コラム

 公開日: 2015-05-23 

日米首脳はゴルフ好き

日本の首相の休日はゴルフ三昧

現在の日本のリーダー安倍晋三首相は、ゴルフが趣味。
2011年には、有馬カンツリー倶楽部も加盟している社団法人日本ゴルフ場事業協会(現一般社団法人日本ゴルフ場経営者協会【NGK】)の理事長にも就任されていました。
安倍首相
今年のGWは、アメリカ訪問を前半に終えて、5月4日から山梨県の別荘で3日続けてのゴルフだったそうです。
昨年の広島土砂災害の報告後もゴルフをしていたなど、安倍首相のゴルフに関するニュースは、あまり良い印象には映らないようです。えひめ丸事故時、ゴルフをしていて対応を非難され辞任に追い込まれた首相もいらっしゃいましたね。
それでも、せっかくの休日ゴルフ。しっかり英気を養って、より良い方向にリーダーシップを発揮してください。

アメリカのオバマ大統領もゴルフが大好きとのことです。
2013年にオバマ大統領が訪日した際、日本のクラブ職人である山田透さんが造った削り出しのパター、いわゆる『山田パター』を所望し、それを安倍首相がオバマ大統領に送った話は大きな話題となりました。
山田パター
『日米の首脳がゴルフでつながっている』というのは、ゴルフに携わる人間にとっては心地いいものです。

アメリカの大統領もゴルフ三昧

しかし、世間の目は好意的なものではありません。
アメリカでもオバマ大統領のゴルフ三昧ぶりが、米メディアに書き立てられています。
オバマ大統領
オバマ大統領の任期は2017年1月まで、来年の次期大統領選挙の話題が日増しに多くなっています。
アメリカ国外では、「IS」やシリア内戦などの中東問題、経済では、日本との溝が埋まらないTPP交渉の問題や中国主導に日本とともに難色を示すAIIB問題など、また国内では黒人への警官発砲事件、先日の列車事故など内外に問題が山積しています。

にもかかわらず・・・
ネットニュースなどでは、「オバマ大統領は、就任2期目の2013年に46回、2014年には56回ゴルフをしている。1期目よりも激増している。ゴルフの数が増えるのと反比例して仕事に対する情熱が失せているのではないか」と切り捨てられています。

1月3日付のニューヨーク・タイムズ紙では「オバマのゴルフ・ルール」という記事を掲載。「ビル・クリントン元大統領のようにインチキはせず、ルールに従ってプレー。ゴルフのプレー中は政治の話は一切しない。ミスショットしても笑い飛ばす度量もある」と報じています。

ゴルフ・ダイジェスト誌は2009年にゴルフ好きの歴代大統領ランキングを行い、1期目就任当時に、オバマ大統領は早々と8位にランクインしていました。

ランキングの上位は、1位ケネディ。2位アイゼンハワー。3位フォード。4位フランクリン・ルーズベルト。5位ジョージ・ブッシュ(父)。6位ジョージ・ブッシュ(息子)。7位クリントン。
オバマ大統領が、さらのいゴルフにのめり込めば、歴代ゴルフ好き大統領のランク1位になってもおかしくないところです。

終盤は政治もゴルフも頑張りどころ!

今年5月14日から17日まで行われていたPGAツアーのウェルズファーゴ選手権の舞台「クエイル・ホロー・クラブ」(ノースカロライナ州)の16番から18番までの3ホールは、通称“THE GREEN MILE(グリーンマイル)”と呼ばれ、PGAツアーでも最も難しい『上がり3ホール』と呼ばれています。
グリーンンマイル
勝利の美酒に酔うにはこの“グリーンマイル”攻略がカギとなっていて、解説者が、「選手泣かせです。純粋に難度だけなら、クエイル・ホロー・クラブの『上がり3ホール』ほど恐怖を抱く場所はありません」と振り返っていました。
そんな中、”グリーンマイル”を物ともせず、3日目にコースレコードの「61」というとんでもないスコアを叩きだし、トタール「-21」で2位に7打も話してぶっちぎりの優勝をしたロリー・マキロイ選手。
さすがです。
マキロイ選手
ゴール手前は厳しいもの。しかし、そこを乗り越えることによって良いことが待っているんですね。オバマ大統領も、任期の最後まであきらめずに頑張ってくださいね!
ゴルフとともに!

■参考出典ZAKZAK:
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150108/frn1501081140002-n1.htm
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

日頃、ゴルフルールに疎くて処置に困っていたことが理解できた!

今までにゴルフレッスンを受けたことがなく、ゴルフのプレー...

W.T
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ