コラム

2016-01-08

長屋を切り離すと耐震強度は落ちる

長屋を切り離すと強度が落ちる理由

例えば、長屋の一部を切り離すことになったとします。解体し建て直す方は問題ありませんが、残った方の一番の問題は強度です。

切り離し残された方の強度がなぜ、問題になるかと言うと理由は大きく2つあります。

まずひとつ目。それは、もともと内壁だった壁が外壁になるからです。内壁と外壁では構造が違うため、そのまま外壁として使うには強度的にさまざまな問題が生じます。

そしてもうひとつの問題は、長屋は切り離すことを前提として作られていません。一棟を一つの家として作られていて、構造的にも全体で強度を得られるようになっていますから、切り離せば当然、強度は落ちてしまいます。

長屋の構造によっては、これら以外の理由がある場合もありますが、一般的には長屋を切り離すと強度が落ちるのは、これらの理由が多いとされています。
そして強度が落ちる以上は、それに適した補強が必要になります。

長屋の耐震補強工事の注意点

まず前提として、長屋を切り離す場合、隣人の承諾と全所有者の3/4以上の承諾が必要です。これは区分所有法で定められていて、具体的な内容は以下の通りです。

第十七条 共用部分の変更
(その形状又は効用の著しい変更を伴わないものを除く)は、区分所有者及び議決権の各四分の三以上の多数による集会の決議で決する。ただし、この区分所有者の定数は、規約でその過半数まで減ずることができる。
2 前項の場合において、共用部分の変更が専有部分の使用に特別の影響を及ぼすべきときは、その専有部分の所有者の承諾を得なければならない。

隣人の承諾を得る際に、建築士による診断や外壁補修を求められれば、法律上、これに応じなければなりません。もちろん上述したように、長屋を切り離せば、その強度は落ちてしまうことがほとんどです。もし万が一のことが起こった場合、隣人の安全が第一ではありますが、耐震補強が十分でない家が隣にあることは、切り離した側にとっても大きなリスクを抱えていることになります。

そういった意味においても長屋を切り離した際には、隣人からの要求の如何に関わらず、状況に応じた耐震補強は必須であると言えます。

耐震以外の補強の必要性

冒頭でも述べたように、長屋を切り離すことにより、内壁が外壁になるということは、地震だけではなく、火事の際には延焼の恐れを防ぐためにも、防火性能や雨水に対する防水性能も持たせる必要があります。

費用負担に関してですが、隣人との協議次第ではあるものの、基本的には全ての補強の負担をする必要はなく、「切り離す前と同程度の状態について費用補償をする。それ以上の費用に関しては隣人が負担する」というのが一般的です。

この記事を書いたプロ

汎美設計一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 桂典子

大阪府大阪市中央区南船場4-2-18 佐野屋橋ビル608号 [地図]
TEL:06-6251-0321

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
桂 典子(かつら のりこ)さん

「休息の場」と「仕事の場」の二つの機能を兼ね備えた「人生の舞台」が住宅。これを「主婦の目線」で設計します(1/3)

 夫婦が新しい家を決める時、妻の意向が重視されることが一般的なようです。夫が家事に専念する家庭も増えていますが、妻のほうが家にいる時間が長く、家事や育児がしやすいことが家選びの重要なポイントになります。大阪・心斎橋で「汎美(はんび)設計一級...

桂典子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

「主婦の目線」を大切にした建築設計

事務所名 : 汎美設計一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市中央区南船場4-2-18 佐野屋橋ビル608号 [地図]
TEL : 06-6251-0321

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6251-0321

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

桂典子(かつらのりこ)

汎美設計一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

子供たちの成長をきっかけに、マイホーム新築を決断。夢の実現を後押しして貰えました!

リフォームの関係で、以前一度、汎美設計さんにお世話になり...

S・K
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
長屋の切り離しでおこるトラブル

 長屋を切り離す際の最初の関門は住人や所有者の承諾を得ること 連棟長屋など、連なった家の一部分を切り離し...

[ 長屋の入居率をあげるための方法 ]

長屋でも耐震補強はできる

 老朽化した長屋を放置すると最悪の事態に 築年数が40年を超えるような老朽化した長屋は、大地震が起きた際の...

[ 長屋の入居率をあげるための方法 ]

老朽化した長屋の耐震補強を忘れると損害賠償

 老朽化した長屋を持つオーナーの最大の課題 地震大国日本において、どこに住んでいようと地震の心配がない場...

[ 長屋の入居率をあげるための方法 ]

補助金を利用した長屋リフォーム 省エネルギー改修工事

 省エネルギー改修工事の概要 省エネルギー改修工事とは、文字通り建物の省エネルギー性能を高める改修工事を...

[ 長屋の入居率をあげるための方法 ]

補助金を利用した長屋リフォーム 耐震改修工事

 ほぼ全国の自治体で行われている耐震改修に対する補助金制度 阪神・淡路大震災では、住宅や建築物の倒壊によ...

[ 長屋の入居率をあげるための方法 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ