プロTOP:鈴木祥克プロのご紹介

Precious One『かけがえのない機会を』(2/3)

グラントソントンについて話す鈴木さん

変わりつつある税理士の役割とは

 鈴木さんは、事業承継コンサルティングのほかにも、多岐の分野にわたり活躍しています。太陽グラントソントンは、世界130か国以上のネットワークがある国際組織「グラントソントン」の日本における加盟事務所。ワールドワイドに経済活動を行う企業をサポートするため、グローバルネットワークを活用して、クライアントの会計、税務、経営全般にわたって多様なニーズに応えています。「私が税理士業界に入った頃と比較すると、税理士に求められる役割が変化してきている」と鈴木さんは話します。「当時は、税務申告書を作成すること自体が税理士の専門スキルでした。現在は、ソフトウエアの普及により、専門知識を持たない納税者側でも、ある程度申告書が作成できる時代になりました。今後、人工知能(AI)やビッグデータなどの高度なコンピューター技術がさらに進歩すると、人間の行う作業の大部分はそれらに取って代わられる可能性があります。AIが会計帳簿や確定申告書を自動で作成し、ボタン一つで電子申告できるようになる日がやってくるのも、そう遠くはないかもしれません」

 しかし、「コンピューターでは代替不可能な領域がある」と鈴木さんは言います。「税理士業務は、顧客との信頼関係を前提として成り立つものです。『サイフ』の中身は丸裸になりますし、業務の過程で未公表の重要情報を知ることもあります。事業承継に関する問題であれば、プライベートな側面が特に強いため、身内にさえ相談ができないケースもあります。お金や数字だけでは答えられない顧客の『想い』を実現するためのプロフェッショナルとしての提案は、コンピューターに代替できるものではないと考えます」

 顧問税理士は、顧客に対して中立的な第三者としての立場から向き合い、客観的な意見を率直に伝えることができる貴重な存在です。「かけがえのないパートナー」として信頼が置かれる数少ない職業だと言えるでしょう。

<次ページへ続く>

【次ページ】 次世代のプロフェッショナルに「かけがえのない機会」を

鈴木祥克プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

世界水準の監査・税務・コンサルティング業務を提供します。

会社名 : 太陽グラントソントン税理士法人 大阪事務所
住所 : 大阪府大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル25階 [地図]
(受付内線「10」または「11」にてお呼び出しください)
TEL : 06-6359-0002

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6359-0002

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木祥克(すずきよしかつ)

太陽グラントソントン税理士法人 大阪事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ