コラム

 公開日: 2015-06-23 

ホンダの創業者は、F1マシンでもゴルフクラブでも探究心が半端じゃない!

できるかできんかオレにはわかんねぇけど、オレはやりてぇよ!

1986年から1991年にかけて、F1では、ウィリアムズやマクラーレンがホンダ・エンジンを載せ、アイルトン・セナ、アラン・プロスト、ネルソン・ピケなどの最高のドライバーを要して勝利を欲しいままにしていました。当時、世界最強といわれたホンダ・エンジン、この原点となる映像がこの度見つかりました。
本田さん
2015年6月9日の朝日新聞、「ホンダF1の原点ここに 第1号マシンの秘蔵映像発見」という見出しが躍りました。
自動車レースの最高峰F1に参戦するため、ホンダが初めて製作した第1号マシン「RA270」のテスト走行の秘蔵映像が、半世紀を経て見つかったのです。
映像RA270ホンダ
1964年2月、三重県の鈴鹿サーキット。
ゴールドに塗られた「RA270」、その運転席を興味深そうにのぞき込む創業者の本田宗一郎さん(1906~91)の様子も映っており、約2分の映像の内容となっています。
映像を見ると、会社を挙げたプロジェクトだったことがうかがえ、世界一に挑む高揚感を伝える貴重な資料です。
「RA270」はすでに分解されて現存していないため、当時を伝える貴重な映像となっています。
RA270
1964年当時のホンダは、二輪レースではすでに世界を制した技術力がありました。しかし、四輪ではまだまだ「新参者」。
それでも本田さんは、

 「できるかできんかオレにはわかんねぇけど、オレはやりてぇよ!」

といって、本田さんは四輪でも『世界一』になると大見えを切ったそうです。夢のような冒険をするのがホンダなんだと、世界中の若者たちへ宣言しました。
86年優勝
そして、この初参戦から22年後の1986年、ホンダは初めてF1レースで世界王者となりました。

本田仕様のカスタマイズで、オシャカにシタクラブは400本越え!

常に大きな夢に向かって研究を怠らなかった本田さんは、ゴルフクラブについても研究熱心でした。当時、ドライバーはパーシモンが全盛期で、新しい商品が発売されるとすぐに購入して試し、ソールを削ったり、鉛のウェイトを貼ったりして自分仕様にアレンジしていたと、一緒にプレーした早瀬氏は著書の「偉人たちのゴルフ」で書いています。

「ボクがオシャカにしたクラブは400本を越えるかな。気に入るまで改造をやめなかいから、メーカーも泣いているだろうな」と本田さんは言っていたそうです。

トゥ部分を切り落として、フェースが小さくなり、明らかにルール違反となったクラブを指摘されると、「ルールは変えるためにある。クラブヘッドが大き過ぎると、空気抵抗でヘッドスピードが落ち、飛距離が出なくなる。空気抵抗が少なければ、ヘッドスピードも上がる。うちのバイクと同じだよ」と笑って反論していたそうです。

本田さんのゴルフは、「アイデア発明のゴルフ」で、プレーをしながら、クラブやグリップ、シャフト、ヘッドの形などの新しいアイデアを次々に口に出して喋っていて、同伴プレーヤーは非常におもしろがっていたそうです。
「小型テープレーコーダーをポケットにいれて録音すれば、特許を取って億万長者になっていたかもしれない」と早瀬氏も著書の中で後悔しています。

また本田さんには、植物の水彩画を描くという趣味があったようで、ゴルフのときにはスケッチブックを携帯していて、変わった植物を目にすると、すぐに鉛筆でスケッチしていたそうです。
手書きスケッチ
「これは一種の病気だね。前の組がつかえていると腹が立つから、スケッチして気持ちを抑えるんだ。前の組のホールアウトに気付かないほど熱中して、キャディーに注意されたこともあったよ」ですって。

スロープレーに腹が立つのは誰も同じですが、その時の気持ちの対処法は、さすがホンダの創始者は粋ですね。
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

こんなにいいコースでレッスンができて、とても感激しました!

ゴルフマナーなど不安に思っていることや、普段は聞けない話...

M.T
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ