コラム

 公開日: 2015-05-14  最終更新日: 2015-12-08

「試合に出させて!!」~遅刻してスタート前に競技失格のエピソード

セベ・バレステロスが遅刻で失格!

アメリカ・ニュージャージー州にあるバルタスロール・ゴルフクラブにて開催された1980年の全米オープンは優勝が帝王ジャック・ニクラウス、そして日本の青木功が2位という大健闘を魅せた試合。今でも「バルタスロールの死闘」として語り継がれています。

この大会の2日目に事件が起きました。
この年の4月に開催されたマスターズで優勝したスペインのセベ・バレステロスがスタート時刻に遅れて競技失格となりました。

セベのスタート時刻は10時45分。
宿泊先のホテルを出るとき、すでに時間がない状況だったにもかかわらず、さらに交通渋滞に巻き込まれ、コースに到着したときはスタート時刻の直前!
急いでロッカールームに駆け込んでスパイクシューズをわしづかみにしてスタートティーに向かいました。

しかし、1番ホールのティーインググラウンドに到着したときには、同伴競技者のヘイル・アーウィンとマーク・オメーラの2人はすでに2打目を打ち終えてグリーンに向かって歩いているところでした。

「どうかプレーをさせてくれ」
とスタート係の競技委員に掛けあいましたが聞き入れてもらえず、「競技失格」の罰を受けました。
セベバレステロス

ゴルフルールにスタートの遅刻を優遇する注釈がつく

当時、全米オープンの主催団体であるUSGA(米国ゴルフ協会)は、競技ルールにもローカルルールにもスタートの遅刻に対する優遇処置について、何も決められていませんでした。

しかし、「同伴競技者全員が2打目を打ち終える前にプレーできる状態でスタート地点に到着したプレーヤーには、競技失格とはせずに、最初のホールに2罰打を科した上でスタートを許す」ということを慣例としていました。
セベはこの特別の計らいにも間に合わなかったということです。

この一件があって、1984年のゴルフ規則改定時に、規則6-3(スタート時刻)において、注釈で「委員会は、プレーヤーが自分のスタート時刻後5分以内にプレーできる状態でスタート地点に到着した時、遅刻の罰を競技失格とはせずに、マッチプレーでは最初のホールの負け、ストロークプレーでは最初のホールで2罰打とすると、競技条件の中で決めておくことができる。」という規定が追加されました。

この場合の「プレーできる状態」とは、1本のクラブと1個の球を持ってさえいれば、特にゴルフシューズを履いていなくても、またゴルフ用の服装をしていなくても、その条件を満たしていることになるそうです。

全英アマで起こった遅刻で失格殴打事件

その4年後の1988年、今度はイギリスでスタート時刻違反が起こります。
この時は「競技失格殴打事件」となってしまいました。

米国カンザスシティーのアマチュア選手、フレッド・ローランドさんは1988年の全英アマ選手権に出場するため4500マイルかなたの英国ウェールズへ飛びました。

フレッドさんは、仕事のあと毎日ウルフクリーク・ゴルフリンクスに通いつめ、熱心に練習を重ね、このクラブでは何度もクラブ・チャンピオンに輝いているカンザスシティーでは有名なアマチュア選手。
全米アマ選手権でも際立った活躍を見せた49歳のフレッドさんは自信に満ち溢れていました。

満を持してフレッドさんは、ウェールズの全英アマ開催地ロイヤルポースコール・ゴルフクラブへやってきました。
ロイヤルポースコールゴルフクラブ
当日は天候が悪く、雨と強風が吹き荒れていました。
彼は武者ぶるいを覚えつつ、雨の中1時間もティーインググラウンドでスタートを待っていました。
横殴りの雨に傘も役に立たず、ズボンはずぶ濡れになってしまいました。

彼は着替えるために移動式トイレへ向かいました。
やがてレインウェアを着込んで1番ティーに戻ってくると、競技委員長のマイケル・リース卿が近づいてきました。

「ローランドさん、さきほど名前を呼んだのですが、おられませんでしたね」
「ええ、ちょっと・・・」

彼はわずか1分の遅れでペナルティーが課せられるのかと悔やみました。
「じゃ、2ペナで始めます」
「いえ、失格です」

いきなり心臓を鷲づかみされたような気がし、膝ががくがくと震えだしました。

たった1分・・・着替えている間の遅刻なのに・・・失格・・・

「待ってください・・・私は遠いアメリカから・・・それもカンザスシティーという辺境なところからやってきたんだ。どんな重いペナルティーでも受けるから、試合にだけは出させてくれ!」
「分かっています。あなたがアメリカ人であることを考慮して、私たちは2度もあなたの名を呼びました。本来は1度しか呼ばないところを。」

フレッドさんは凍りついたように嵐の中、茫然と立ち尽くしました。

たたみかけるようにリース卿は言いました。
「失格は失格です」
返す言葉もなく、気が付いた時には、手が出てしまっていました。

「ついカッとなってね。アメリカ人の醜態をさらしにわざわざウェールズまで行ったようなものだ」

当時の全英アマでは競技規則に「5分以内」の優遇制度は採用されていなかったのです。

現在のルールでは、上記ルールの「競技条件の中で決めておくことができる」という注釈がなくなっているので、スタート時刻の5分以内にティーインググラウンドに到着していれば、失格となることはありません。
フレッド・ローランド
その後のフレッド・ローランドさんはというと、実は、現在でもシニアの競技で活躍されています。
これまでにカンザスシティーのアマチュア選手権では、あらゆるタイトルを取られています。

そして75歳を超えた今でも毎日ウルフクリーク・ゴルフリンクスに通って、競技に出場しながらゴルフを楽しんでいるそうです。

ローランドさんの現況を知ってホッとしました。
やっぱりゴルフの魅力に一度憑りつかれた人は、そう簡単にはキライになれないようですね。

■参考文献
「マイク青木のゴルフルール事件簿」マイク青木著:日経ビジネス文庫
「生きがいはゴルフだけ」ブルース・ナッシュ&アラン・ズーロ著、山崎雄介訳:二見書房
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

知っていると思っていたのに、実は間違っていることが多かった!

マナーやルールは自分が知っていることとは大きく違い、間違...

T.T
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ