コラム

 公開日: 2017-05-15 

PDCAサイクルを回すための3つのポイント

本日はPDCAサイクルを回すための3つのポイントをお話します。

最近、人材育成のことでお仕事をいただく機会が増えてきまして、
経営者の

『うちの社員・スタッフに経営感覚を持ってほしい…』

というお悩み解消を行っています。
社員のみなさまに経営感覚を持ってもらうための
トレーニングを実施しているのですが、
やっていることの本質は効果的なPDCAサイクルの回し方です。

PDCAサイクルとは
Plan(計画)
Do(実行)
Check(評価)
Act(改善)
それぞれの頭文字を取ったものですが、
これらをサイクルとして繰り返していくことで
管理業務を円滑に進めるというものです。

計画して、やってみる、やってみた結果を確認して、
さらにいい結果が出るように改善する。
当たり前のことのようですが、意外にできていない企業が多いのも現実です。

なぜ当たり前のことのようで、できていないのでしょうか?

それは次の3つのポイントが抜けていることが多いからです。
その3つのポイントとは…

・行動力
・分析力
・提案力

Doの段階でいかに行動するか
Checkの段階でいかに正確に分析するか
Actの段階でいかに改善案を提案できるか

この3つです。
Planの段階は正直なところ、緩い計画でも
あとから修正すればいいのです。
やってみないことには計画も立てにくいというのが
私の本音です。

3つの中でも行動力と提案力については
インターネットで検索すれば
行動力を高めるための習慣や
アイデアをたくさん出すためのフレームワークなど
いろいろ情報があふれています。

だからこそ勉強家の経営者ほど、
そういった情報を多く収集されています。

ただし、分析力については
専門性の高さから情報が多くても
使えるかどうかは別です。

だからこそなかなか効果的に
PDCAサイクルが回せなくなっているんですね。

しかし専門性が高いとは言っても
最近ではPCが全て分析してくれます。
あとはその結果を正しく判断するだけなんですね。

正しく分析して判断できなければ
当然、改善策も的外れなものになります。

ではまず何から始めればいいかですが、
まずはデータを毎日集めることから始めましょう。

そもそも分析するデータがない、
整理されていないケースが多々見られます。

データは集めて、平均を計算してみるだけでも
傾向が見えたりします。

データは必ず

『数字』

で集めてくださいね。
数字でなければ分析することは難しいです。

例えば天気のデータでしたら
降水量とか風速は数字で集められます。
でも晴れとか曇りはどうすればいいでしょうか?
日照時間という手もありますが、
晴れは1、曇りは2、雨は3というように
番号をつけてしまうのも手です。

数字でデータを集めれば、真実が見えることに近づきます。
ぜひまずは集めるところから始めてみてください。

経営感覚を持った社員の育成や
分析力の強化は『初回相談無料』です。
人材育成にお困りの方はぜひ一度ご連絡ください。
gun.shimizu@gconsul.com

この記事を書いたプロ

群コンサルティングオフィス [ホームページ]

中小企業診断士 清水群

大阪府大阪市福島区玉川2-4-5-408 [地図]
TEL:090-7119-5444

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
清水群

データ分析で業績アップを(1/3)

 オリエンタルランドとユー・エス・ジェイ。清水さんは日本を代表するこの2大テーマパークの運営会社で勤務した経験があります。訪れた人たちに感動を与え、何度も足を運ぶリピーターを獲得しているテーマパークで培ったノウハウをコンサルティングに活用し...

清水群プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

2大テーマパークでの勤務経験を持つ経営コンサルタント

会社名 : 群コンサルティングオフィス
住所 : 大阪府大阪市福島区玉川2-4-5-408 [地図]
TEL : 090-7119-5444

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-7119-5444

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

清水群(しみずぐん)

群コンサルティングオフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
人材育成に必要な7つの技術

こんにちは。2大テーマパーク出身のテーマパークコンサルタントの清水群です。普段、統計を使った経営コンサ...

[ 人材育成 ]

HRテクノロジーの落とし穴

前回のコラムで記載した内容が今朝、情報番組で特集されていました。HRテクノロジーHRはHuman Resourceの略で...

ビッグデータ分析から最適な人材を採用する

本日は統計学をどのように活用するかの第1弾として人事、採用活動への活用方法のお話です。 経営者、人事担...

ビジネスに正解はありますか?

みなさまあけましておめでとうございます。新年最初のコラムはビジネスに正解はあるのかというお話です。...

統計学をビジネスに活用し、営業利益を5%改善する

みなさんはじめまして。 2大テーマパーク出身のID戦略経営アドバイザー清水 群(しみず ぐん)と申しま...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ