コラム

 公開日: 2016-07-21  最終更新日: 2016-11-03

ボールマークをキレイに直せますか?

グリーンフォークが苦手でして・・・

ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリーンフォーク。
みなさんは、これを使って本当にうまく直せていますか?

私はグリーンフォークでの修復が昔から苦手です。
コース管理で作業していたころからグリーンフォークだけではうまく直すことができませんでした。
グリーンフォークが苦手
ボールがグリーンに落ちた衝撃で、グリーン表面が凹みボールマークとなります。
ベント芝の場合、この衝撃を受けた患部の芝はほとんど枯れてしまいます。
芝の回復はというと周囲から元気な芝が伸びてきて患部をふさぐまで待たなければなりません。

グリーンフォークで周囲を寄せて修復するといっても、患部を平らにして固めるだけの修復ですので、芝の回復を促すための行為ではありません。
また無理に寄せると、芝生の根をブチブチッ!と切ってしまうことも多々あります。
どんなにキレイに平らに直したとしても、決して芝の回復を早めるわけではないのです。
ボールマークから藻類やコケ
固結した患部は膜を張ったようになって水や空気を遮断し、その膜に藻類やコケが繁殖したりもします。コケが繁殖するととても厄介です。

面倒でも患部を抜き取って修復

だから、私がグリーンフォークで修復するときは、患部の芝生をタイン(エアレーション時にコアを抜く爪)で抜き取り、その抜き取った穴に乾燥砂を入れながら、グリーンフォークで患部の周囲を少しずつ寄せていきます。その時、芝の根を切らないように無理に大きく寄せず、少しずつ中央に寄せながら、外側に何重もの輪をつくるようにして直していました。とても面倒でしたが、そうしないと修復した気になれませんでした。
タインで抜いて直す
一時的に平らにすることはできますが、芝の回復まで考えると、グリーンフォークでの修復はとても難しいと思います。
ゴルフ場やコース管理によっては、お客様が帰られた後に従業員で修復するから、「プレー中は直さないで!」というところもあるようです。

簡単に直せるなら、みんな直してくれるはず!!

ゴルフ規則第1章「エチケット」にも明記されているように、ボールマークの修復はプレーヤーの義務です。
これをゴルフ場の従業員が代わって修復することが当たり前になるような風潮は間違っているように思います。
自分がつくったボールマークをプレーヤーがすべて修復していたら、いつでもキレイなグリーンを維持できるはずです。

誰でも簡単に正しく直すことができれば何も問題ないはずです。
結局、グリーンフォークで正しく修復することを難しい!分からない!面倒臭い!と感じていませんか?

だから修復しないプレーヤーが多いのではないでしょうか?
だからグリーンフォークの使い方が分からない初心者プレーヤーが多くなってきているのではないでしょうか?

そう思うようになり、「誰でも簡単に修復できる方法がないか?」、「グリーンフォークに変わるものはないか?」とずっと探していました。
そして、ようやく出会ったのが、“抜き差しだけで直す”という方法です。

「抜き差し」だけで簡単に修復!

ボールマークの患部にスティック型の修復ツールを何度も差し込んで、患部をほぐして修復するという方法です。水の浸透、空気の通りなどを遮断することなく新たな芽が出やすい環境をつくりながら修復します。
「これはすごい!」「画期的だ!」と思いました。

決して芝の根を切ることもありません。
患部が固結することもありません。
圧倒的に芝の回復が早くなるのです。

学者じゃないので、なぜ、凹んだ患部が抜き差しするだけで平らになるのかを説明することはできません。でも確かに複数回抜き差しすれば平らになって修復できるのです。

そういったことからディボットスティックをつくりました。
ディボットスティックで修復
別にディボットスティックでなくても、円形状の長いツールであれば何でも大丈夫です。
同じスティック型のステンレス製の修復ツールもあります。また少し細いのですがロングティーでも構いません。

後続のプレーヤーのために!
そして明日、来週、来月プレーする人のために!
芝にやさしい方法でボールマークを直すこともエチケットです。
すべてのプレーヤーが自分のボールマークを修復すればいつでもキレイなグリーンです!!
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
『なぜ、ゴルフ場でジーパンはNGなのか? ~もう迷わない。ゴルフ場での服装選び』
amazon 電子書籍本の販売ページはこちら(kindle版)
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

もっと多くの人が参加し、ゴルフマナーやルールを知ることが大事と思った!

初めて、ゴルフマナーやルールを知る機会となり、とても良か...

K.A
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

ゴルフのスコアを聞くより、ホールアウトしたときの第一声は「楽しかった?」と聞いてあげて!
イメージ

 夢を託すなら15歳までにゴルフを始めさせる 「ゴルフは、いつ始めても遅すぎることはない」という言葉がある...

[ ゴルファーとしての心得とマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ