コラム

2016-02-03

グリーン上でのエチケット違反に250ドルの罰金

「瞬間湯沸かし器」トミー・ボルト

トミー・ボルト(Tommy Bolt, 1916年- 2008年)は、アメリカ・オクラホマ州出身のプロゴルファー。1950年代から1960年代にかけてアメリカPGAツアーで活躍しました。
PGAツアー15勝、シニアツアー3勝、1958年には42歳にして全米オープンで優勝しました。
全米優勝トミーボルト
トッププロゴルファーのトミー・ボルトですが、ひとたび失敗すると瞬時に逆上する短気ぶりから、“瞬間湯沸かし器”“サンダーボルト”と称され、短気なボルトの悪癖がちょくちょく問題視されました。
ミスショットの度に彼のクラブは地面に叩きつけられ、林に投げ込まれ、時には池に沈められもしました。

1953年にラスベガスで開催された「トーナメント・オブ・チャンピオンシップ」では、「彼の成績に関係なく、ラウンド終了後に何本のクラブが残っているか」という賭けが公募されたのも、彼のクラブ破壊癖を物語るエピソードの1つです。
この賭けのあったラウンドで、彼のクラブは奇跡的に14本とも生き残ったということです。

緊張感で静まり返ったグリーン上で大放屁

このようなトミー・ボルトの粗暴な振舞いは1959年の「メンフィス・インビテーショナル・オープン」でも遺憾なく発揮されました。

グリーンに上がったボルトは、同伴競技者のパッティングを静かに見つめていました。
ギャラリーたちもシーンと声をひそめて観戦しています。

そのとき、ボルトは息詰まる沈黙を破って、ニックネームの“サンダーボルト”にふさわしい行為・・・

『大放屁』をしでかしました。
遠慮して音なしで風に流そうとはせず、はでな爆発音を放ったのでした。
放屁爆発

一瞬の沈黙ののち観衆はどっと笑いました。
しかし、誰一人として歓迎しているわけではありませんでした。

「不謹慎だ!胸がムカついてきた」とパートナーの一人が言うと、ギャラリーの中からも、それに同調して批判する声が上がり、競技委員に不快を訴える人がいるほど、大勢の人が気分を害していました。

ルールにはないが、罰金制裁!

ボルトの友人であり選手会長のボブ・ロズバーグの耳にもその訴えが届いたとき、彼は何らかの処置を取らざるを得ないと判断しました。
放屁についてのルールがあるわけではありませんが、ロズバーグは前年の全米チャンピオンであるボルトにあえて罰金を科すことにしました。

ホールアウト後、ロズバーグはボルトを捕まえて真顔で聞きました。
「トム、君とは良い友人だ。しかし私は選手会長として、君が本当にグリーン上で屁をしたかどうか問いただしておきたい。実際のところどうなんだ?」

「ああ、確かにしたとも。いけなかったかい?」
ボルトはいささかも悪びれずに答えた。

「いいか、トム、人がパッティングしてる最中に大きな音を立てて屁をするもんじゃない!スポーツマンたるものフェアプレーを心掛けるべきだ。そこで、君には罰金を科すことにした」
トミーボルト
「そんな馬鹿な!故意じゃないんだ!」
ボルトは懸命に抵抗を試みた。
「単なる自然現象じゃないか!そんな些細なことにまでルールを設けようってのか?じゃ、音無しならいいのか? ゲップも欠伸もだめなのか?」

結局、ボルトはブツブツ言いながらも罰金250ドルを支払いました。
「あの当時としては最も大きな額の罰金だったよ」と後にロズバーグは言いました。

自然現象にも配慮を


この裁定について、被告人トミー・ボルトは、その後も無罪を訴え続けました。
「悪気があってやったんじゃない。ほんの些細なことじゃないか・・・・」

その後、トミー・ボルトはシニアツアーでも活躍して、すっかり名誉も回復。
2002年には世界ゴルフ殿堂の「ベテラン部門」に選出され、86歳にして殿堂入りを果たし、2008年8月30日、アーカンソー州ベイツビルにて92歳でこの世を去りました。
トミーボルト
自然現象であっても、注意して音はなるべく控えめにしましょうね。

◆参考文献
「生きがいはゴルフだけ」ブルース・ナッシュ、アラン・ズーロ著、山崎雄介訳:二見書房

*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
『なぜ、ゴルフ場でジーパンはNGなのか? ~もう迷わない。ゴルフ場での服装選び』
amazon 電子書籍本の販売ページはこちら(kindle版)
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

日頃、ゴルフルールに疎くて処置に困っていたことが理解できた!

今までにゴルフレッスンを受けたことがなく、ゴルフのプレー...

W.T
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ