コラム

 公開日: 2018-07-12 

覚えておいて損はないゴルフマナー スルー・ザ・グリーン&ハザード編

前回、ティーインググラウンド編を掲載しました

TEE表紙
→覚えておいて損はないゴルフマナー ティーインググラウンド編

その前には、パッティンググリーン編を掲載しました

表紙
→覚えておいて損はないゴルフマナー パッティンググリーン編

先週は西日本の広い範囲で大雨が続きました。有馬カンツリー倶楽部でもカート道路の陥没やコース外で土砂崩れがあったりしました。その他にも、バンカーの砂が流れてしまい、流水跡には赤土の地肌が見えているところもたくさんありました。雨水と一緒に流されてきた葉っぱや芝カスが排水溝にあふれ、コース内に流れ出たりしました。

プレースタートするまでにすべてを完璧に復旧できればいいのですが、なかなかそうもいきません。バンカーの流水跡で砂がないところにボールが止まってしまったりすることがあります。そんなときの処置は???

バンカー内の水溜まりは、カジュアル・ウオータ内のボールである事から、バンカー内で無罰の救済を受けることが出来ますが、バンカー内にできた流水跡は、原則としてゴルフ規則での『 異常なグラウンド状態』には 該当せず 救済の対象にならないと覚えておきましょう。

ただし、すぐに修復できない著しい流水跡がたくさんあるような場合、 コース側があらかじめ修理地にしておいたり、競技委員会などの判断によって流水跡は 異常なグラウンド状態とするローカルルールを制定したりすることもあります。

例)「バンカー内の流水跡にある球および触れている球は、同じバンカー内に、無罰でホールに近づくことなく1クラブレングス以内にドロップすることができる。」

例のようなローカルルールが張り出されている場合があるので、スタート前に掲示板やマスター室で確認するようにしましょう。ルールはマナー同様に知っておくと自信をもってプレーができます。「こんなときはどうするのかな?」「こんな感じで間違っていないかな?」と思いながらプレーしても楽しくないですからね。

まずはゴルフ規則を持つようにしましょう。2019年に大幅改正されるのでなおさらです。そして最低限必要な知識はあらかじめ身に付けておくようにしましょう。あとは実践で正しい対処法を学んでいきましょう。他人からのアドバイスだけでなく、ゴルフ規則で確認をしてください。間違っている場合も多々ありますからね。

今回はスルーザグリーン&ハザード編



3回目の今回は、スルーザグリーンとハザードでのゴルフマナー編を掲載します。

スルーザグリーンとは、プレー中のホールのティーインググラウンドとパッティンググリーン、そしてコース内のハザードを除いたすべての場所のことです。ハザードとは、バンカーとウォーターハザードをいう。ウォーターハザードには、ラテラルやカジュアルも含まれています。

2019年1月1日からは、ゴルフ規則の改正によってネーミングが変わります。
・スルー・ザ・グリーン → ジェネラルエリア  
・ウォーターハザード → ペナルティエリア
ペナルティエリアは、ウォーターハザードの水域だけでなく、委員会が1打の罰で救済を認めたい区域に設定することができます。例えば、ブッシュや崖、雑木林などをペナルティエリアとして設定できます。

新ルールからは、ティーイングエリア、パッティンググリーン、ジェネラルエリア、ペナルティエリア、バンカーという5つのコースエリアに分けられるようになることから、ハザードという名称はなくなります。名称だけでなく、ルールも一部改正されますが、ここでは現行ルールに則ってご紹介したいと思います。

このエリアでのマナーは、パッティンググリーンほど多くはありませんが、安全に対する配慮や同伴者や他の組への配慮など、とても気配りが大切なエリアといえます。一日楽しくゴルフをするために大切な最初の場所が、ティーインググラウンドです。ぜひ、共有してください。









このほかにも、注意すべきことや知っておいた方が楽しくゴルフができることなどがまだまだあると思います。「こんなこともあるよ!」や「こんなことがあったよ!」など、お気付きの点がありましたら、ぜひお知らせください。

*******************************
参考文献:「ピーターたちのゴルフマナー」鈴木康之著
鈴木様にはこのマナー集の作成に際し、監修をしていただきました。こころより感謝申し上げます。
*******************************
有馬カンツリー倶楽部及び今回のマナー集へのご意見やお問合せは
TEL:079-565-2111
Mail:sinarima@gmail.com
お気軽にお問合せください。
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を動画で毎日更新中!
ぜひご覧ください。
Facebook: 「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
『なぜ、ゴルフ場でジーパンはNGなのか? ~もう迷わない。ゴルフ場での服装選び』
amazon 電子書籍本の販売ページはこちら(kindle版)
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************

この記事を書いたプロ

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部) [ホームページ]

マナー講師 谷光高

兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL:079-565-2111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

まずはゴルフの楽しさを体感してほしい(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年創設の歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からも近く、行き届いたコース管理や充実した練習場、丁寧な接客が評価されてきました。専属プロ及び倶楽部理事として、一時代を築き上げた大迫たつ子プロを迎...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

マナー向上に取り組みながら初心者がゴルフ好きになるよう活動

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

もっと多くの人が参加し、ゴルフマナーやルールを知ることが大事と思った!

初めて、ゴルフマナーやルールを知る機会となり、とても良か...

K.A
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
覚えておいて損はないゴルフマナー ティーインググラウンド編
イメージ

 前回、パッティンググリーン編を掲載しました →覚えておいて損はないゴルフマナー パッティンググリーン編...

[ ゴルファーとしての心得とマナー ]

覚えておいて損はないゴルフマナー パッティンググリーン編
イメージ

 男子プロのゴルフマナー問題が大きく話題に 日本ゴルフツアー機構(JGTO)は2018年6月27日、定例理事会を...

[ ゴルファーとしての心得とマナー ]

ゴルフ場ではじめてプレーした感想(大学生アンケート結果から)
イメージ

 大学ゴルフ授業『Gちゃれ』 有馬カンツリー倶楽部では、【新しいゴルファーを作ろう計画】を実行しています。...

[ ゴルフを始める人を応援します ]

学生が「自分のスキルアップにゴルフが有用!」と考える理由。
イメージ

 大学のゴルフ授業は人気! 多くの大学の体育授業に「ゴルフ」が取り入れられています。それも施設が充実し...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

洗濯おけと洗濯物を保護するゴルフ規則
イメージ

 コース内に広げて干していた洗濯物 その昔、セント・アンドルーズの町の主婦や娘さんたちは、コースを横切る...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ