コラム

 公開日: 2015-07-06  最終更新日: 2015-11-06

昭和6年当時における「ゴルフの服装」についての考え方

国会図書館デジタルコレクションはいい!

今から80年以上も前の満州事変が始まった1931年(昭和6年)、目黒書店から発行された著者白石 多士良さんの「正しいゴルフ」という本を国立国会図書館のデジタルコレクションで見つけました。
国会図書館
国立国会図書館のデジタルコレクションとは、国立国会図書館に所蔵されている書物をインターネットで自由に閲覧することができるサービスです。

すごいですね。
国会図書館の全ての書籍を見ることができるわけではありませんが、それでもこのように昔の書物をインターネットで自由に見ることができるなんて、素晴らしい時代になったと思います。

昭和6年発行「正しいゴルフ」にある「ゴルフの服装」とは

この「正しいゴルフ」の中で、「ゴルフの服装」という項があります。以下にこの項の全文を掲載します。
ぜひご一読いただきたいと思います。
正しいゴルフ
興味深い内容で、昔も現代と同じように機能性を重視して服装が変遷していったことが書かれています。冒頭から「半ズボン」「ニッカボッカ」と出てきますが、当時の「半ズボン」とは「ニッカボッカ」のことを指していると思います。まさか現代のような「ショートパンツ」を戦前からはいてゴルフをしていたということはないと思うので。

また「国際競技でアメリカ人が上着を脱いで、半ズボンをはいて勝ち続けた」とあります。「ショートパンツ」は、今のPGA、USGAなど男性の競技でははくことが禁止されています。やはり、この「半ズボン」は「ニッカボッカ」のことだと思われます。球聖ボビー・ジョーンズなどの当時の「半ズボン」の写真は、全て「ニッカボッカ」なので間違いないと思います。
ニッカボッカ
ただし競技の勝敗を大きく左右したのは、「上着着用の有無」だと思います。もしも、ズボンの長さが勝敗に左右していたのであれば、今でも「ニッカボッカ」でプレーするプロゴルファーが多いはずですから。

*****************************************
◎ゴルフの服装
ゴルフの服装と云えば所謂(いわゆる)ゴルフスーツと云われる軽快なる半ズボンとニッカボッカでそれにハデなネクタイを付けなければならぬ様に思われるが、之にも色々面白い歴史がある。

半ズボンにセーター1枚でゴルフをやりだしたのは亜米利加(アメリカ)人である。ゴルフの本家である英国人は長ズボンでゴルフコースに出ても、決して上着を脱がずにプレーをして居たものである。
ところが亜米利加人は、何でも新しい事を試みるので、長ズボンよりも半ズボンの方がゴルフの運動に都合よく、上着はゴルフスイングに邪魔であると云う所から、構わず新しい服装で英吉利(イギリス)に乗り込んだのである。そうして遂に国際競技で亜米利加が勝ち続けたので、英国人も長年脱がなかった上着を脱ぎ、長いズボンを半ズボンに履き替えるようになったのである。

ゴルフの服装にもこう云う歴史があるので、何もゴルフをするからハデな服装をしなければならぬという理屈はない。ただ運動に便宜な服装であれば宜いのである。

勿論忙しい仕事を忘れて、清遊する為に出掛けるのであるから、綺麗な芝生、心持のよいクラブハウスに合うような明るい服装をして、その周囲にあうようにするのは洵(まこと)に愉快なものである。しかしゴルフをやる時には必ず半ズボンでなければならぬと云う理由は以上の歴史から推してもないのである。

理想として、運動に自由のきく楽な服装が宜い。お互いに遊びに行くのであるから人に不快な感を起こさない程度に清楚なものであることは必要である。

但しトーナメントはよほどの暴風雨でなければ中止しないから常に雨具の用意を要する。
その為にゴム布で作ったズボンや上着を用意する必要もある。
しかし或人はゴム布の上着は中がムレて不愉快だから普通の服装でプレーして、そのかわり後で風邪を引かぬように着替えを全部用意する人もある。

また冬はレザーのコートを着る人もあるがしかし初心者はゴルフを始められる時は何もそれまで初めから用意する必要はない。だんだん技術が進めば雨も風も厭わず(いとわず)にやりだす時が必ず来る。その時に次第にこれらの服装が揃えば宜しいのである。
*****************************************

以上です。

「周囲に不快な思いをさせない服装」というエチケットは昔も同じ

ニッカボッカ
「理想として、運動に自由のきく楽な服装が宜い。お互いに遊びに行くのであるから人に不快な感を起こさない程度に清楚なものであることは必要である。」
この一文は現代のも通じるところです。「機能性を重視しつつ、周囲の人に不快な思いをさせない服装をしましょう。それがゴルフのエチケットです。」ということですね。

レインウェアも今ほど高機能ではないので、梅雨や夏などは蒸し暑くて、ゴルフどころではなかったのでしょうね。こういうところから、ゴルフ場のロッカーで着替えるという習慣が根付いていったのかもしれません。
雨合羽
面白いのは、初心者に厳しいというか、反対に優しいというかよく分からない独特の表現方法。とりあえず天気のいい日にゴルフを学べ。上手くなればゴルフが楽しくて雨風も気にせずゴルフがしたくなる、そうなってから服装も揃えなさいというところでしょうか。

***************************
現代から当時を想像するのも面白いのですが、当時の人の言葉や感情が生で分かる本は、もっと面白いですね。
これから違う本も探してみます。

国会図書館のデジタルコレクションは、国会図書館所蔵のほんの一部の書物に限られています。もちろん国会図書館に行けば、すべて読むことができるのですが、私のように兵庫県にいてはなかなか通うことはできません。
それでも、インターネットで検索して、直接複写サービスで送ってもらうこともできます。
機会があれば、ぜひ利用してみてください。
普段見ることができない宝の山です!

■参考文献
「正しいゴルフ」目黒書店:白石多士良著
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
『なぜ、ゴルフ場でジーパンはNGなのか? ~もう迷わない。ゴルフ場での服装選び』
amazon 電子書籍本の販売ページはこちら(kindle版)
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

もっと多くの人が参加し、ゴルフマナーやルールを知ることが大事と思った!

初めて、ゴルフマナーやルールを知る機会となり、とても良か...

K.A
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ