コラム

2015-06-07

ゴルフの特別ルール『マリガン』と『ビリガン』

ティーショットの打ち直しOK!「マリガン」

アメリカではプライベートなラウンドに限り、スタートホールのティーショットが気に入らなかったら、もう1回「打ち直し」を認めるという慣例があります。これを「マリガン(mulligan)」といいます。
マリガン
いつでも何回でも「打ち直し」ができるというわけではありません。
ハーフごとに1回、最初のホールのティーショットに限り適用されるというのが一般的です。いうまでもなく、このようなプライベートルールの適用には、同伴プレーヤー全員の同意が必要です。
そうじゃないと「何、勝手なことやってんだー!!」と喧嘩になってしまいます。

「マリガン」の由来に関しては、USGA(全米ゴルフ協会)のホームページにも書かれていますが、その中でも色々と説があるようです。

その中で広く受け入れられているのは、1920年代のカナダ・モントリオールのセント・ランバートCCのデイビッド・マリガン氏の名前を由来とする説です。マリガン氏は、カナダ及びニューヨークで手広くホテルを経営していました(マリガン氏が医師と言う説もある)。

このマリガン氏による一番目の説は、或る日、マリガン氏がロングドライブを打つものの真っ直ぐ飛ばなかったので、衝動的に打ち直した。あまりにも素晴らしい当たりだったので、マリガン氏は「打ち直したボールを正式なショットにする」と言ったので、友人がこれを「マリガン」と命名したという説がひとつ。

二番目の説は、マリガン氏がいつもスタート時間のギリギリにやってきて、急いでティーショットを打って、それが必ずミスショットとなっていました。これを見て可哀想に思った友人たちが、「マリガン!もう一球打ちなよ」と言って、「プライベートルール」にしたのが始まりではないかという説です。

その他にもUSGAでは説を載せています。
本家アメリカのゴルフ総本山USGAの見解でさえ、これだけ諸説あり、今となってはどれが真実かは分かりません。
しかし、この特別ルールは、あっという間にアメリカ中に広がっていきました。

「マリガン」はプライベートルール

アメリカのゴルフコースには、”マリガン禁止”と書いてある所もあります。それほど、「マリガン」は一般に普及しており、またプレーペースの問題にもつながっているということです。
NO マリガン
日本では「マリガン」は一般的ではありませんが、同様の特別ルールがあります。
「ティショットがOBの場合、特設ティから前進4打でもプレーできる」という「特設ティーによる前進4打ルール」です。

初心者にとって、スタートホールのティーショットの重圧は相当なもの。それを救ってくれるのが「マリガン」ということですね。
同じように「前進4打」の看板をみて、「ああ助かった」という初心者ゴルファーも少なくないでしょう。
しかし「マリガン」は「プライベートルール」、前進4打は「ローカルルール」という、共に本来のゴルフルールからは逸脱している特別ルールだということを理解しておきましょう。
プライベートルールとは、ゼネラルゴルフルールとは全く関係なく、ゴルフ場がコース状態にあわせたローカルルールとも違う、プレーヤーたち自身で決めたグループのルール。それこそ「英語禁止ホール」と同じレベルです。

「ビリガン」

元アメリカ大統領のビル・クリントンは、最も「マリガン」を駆使したプレーヤーと言われています。またゴルフのスコアの信憑性について、ビル・クリントンほど疑われた大統領はかつて例がありません。
ビリガン
大統領在任中に「80を切った!」と言ったが、アメリカのゴルファーの多くからブーイングを浴びました。
クリントンのゴルフは、「マリガン」が当然で打ち直します。それも「マリガン」と言えるほどはっきりと宣言するわけでもなく、巧妙に何発も打ち直します。その結果、どのボールがインプレーのボールだったか分からなくなり、一番良い位置にあるボールをインプレーのボールとしてプレーを続けるのです。もはやクリントン自身が発明したと言ってもいい打ち直し方でした。これにより、ビル・クリントンの「マリガン」は「ビリガン」と呼ばれて軽蔑されていたといいます。

ビル・クリントン元大統領は語ります・・・
ビル・クリントン
「私のマリガンは大袈裟に言われ過ぎだよ……いいかい、マリガンを使えばゴルフがうまくなるんだ。マリガンを使っていなかったら自分の実力がほとんど出せていなかったことに気付いて、きっと驚くよ。」

■参考文献
「大統領のゴルフ」ドン・ヴァン・ナッタjr.著/春 具・吉田晋治:NHK出版
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

もっと多くの人が参加し、ゴルフマナーやルールを知ることが大事と思った!

初めて、ゴルフマナーやルールを知る機会となり、とても良か...

K.A
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ