ゴルフができなくなる」という理由で断ったという逸話が残っているほどのゴルフ好きでした。
ビングクロスビーのプレー

謎のクラブチャンピオン ジョン・“ミステリアス”・モンタギュー

もう一人の主人公、ジョン・“ミステリアス”・モンタギューは、レイクサイド・ゴルフクラブで、1934~1935年のクラブ・チャンピオンとなったゴルファーです。彼は、大きなヘッドで普通の2倍ある重量の特大ドライバーを軽々と振り回し300ヤード以上のショットを飛ばすことで有名でした。

モンタギューは“ミステリアス(謎の男)”と呼ばれ、自分の過去については一切語らず、経歴らしい経歴もなく、写真を撮られることを極度に嫌ったことから、こう呼ばれるようになりました。

かつてレイクサイドのコースレコードをあわや塗り替えそうになったとき、自分の名が公にさらされるのを恐れ、18番ホールでボールをつかみあげてしまったこともあるほどでした。

クロスビー vs モンタギューの奇妙なゴルフ対決

1937年、そんな正体不明の“ミステリアス”モンタギューがその名と技を世に知らしめてしまう事件が起きます。
あるきっかけでビング・クロスビーとラウンドすることになり、モンタギューはスコアで上回ってしまいました。

同じレイクサイド・ゴルフクラブで1936年から1943年の間に5度もクラブ・チャンピオンに輝くハンディ“0”のクロスビーは、腹の虫が収まりません。

ラウンド後、レイクサイドのバーでクロスビーはモンタギューに言い訳がましく言いました。
「クラブの具合が悪くてね。どれも古くて、ガタがきちまってる」

「クラブのせいだって?そんなものは関係ないね。要は腕さ!俺は(ベースボールの)バットとスコップと(バンカーの)レーキだけでも、あんたと充分戦えるぜ!」

「きつい冗談だな」
「冗談なもんか。本気だぜ」
「本気?おもしろい、やろうじゃないか!」

かくして、その場の成り行きから、この奇妙な勝負が実現されることになりました。

バットとスコップとレーキでガチ勝負!

舞台はレイクサイド・ゴルフクラブの10番ホールパー4。
1ホールに5ドル賭けることで両者合意したのち、クロスビーはガタのきたクラブを握り、モンタギューはバットを手にして、ティーショットすることに。

驚いたことに、モンタギューの打ったボールはなんと350ヤードもぶっ飛びました。しかし、不運にもグリーン手前のバンカーへ転がり込んでしまいました。
バットで打つモンタギュー
いっぽうクロスビーは、ティーショットを210ヤード飛ばして、手堅くフェアウェイをキープ。そして続く第2打もガタのきた7番アイアンで、ピンそば4メートルにつける見事なショットを打ちました。

モンタギューは、さっそくピンチに追い込まれました。
モンタギューは、スコップを手にバンカーの中へ入っていきます。
クロスビーと取り巻きのギャラリーがニヤニヤしながら見つめています。

モンタギューはスコップを両手で持ちながらアドレスを決めると、ゆったりとしたスイングでボールを宙に跳ね上げました。すると信じられないことにボールはグリーンに乗り、するするとピンに向かって転がっていきました。
そして、ホールの1.5メートル手前にピタリと止まりました。

「まさか・・・」とクロスビーは、動揺しながら先にパット。
ボールはカップを外して10センチほどオーバー。バーディーを取ることができませんでした。

「いただきだな」
それを見たモンタギューは、レーキのパターを小脇に抱えこんでアドレスし、こつんと打ったボールは見事カップに沈み、バーディーを取ってしまいました。

「さて次のホールに行こうか、クロスビーさん」
クロスビーは白旗を掲げました。
「参った。もういいよ、十分に楽しませてもらったから」

これが“スーパースター”と“謎の男”の歴史に残る名勝負でした。

“逃亡者ゴルファー”だったモンタギュー

話しは、まだここからです。

このトップスターとの名勝負の記事が、全米で発行されているニュース誌の『TIME(タイム)』に掲載されました。ゴルフコース内の茂みに隠れていたカメラマンによって撮られたモンタギューの写真が全米で公開されたのです。

この記事を見たニューヨーク州警察は、ジョン・モンタギューが7年前の1930年に起こったレストラン強盗事件でお尋ね者となっているラバーン・ムーアではないかと疑い、ロサンゼルス警察の協力を得て捜査を始めました。

すぐにモンタギューは逮捕され、警察の取り調べで、「自分はニューヨークのシラキュースから来たラバーン・ムーアである」と認める供述をし、起訴されることになりました。
逮捕されたモンタギュー
ジョン・“ミステリアス”・モンタギューは、ニューヨーク州の商工業都市シラキュースで生まれ、ラバーン・ムーアと名づけられました。
子供の頃から体を鍛え、ベースボール、サッカー、バスケットボール、スキー、水泳、ゴルフなど、あらゆるスポーツに秀でていました。その中でも、地元で特に彼を有名にしたのがゴルフだったのです。

モンタギューは、裁判のためにニューヨークに送還されました。
全米でも大きな注目を浴びることになったこの裁判では、モンタギューがすでに有名人の地位にあったことと、ハリウッド・セレブの仲間たちが大勢支援してくれたこと、そして高額で最高の弁護士を雇うことができたおかげで、その年の内に『無罪』を勝ち取ることができました。傍聴していた大勢のギャラリーから歓声があがったそうです。

それでいいのか?という思いもありますが、なにはともあれ“ミステリアス”モンタギューは、晴れて“フリーマン”モンタギューとなったのです。

その後、正式にラバーン・ムーアからジョン・モンタギューに改名し、ウィルソンスポーツのスポンサーを得て、ハワイや日本、フィリピンにもエキジビションでプレーに訪れています。しかし、モンタギューのプレーや戦績で、その後世間の話題に上ることはありませんでした。
結局、モンタギューはトップスターと“逃亡者ゴルファー”の「バットとスコップとレーキ」でのゴルフ名勝負というエピソード以外、ゴルフの歴史に名を残すことはなかったということです。

■参考文献とサイト
「生きがいはゴルフだけ」ブルース・ナッシュ&アラン・ズーロ著、山崎雄介訳:二見書房
「FORGOTTEN NEWSMAKERS」

*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
『なぜ、ゴルフ場でジーパンはNGなのか? ~もう迷わない。ゴルフ場での服装選び』
amazon 電子書籍本の販売ページはこちら(kindle版)
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

もっと多くの人が参加し、ゴルフマナーやルールを知ることが大事と思った!

初めて、ゴルフマナーやルールを知る機会となり、とても良か...

K.A
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ