コラム

2012-11-30

もっと高い残業代




前々回に、未払い賃金のことを書きました。

その中で、最も高額な未払いが出るケースとして、正社員の場合を書きましたが、これは一般の正社員の例です。

しかし、この中でも、もっと高額になる職階の人がいます。

それは管理職という職階です。

労働基準法では「監督または管理の地位にある者」は、時間外・休憩・休日の規定は適用しないとあります。
これらの人を「管理監督者」といいます。

つまり「管理監督者」なら、いくら時間外になろうが、休日出勤させようが、手当を払わなくても良いということです。

これを知っている、または昔からの慣例で「課長以上の管理職には残業手当は支給しない」としている企業が多数あります。

しかし、この法において「管理監督者」とは、一般的に使われている「管理職」とイコールではありません。まあ「管理職」という言葉の定義も曖昧ですが…。


では「管理監督者」とは、どういう人でしょうか?

条文に、きちんと定義を書いておけば、こんなことにならなかったはずなのに…。

裁判例などからすると、「管理監督者」とは、労働条件の決定や労務管理などで「経営側と一体の立場の人」をいいます。
役員でなければ、課長や部長・支店長・工場長・店長・チーフその他どんな名称を用いようと、名称とは関係がありません。

また、給与の面でも、役職手当などという低い額ではなく、かなり高額(残業手当を払った方が安いほど)の報酬が必要とされています。

それに加えて、出勤時間・休憩時間・休日など時間の裁量権などもあります。中小企業で言えば役員クラスです。

部長であっても、時間の裁量権がなければ、ここに言う「管理監督者」とは言えない場合が多いのです。


これらの点から、世間でいう「管理職」の大部分は、「管理監督者」ではないと思われます。

一時、テレビなどでも取り上げられた大手ファーストフード店の「名ばかり店長」もこれに当たります。


こんな人たちが、時間外労働をしたら、一般社員より給料が高いし労働時間が長いので、割増賃金が高くなるのは当たり前です。

管理職には手当を払っているから大丈夫だ、とは思わない方がよいと思います。

場合によっては、その管理職手当が、割増賃金の算定基礎に含まれるリスクもあるのです。



当社の管理職は、そんなことで文句を言ったりしない、と思っておられるかも知れません。

もちろんそんな人だから管理職にしているのでしょう。

業績が順調なときは、それでもいいでしょう。
でも、いつ何時企業の危機が来るかも知れません。
賃金の減額をしなければいけない事態もあります。

今まで、どんなことを言っていても、こと賃金に関しては、誰一人100%の満足はしていないのです。

未払い賃金の請求は、ほとんどの場合退職後です。つまり社長と話し合う機会がなくなってからです。

在職中は、将来の地位なども考えますから、あまり強く言えなくても、退職後、または退職を前提にしている場合は、請求しやすくなります。

未払い賃金の請求訴訟では、ほぼ100%会社の負けです。和解になっても、必ずいくらかは払わなくてはなりません。ゼロという結論はありません。


会社がこれを回避できる方法は「未払いを作らないこと」しかありません。


社内の環境または社員との関係が良いときにこそ、就業規則なり賃金規定を見直し、万一の場合に備えることも大事なことだと思います。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
充分注意はしておりますが、思わぬ勘違い、書き間違い、記憶違いなどがあるかも知れません。お気づきになりましたらご一報頂ければ幸いです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
年金事務所・監督署などの調査対策のプロ
社会保険労務士 廣 岡 保 彦(ヒロオカ ヤスヒコ)

大阪市中央区淡路町2-1-10 ユニ船場605号
電話:06-6231-2245(平日10時~18時)
FAX:06-6231-2200

ホームページ:http://www.hirooka-consul.com/ (ただいまリニューアル準備中です)
ブ ロ グ: http://ameblo.jp/hirooka-consul/
メ ー ル: hirm@nifty.com
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

この記事を書いたプロ

廣岡社会保険労務士事務所 [[[ホームページ http://www.hirooka-consul.com/(現在一部工事中です)]]]

社会保険労務士 廣岡保彦

大阪府大阪市中央区淡路町2-1-10 ユニ船場605号 [地図]
TEL:06-6231-2245

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品

報酬額は、ご依頼主が納得して頂かなくてはならないと考えております。従いまして、一方的に「いくらです」というのではなく、「これくらいになりますが、いかがです...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
廣岡 保彦(ひろおか やすひこ)さん

困っている中小企業の社長さんの<防波堤>になります(1/3)

 法律事務所に14年在籍した廣岡保彦さんが、社会保険労務士として40歳で独立し、今年で17年目になります。労働基準監督署(以下労基署)や労働局、年金事務所などの調査対策に「特化」した取り組みで、<プロ中のプロ>との評価を受けています。顧問会...

廣岡保彦プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

事務所名 : 廣岡社会保険労務士事務所
住所 : 大阪府大阪市中央区淡路町2-1-10 ユニ船場605号 [地図]
TEL : 06-6231-2245

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6231-2245

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

廣岡保彦(ひろおかやすひこ)

廣岡社会保険労務士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

労働局の調査

廣岡先生には以前に助成金の件でお世話になりました。 今回...

堺市 F社
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
国民健康保険は意外に高い。

建設業の方々にちょっと考えて頂きたいのです。建設業の監督機関である国土交通省は、来年の3月末までに、すべ...

[ 社会保険 ]

社会保険未加入事業所について
イメージ

もうずいぶん以前になりますが、日経新聞によりますと…政府は厚生年金に入っていない中小零細企業など約80...

[ 年金事務所の調査 ]

年金事務所からの問い合わせには、どうすればよいか?
イメージ

最近、税理士さんから、次のようなお問い合わせが多くなってきました。それは、社会保険に未加入の事業所...

[ 年金事務所の調査 ]

社会保険事務の調査についてのQ&A
イメージ

厚生労働省は、「厚生年金の適用促進に係る平成23年度行動計画」の一環として、すべての事業所に対して、社...

[ 年金事務所の調査 ]

年金事務所の調査によるペナルティ
イメージ

今回は、最近の年金事務所の調査のお話しです。 私の事務所に、北海道の経営者の方からお電話があり...

[ 年金事務所の調査 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ