コラム

2015-12-14

有馬CC理事大迫たつ子プロ 日本プロゴルフ殿堂入り!!

2015年12月14日(月)17時から東京・世界貿易センタービルのコンファレンスセンターにて「第4回日本プロゴルフ殿堂入り」の発表記者会が開催され、有馬カンツリー倶楽部の所属で常務理事の大迫たつ子プロが顕彰されることとなりました!
有馬での大迫プロ

日本プロゴルフ殿堂とは

2010年、日本のプロゴルフの発展に大きな貢献した方々の功績を永久に讃え、顕彰するために日本プロゴルフ協会、日本女子プロゴルフ協会、日本ゴルフツアー機構のプロゴルフ3団体が結集し、日本プロゴルフ殿堂が誕生しました。
日本プロゴルフ殿堂
2012年に始められ、過去第1回から第3回まで計18 人(うち女性3人、特別賞1人)の、輝かしい実績をもつ方々が顕彰されました。
そして第4回の今年度に大迫たつ子プロ、他2名が顕彰されることとなりました。

大迫たつ子プロの実績(LPGAサイトより)

・生涯獲得賞金 25位¥481,617,385
・優勝回数 LPGAツアー 45回 国内対象外   6回
・賞金女王 3回
・永久シード権獲得(全6人)  
・各賞受賞 '94日本プロスポーツ功労賞 '91LPGA敢闘賞

・出身地  宮崎県西諸県郡
・入会期  1971年11月1日8期生
・ゴルフ歴 15歳~
・師弟関係 古賀春之輔
・現在所属 有馬カンツリー倶楽部(常務理事)

大迫たつ子プロの現役時代

中学卒業後、兵庫県の宝塚ゴルフ倶楽部に就職。
その時はプロになることなど考えていませんでしたが、薦める人があって、仕事の合間にゴルフを覚えていきました。

19歳でプロテストに合格。
小柄ながら持ち前の頑張りで徐々に頭角をあらわしていきます。
大迫プロバンカーショット
ツアーでは、デビューした翌年の1972年には、賞金ランキングで20位に入るなどの快進撃。さらに調子を上げて、1974年からは何度も勝利を重ねていき、トッププロの一人になっていきました。

1977年は樋口久子プロの10連覇をストップさせたということで、ゴルフの歴史において外せない選手となり、そのときに初めての賞金女王にもなりました。

さらに1980年、またしても樋口久子プロの連覇を止めて賞金女王に輝きます。往年のゴルフファンにとっては、この2人の因縁というものを興味深く見ていた記憶もあるところではないでしょうか。
優勝大迫プロ
1987年はト阿玉プロの6連覇を止めての賞金女王ということで、まるで連覇を止めるために女王になるような印象もありました。

さらにランキングでは常に上位をキープしていて、メジャーの日本女子プロ4勝、日本女子オープン2勝、通算で45勝という大記録を打ち立てました。
攻撃的なゴルフは、同年代の岡本綾子プロとも比較され、天才・岡本綾子プロ、努力・大迫たつ子プロと言われ、人気、実力を二分しました。

そして1993年、股関節の故障によって現役続行が不可能となり、永久シード権を持っているため「引退」という形で22年間の現役生活にピリオドを打ちました。

現在の華やかな女子ゴルフ界を形作った立役者で、今もなおその名勝負が語り継がれるゴルファーのひとりです。

引退後、そして有馬CCで常務理事に就任

1994年に第一線を退いた後は、LPGAの理事や後進の指導に当たり、2009年2月には当倶楽部の常務理事に就任されました。
以後週4回以上常勤していただくこととなり、コース改造の監修やキャディーの研修指導、会員及びプレーヤーのゴルフ指導を行っています。

■有馬カンツリー倶楽部での貢献
・女性を中心としたレッスン会の開催
・プレー前のワンポイントレッスンなどの個別技術指導
・会員への入会斡旋
・新設レディースティやバックティの監修
・コースの戦略性を高めるための植樹やハザードの監修
・キャディー研修
大迫プロレッスン
理事として倶楽部に貢献しようとする姿、ポーターをはじめ従業員に気さくに接する人柄、そして厳しくも愛情を持った視点でコースやキャディーの指導に当たるという大迫たつ子プロは、有馬カンツリー倶楽部にとって、とても大切な、そして無くてはならない存在となっています。

*******************
大迫たつ子プロには、この度の日本プロゴルフ殿堂入りに際しまして、心よりお祝い申し上げます。
とともに大迫プロの顕彰にご尽力いただきました関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
代表取締役 谷 光高

*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
『なぜ、ゴルフ場でジーパンはNGなのか? ~もう迷わない。ゴルフ場での服装選び』
amazon 電子書籍本の販売ページはこちら(kindle版)
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

知っていると思っていたのに、実は間違っていることが多かった!

マナーやルールは自分が知っていることとは大きく違い、間違...

T.T
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ