プロTOP:桂典子プロのご紹介

「休息の場」と「仕事の場」の二つの機能を兼ね備えた「人生の舞台」が住宅。これを「主婦の目線」で設計します(2/3)

いろんな仕事を経験させてもらったことが、私の支えになりました

初仕事はシステムキッチン付きの単身者用賃貸マンションの設計。女性らしい着眼点が評価され、自信にもなりました

 勝手が分からないままに入った建築の世界でしたが、先輩のベテラン上司の右腕として、完成予想図やインテリアのイメージ図を描くうちに、この仕事の面白さもわかり始め、やがて、建築士の資格も取得しました。「当時は経理事務の仕事もし、使い勝手の良い社員だったようです。いろんな仕事を経験させてもらったことが、私の支えになり、感謝しています。『ものの形には心がある』、これは入社時に師匠から言われた言葉ですが、忘れずに最低4年間は何があっても続けるようにとの教えにも、励まされました」と言います。
 桂さんは初めて一人で任された仕事を今も鮮明に覚えています。1980年ごろに取り組んだ大阪市都島区の6階建てマンションの設計。単身者向けの賃貸物件で、思い描いていたものを設計図にふんだんに取り入れました。しゃれた玄関ホール、台所にシステムキッチン……。特に後者は当時、賃貸マンションでは珍しく、桂さんが「独り暮らしでも、明るく楽しく食事が出来るように」と考えた末の導入でした。それが功を奏し、ある病院が看護師用住宅として、多くの部屋を借り上げるほど好評を得たそうです。「激務に追われる看護婦さんたちの『安らぎの場』として使われたことがうれしく、自信にもなりました」と目を細めます。
 やがて、先輩建築士が次々と引退。95年、「汎美」の名称を引き継いで独立し、事務所を設立しました。仕事は順調で、特に狭小な敷地を有効活用しての集合住宅、バリアフリー仕様住宅の設計は、桂さんの得意分野となりました。

<次ページへ続く>

【次ページ】 住む人の気持ちを想像しながら設計しなくてはならないマンション。基本は「私が住みたい」と思うことです

桂典子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

「主婦の目線」を大切にした建築設計

事務所名 : 汎美設計一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市中央区南船場4-2-18 佐野屋橋ビル608号 [地図]
TEL : 06-6251-0321

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6251-0321

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

桂典子(かつらのりこ)

汎美設計一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

子供たちの成長をきっかけに、マイホーム新築を決断。夢の実現を後押しして貰えました!

リフォームの関係で、以前一度、汎美設計さんにお世話になり...

S・K
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
変形地、狭小地住宅で設計するロフト

 変形地、狭小地でロフトを設置する理由 変形地や狭小地において住宅を建設する上で大きな問題となるのが、い...

[ 狭小地・変形地住宅で家を建てるポイント ]

変形地で余ったスペースの有効活用

 三角形や台形など変形地に家を建てる場合の問題点 家を建てる場合、建ぺい率の関係上、土地のすべてを使って...

[ 狭小地・変形地住宅で家を建てるポイント ]

狭小住宅で3階建てを建てるメリット

 自分の希望を叶えるための3階建て住宅 狭小住宅とは文字通り、狭小地に住宅を建てる訳ですから、横に広がりを...

[ 狭小地・変形地住宅で家を建てるポイント ]

狭小住宅の階段事例

 狭小住宅を広く使うための階段 狭小住宅を少しでも広く使うためには、階段をいかに上手く配置するかがポイン...

[ 狭小地・変形地住宅で家を建てるポイント ]

変形地住宅の間取りの取り方

 変形地住宅においての間取りの重要さ すでに間取りが決まっている分譲住宅であれば問題ありませんが、注文住...

[ 狭小地・変形地住宅で家を建てるポイント ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ