コラム

 公開日: 2015-05-26 

1938年に1度だけ開催。大騒動の108ホールズ・オープン

4日間108ホールズのマラソン競技

1938年9月の第3週に、この年に開催されたPGA主催競技で、総額13,500ドルという最も賞金額の大きな競技が行われました。
ニューヨークのフェンウェイ・ゴルフクラブで開催された、その名も「ウェストチェスター 108ホールズ・オープン」。
当時のゴルフ・スターが参加し、前半の2日間は18ホールずつ、後半の2日間は36ホールずつプレーするという108ホールズの合計スコアでの勝負。
参加者のひとりでPGAツアー11連勝のギネス記録を持つバイロン・ネルソンは「マラソンのようだった」と後日語ったほど過酷な勝負でした。
108ホールゲーム
当時のトッププレーヤーが集まったこの大会で優勝したのは、有名なサム・スニード。
前例のないトータル430ストロークでの優勝でした。
この大会が行われたフェンウェイ・ゴルフクラブは、サム·スニードやバイロン·ネルソンには「最高のグリーン」と賞賛され、トミー·アーマーには「アメリカで最高のコースの一つ」とまで称賛された名ゴルフコースです。

そんな素晴らしいゴルフコースで行われた、このマラソン・ゲームには、事実かどうか定かではありませんが、とんでもない話が付いていました。

前代未聞のゴルフ狂騒曲

競技の主催者側は、この初めて行われるマラソン・ゲームを観戦する物好きなギャラリーはせいぜい2千人程度と踏んでいました。しかし、入場料が安かったこともあり、最終日には1万人以上のファンが押しかけてきました。
想定外の状況にゴルフ場は大混乱。入場ゲートには人波が押し寄せ、フェンスをなぎ倒し、ギャラリーがコースになだれ込む事態となりました。
サムスニード
そんな中、サム・スニードは最終18番ホールで ビリー・バークに1打差をつけてトップに立っていました。
優勝を目前にしたスニードの周りをギャラリーが取り囲みます。
競技関係者や警官たちが、その人波を押し戻そうと懸命になっている中でプレーしなければいけませんでした。
「人に囲まれて、ろくにスイングもできなかったよ」とスニードは語っています。

スニードの第3打は、グリーン手前40ヤード地点。
すでにグリーンの周りには何層にも広がった黒山の人だかり。
「いったいどこに打てというんだ」
スニードは近くにいる警官にたずねましたが、警官はそれどころではありません。一部暴徒化したギャラリーを鎮めるのに大わらわでした。
サムスニード
こんな状況にもかかわらず、スニードの8番アイアンによるアプローチ・ショットはギャラリーの頭上をきれいな弧を描いてグリーンをとらえ、ボールはピンの近くまで寄っていきました。そして、慎重にラインを読んで、6ラウンドのトータル430打目のパットを見事に沈めました。
この直後、スニードは優勝したことをすぐに後悔する羽目に合います。
ギャラリーが囲む
パットを沈めた瞬間、グリーンへなだれこんできたギャラリーにスニードはもみくちゃにされ、スニードがカップからボールを拾う間もなく、優勝ボールの奪い合いが始まりました。
グリーン上は大混乱!「足を蹴られた!」という怒号や「わたしのバッグがないわ!」などという悲鳴まじりの叫び声が飛び交いました。

そんな惨状を見ていたスニードも群集の餌食に。
「私を見つけた誰かが大声で『チャンピオンだぞ!』とわめくと、いっせいにみんな飛びついてきた。背骨や首の骨が折れそうなほど、ギュウギュウ押さえつけられ、全身を叩かれ、挙句の果てに胴上げされて肩にかつぎあげられたよ」

救いを求めるスニードの叫び声は喧噪にかき消されました。餓えた狼の集団のようにファンはスニードのシャツや靴までも脱がして奪い取ろうとしました。かつぎあげられた状態ではとうてい逃げ出すことができない。必死で周囲を見渡すと、すぐそばに石垣があり、その向こう側は安全圏に思えました。そこで彼は人の上を這うようにして乗り越え、必死の思いで脱出しました。
「あのときばかりは、負けた方が良かったんじゃないかと思ったよ」と後日、スニードは語ったそうです。
サムスニード
そして、この「108ホールズ・オープン」は1938年の1回限りとなりました。

■参考文献
「生きがいはゴルフだけ」ブルース・ナッシュ&アラン・ズーロ著、山崎雄介訳:二見書房
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

知っていると思っていたのに、実は間違っていることが多かった!

マナーやルールは自分が知っていることとは大きく違い、間違...

T.T
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ