>   >   >   >   >   >  怪我や病気を未然に予防するゴルフマナー

コラム一覧 :怪我や病気を未然に予防するゴルフマナー

1件~15件(19件)

過去の15件

ゴルフでのどが渇いたら、まずビールはダメ!

イメージ

 ラウンド中に「ビールで水分を補った!」は大きな間違い 夏の暑い日、ゴルフでたくさん汗をかいてくると、のどが渇いてキンキンに冷えたビールが飲みたくなりますよね。「これに勝る幸せはない!」という人も多いと思います。ハーフラウンドを終えて、レストランの席に着き「生中~」とオ... 続きを読む

怪我や病気を未然に予防するゴルフマナー

2015-11-05

骨の老化防止にゴルフが最適!

イメージ

日焼け止めクリーム、帽子、日傘、手袋、サングラス…。バッチリ紫外線対策をしている女性の姿は、もはや夏の風物詩となっています。また、ゴルフにおいても熱中症予防も含め、男女問わず、万全の紫外線対策をしてプレーされている方が多くなってきました。昔の小学生は、夏休みにどれだけ日... 続きを読む

怪我や病気を未然に予防するゴルフマナー

2015-10-13

見栄と言い訳の不健康なゴルフは控えめに。。。

イメージ

 「どれくらい飛ばすの?」と聞かれたら・・・ ゴルフの話しをしていて、人から「ドライバーはどれくらい飛ぶの?」と聞かれたらなんて答えますか?そんな時、今までで最も飛んだ『最長飛距離』を答えたりしませんか?「キャリーで280ヤード飛ばしたことがあります」とか「ベスト... 続きを読む

怪我や病気を未然に予防するゴルフマナー

2015-10-10

絶好のゴルフシーズン!この時期が、からだの危険信号!!

イメージ

 無防備になる季節は危ない!! 9月になると朝晩の風もすっかり涼しくなり、スポーツをするには最適な時期です。ゴルフ愛好家にはプレーする機会も増え1年で最も楽しみな季節でしょう。しかし少し気になるデータがあります。ゴルフプレー中に心筋梗塞を起こし、救急車で病院に搬送された... 続きを読む

怪我や病気を未然に予防するゴルフマナー

2015-09-11

ゴルフの紫外線対策は大丈夫?

イメージ

 そもそも「紫外線」って何? 紫外線とは、地球に降り注ぐ太陽光線の一種です。波長の長さによって、UV-A(A紫外線)、UV-B(B紫外線)に分けることができ、この2種類の紫外線を私たちは浴びていることになります。UV-Aは、数年後にしみやしわ、たるみとなって現れる可能性のある紫外線。UV-B... 続きを読む

怪我や病気を未然に予防するゴルフマナー

2015-06-04

恐怖!突如ゴルフコースに現れる巨大な穴『シンクホール』

イメージ

 アメリカのゴルフコースに突如できた『シンクホール』 アメリカミズーリ州ブランソン近くの山の上に“トップ・オブ・ザ・ロック・ゴルフコース”というゴルフ場があります。このゴルフコース内で、2015年5月22日金曜日の早朝5時30分ごろ、巨大な穴『シンクホール』がいくつか見つかりました。... 続きを読む

怪我や病気を未然に予防するゴルフマナー

2015-06-01

突然死を防ぐ救命処置「胸骨圧迫」と『AED』

イメージ

 年間200人ものゴルフ中の突然死 現在、「救命講習」は全国の消防署で頻繁に行われています。また最近では、公共場において『AED(=自動体外息除細動器)』を置いていないところはないでしょう。弊社有馬カンツリー倶楽部ではスタート室に1台あります。救命講習や『AED』は、主に突然に... 続きを読む

怪我や病気を未然に予防するゴルフマナー

2015-03-03

適切なカートの移動と停車位置で安全でスムーズなゴルフプレーを!

イメージ

ラウンド中、ゴルフカートの移動や停車位置に気を配ることは、大変重要です。安全なプレーやスムーズな進行に大きく影響します。リモコン操作のゴルフカート、誰かが運転しなければいけないゴルフカートなどの種類の別なく、動かすタイミングと停車する位置に配慮することがマナーです。 ゴ... 続きを読む

怪我や病気を未然に予防するゴルフマナー

2014-12-21

ゴルフを楽しむために「風邪」から身を守ろう!

イメージ

 風邪対策の基本 厚手のアウターゴルウェア必要と感じる寒い季節。寒さが増して空気が乾燥してくると、途端に流行するのが「風邪」です。IT系企業などをはじめ、最近の職場は大人数がワン・フロアに密集していたりしますので、風邪などの病気の感染もしやすい環境と言えます。さらに社内業務... 続きを読む

怪我や病気を未然に予防するゴルフマナー

2014-12-10

冬ゴルフは、ウイルスによる感染性胃腸炎に注意!!

イメージ

「感染性胃腸炎」は気温が低くなる冬場に流行する代表的な感染症です。特に「ノロウイルス」を原因とする場合、学校や社会福祉施設など集団生活の場で大規模な流行となることもあり、ピークを迎える冬場には注意が必要です。また「ロタウイルス」による感染性胃腸炎も報告されています。*********... 続きを読む

怪我や病気を未然に予防するゴルフマナー

2014-11-23

ゴルフカートの乗車マナー

イメージ

 ゴルフ場での事故 ゴルフ場で起きる事故には様々なタイプのものがあります。事故がひとたび起きれば、楽しいはずのゴルフも 一転してしまいます。大きな事故には ゴルフカートによる事故やゴルフボールが人に当たる事故、その他にも、素振りの時に ゴルフクラブで人に怪我をさせたり、転倒、... 続きを読む

怪我や病気を未然に予防するゴルフマナー

2014-09-18

夏から秋のゴルフは蜂(ハチ)にご注意!

イメージ

自然のなかのゴルフでは、動物や昆虫との遭遇はつきもの。近くで飛んでいるのを見掛けると、ぞっと寒気が走るのが蜂(ハチ)!何といってもスズメバチは恐い。。。スズメバチは、巣への防衛本能が強く、巣や縄張りから10m以内に近づくと警戒行動をとり接近者の周囲を飛び回ります。また凶暴... 続きを読む

怪我や病気を未然に予防するゴルフマナー

2014-08-18

ゴルフの伝統的な掛け声「フォー!!」

イメージ

 危険を知らせるマナーのひとつ 「フォー!!」 よくホールとホールが接近しているコースに行くと隣りから、キャディーの「フォアー!!」という大声が飛んで来ます。何のために叫んでいるのかというと、「打ったボールがそっちに飛んでいくから注意して」ということを知らせるためです。... 続きを読む

怪我や病気を未然に予防するゴルフマナー

2014-08-17

池ポチャ!でも、無理にゴルフボールを拾わないで!

イメージ

ゴルフコースにはハザードとして、ボール入りやすい位置に天然池や人工池が配置されています。コース内の人工池は、水深が浅く、たくさんのボールが見えていて思わず、手を伸ばして取りたくなります。ボールは高価ですからね。暑い夏だから、万が一、池にはまっても大丈夫!なんて、間違っ... 続きを読む

怪我や病気を未然に予防するゴルフマナー

2014-08-15

隣のホールへ打ち込んだ時のゴルフマナー

イメージ

 すかさず「フォー!!」 ショットした打球が大きく曲って隣のホールへ!すかさず「フォー!!」の大きな声を出さなくてはいけません。飛んで行った隣のホールに、人がいるかどうかは関係ありません!とにもかくにも「フォー!!」の大声を出しましょう。隣のホールへ向かう前に、プ... 続きを読む

怪我や病気を未然に予防するゴルフマナー

2014-08-14

1件~15件(19件)

過去の15件

RSS
セミナー・イベント
DIVOT STICK
現在、全15色

■■ボールマーク修復具&ティー『ディボット・スティック』■■2013年10月、ゴルフマナーの基本「ボールマーク修復」のための新しい修復ツールとして「ディボット・ス...

有馬カンツリー倶楽部
18と10

弊社が運営する「有馬カンツリー倶楽部」をご紹介させていただきます。◆立地と交通:好立地で至便性抜群➀中国自動車道・六甲北有料道路の神戸三田ICから3km(約...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 光高(たに・みつたか)さん

ゴルフマナーの向上へ、3本柱を掲げて活動(1/3)

 兵庫県三田市の「有馬カンツリー倶楽部」は、1960年に創設された歴史あるゴルフ場です。大阪や神戸からのアクセスも便利で、広い打ちっ放し練習場やていねいな接客も評価され、ゴルフ誌の「人気急上昇コースランキング」では近畿エリアで3位に選ばれる...

谷光高プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

ゴルフマナーの向上に3本の柱で取り組みます

会社名 : 新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)
住所 : 兵庫県三田市中内神南山841 [地図]
TEL : 079-565-2111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

もっと多くの人が参加し、ゴルフマナーやルールを知ることが大事と思った!

初めて、ゴルフマナーやルールを知る機会となり、とても良か...

K.A
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ボールマークをキレイに直せますか?
イメージ

 グリーンフォークが苦手でして・・・ ボールマークの修復に必要なツールとして長年に渡って君臨してきたグリ...

[ みんなのゴルフコースを大切にするマナー ]

スロープレーの罠にはまっていませんか?
イメージ

「こんなに急いでプレーしているのに、“遅い!”って言われた!」「走っても前の組に追いつかない・・・下手だか...

[ プレー時間を守るゴルフマナー ]

なぜゴルフには、シャツの裾を入れる「タック・イン」規定があるの?
イメージ

 「タック・イン」とは? 1894年のUSGA(全米ゴルフ協会)の設立以降、アメリカ全土にゴルフが広まるにつれ、...

[ ゴルフの服装マナー ]

女子プロゴルファーが試合中に人命救助!
イメージ

ロサンゼルスタイムズにも掲載された実話です。 月曜日の予選会に参加していたメアリープロ 1988年5月16日月...

[ ゴルフの歴史やエピソード ]

グリーン上に残るゴルフシューズの傷跡から見えるもの
イメージ

 今、あなたが最も改正して欲しいルールは? 20年ほど前、アメリカのゴルフ雑誌が約5000人の読者を対象に次の...

[ 社会人に役立てて欲しい「ゴルフの効用」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ