コラム

 公開日: 2012-12-17  最終更新日: 2016-11-01

社会保険事務の調査についてのQ&A




厚生労働省は、「厚生年金の適用促進に係る平成23年度行動計画」の一環として、すべての事業所に対して、社会保険調査を行っています。

「何の調査なのか?」「どんな調査なのか?」「目的は何なのか?」「ペナルティはどんなものなのか?」など事業主の皆様にはわかりにくい点があるかと思いますので、今までも書いてきましたが、まとめて概略をQ&A形式でお伝えいたします。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

Q1:調査対象になる会社は?

A:社会保険に加入している会社すべてです。個人企業も含みます。
突然、何の予告もなく郵便で呼出状が来ます。今日現在、来ていなくても、明日来るかも知れません。今後3年以内に必ず呼出状が来ます。



Q2:調査の内容・目的は?

A:従業員のうち、社会保険の加入条件を満たしているのに、加入させていない人を発見し、入社時にさかのぼって保険に加入させることが目的です。
詳しい加入条件については、このコラムの最初の方(1~4)でご確認下さい。



Q3:さかのぼって加入させられたら、どんな不都合がありますか?

A:会社にとって一番大きな不都合は、対象になった人の入社時から、今までの保険料を全額払わなければならないことです(追徴)。

従業員にとって深刻なのは、さかのぼって厚生年金などに加入することになるので、老齢年金を受け取っている人については、年金を返還しなければならない可能性があります。



Q4:追徴される保険料(追徴額)は、どれくらいの金額になりますか?

A:保険料は給与の額に料率を掛けたものです。保険料率はおよそ26%ですから、月給12万円のパートさんなら、約3万円(通常はこれを折半)になります。
原則として、入社時までさかのぼって加入となりますが、保険料の徴収には、2年間の時効があるので、最大で一人分3万円×24月で約72万円になります。



Q5:全額を一回で払うのですか?

A:そのとおりです。法律上の支払義務は会社にあるので、調査の翌月末に従業員の分も含めて、全額を一括していつもの銀行から引き落とされます。



Q6:従業員から、その負担すべき分を徴収できますか?

A:もちろん法的には徴収できますが、かなり高額になりますので、すんなりと払ってくれるかどうかです。それに加えて、加入しないことに会社も同意していたことになりそうですので、実際問題としては徴収は難しそうです。

と言って、従業員負担分を会社が払うと、その分は給与として課税されることになりますので、2年分の所得税の計算をやり直しということになりそうです。

他の人のサイトです。参考までに。
http://www.soumunomori.com/forum/thread/trd-148529/



Q7:自社や他の社労士が調査に行ったあと、うまく行かなかったら受けてくれますか?

A:調査当日に認めたことを後日変更する、もしくは訂正するということは、かなり難しいです。原則として私はお受けいたしません。



Q8:調査の結果、さかのぼって保険料を払った例はありますか?

A:私は先月末まで、120件近くの案件を処理してきました。私が関与した案件で、年金事務所関係の最高追徴額は26万円(予想追徴額608万円)でした。知人に聞いたところ、1800万円をこえるほど高額になったケースがあるそうです。



Q9:当日、社長に代わって出頭してもらえるのですか?

A:多くの場合、社長はお忙しいので、ご要望があれば私が一人で出頭します。



Q10:全部を任せた場合、どれくらいの費用が掛かりますか?

A:この案件の報酬は、着手金を頂戴しますが、基本的には成功報酬型です。つまり依頼者の利益に応じての報酬となります。

目安となる費用は、このマイベストプロの「サービス・商品」の欄をご覧下さい。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
充分注意はしておりますが、思わぬ勘違い、書き間違い、記憶違いなどがあるかも知れません。お気づきになりましたらご一報頂ければ幸いです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
年金事務所・監督署などの調査対策のプロ
社会保険労務士 廣 岡 保 彦(ヒロオカ ヤスヒコ)

大阪市中央区淡路町2-1-10 ユニ船場605号
電話:06-6231-2245(平日10時~18時)
FAX:06-6231-2200

ホームページ:http://www.hirooka-consul.com/ (ただいまリニューアル準備中です)
ブ ロ グ: http://ameblo.jp/hirooka-consul/
メ ー ル: hirm@nifty.com
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

この記事を書いたプロ

廣岡社会保険労務士事務所 [[[ホームページ http://www.hirooka-consul.com/(現在一部工事中です)]]]

社会保険労務士 廣岡保彦

大阪府大阪市中央区淡路町2-1-10 ユニ船場605号 [地図]
TEL:06-6231-2245

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品

報酬額は、ご依頼主が納得して頂かなくてはならないと考えております。従いまして、一方的に「いくらです」というのではなく、「これくらいになりますが、いかがです...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
廣岡 保彦(ひろおか やすひこ)さん

困っている中小企業の社長さんの<防波堤>になります(1/3)

 法律事務所に14年在籍した廣岡保彦さんが、社会保険労務士として40歳で独立し、今年で17年目になります。労働基準監督署(以下労基署)や労働局、年金事務所などの調査対策に「特化」した取り組みで、<プロ中のプロ>との評価を受けています。顧問会...

廣岡保彦プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

事務所名 : 廣岡社会保険労務士事務所
住所 : 大阪府大阪市中央区淡路町2-1-10 ユニ船場605号 [地図]
TEL : 06-6231-2245

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6231-2245

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

廣岡保彦(ひろおかやすひこ)

廣岡社会保険労務士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

労働基準監督署からの是正勧告

当社は東大阪市で運送業を営んでいます。 大手メーカーの商...

東大阪市 Y社
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
10年で年金

やっと、10年で年金が貰えるようになりました。来年の9月の時点で、10年以上保険料を払った人にも老齢年金が支給...

[ 厚生年金・国民年金 ]

社会保険の強制加入

2月23日の讀賣新聞によりますと:『厚生年金への加入をしていない中小企業のうち、加入を違法に逃れている疑い...

[ 社会保険 ]

国民健康保険は意外に高い。

建設業の方々にちょっと考えて頂きたいのです。建設業の監督機関である国土交通省は、来年の3月末までに、すべ...

[ 社会保険 ]

社会保険未加入事業所について
イメージ

もうずいぶん以前になりますが、日経新聞によりますと…政府は厚生年金に入っていない中小零細企業など約80...

[ 年金事務所の調査 ]

年金事務所からの問い合わせには、どうすればよいか?
イメージ

最近、税理士さんから、次のようなお問い合わせが多くなってきました。それは、社会保険に未加入の事業所...

[ 年金事務所の調査 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ