コラム

 公開日: 2016-04-14 

「厳しいめにお願いします。」⇒その心は??

先日、以前にスタッフ研修を行ったサロンのオーナー様より
2度目の研修のご依頼をいただきました。

ご依頼のお電話でオーナーがおっしゃったのは
「先生、次はもっと厳しいめでおねがいします。」
とのこと。

「厳しいめ」って言われると、俄然やる気が出てしまうワタクシ・・・(^^;)
「あらぁ、良いんですか?( ̄▼ ̄*)」
なんてニヤッとしてしまいますが・・・。

こちらのオーナー様のようなご依頼、決して珍しくないです。
ちょっと意地悪な見方をすれば、この「厳しいめの研修」って

・威圧感たっぷりの講師
・私語や雑談の許されない緊張感
・「~でなければならない」といった、型にはまった指導
・間違いの許されない空気

・・・・ん~、こんなイメージでしょうか?

でも、本当のご依頼内容は決してそんなことではないんですよね。

なので、オーナーにはお電話でしたが
「その後のスタッフさんに何かありましたか?」
と伺ったところ

「前回の研修後、1名辞めてしまったのと、新卒のスタッフが入るので
今回は、【社会人としての厳しさ】をしっかり教えてほしい。」

とのことでした。
それが分かれば、どんな「厳しさ」の求められる研修か、組み立てやすくなりますね。
後は、時間と抑えるべきポイントをいくつか伺ってお見積りをお出ししました。

こちらのオーナー様とは今回はお電話だけでのお打合せとなりましたが、
研修を承る際には、必ずお会いしてお打合せをさせていただきます。

【マナー研修】を行ったことのない企業様ですと、なかなかイメージしにくいかも知れませんが
基本的には
「受けた後にどうなってほしいか?」
というゴールをしっかりと決めてから研修ができるように、お話を伺いに参ります。

・「マナー研修ってやったことがないので」
・「自分(オーナーや社長)もマナーって自信ないですけど・・・」
・「うちらが言っても聞かないんでねぇ・・・」

などなど。
よくあります。わかります。

社員(スタッフ)対象にマナー研修のご依頼をしてくださる理由は
・感じのいい社員を増やしたい
・社内のコミュニケーションを良くしたい
・お客様により喜んでいただけるようにしたい

といった、ご依頼主様の【愛の思い】ですよね。

でも、自分では上手く伝えられない・・・。

ヒトテラスは、そんなご依頼主様の【愛の思い】を
研修を通して社員(スタッフ)の方々にお伝えする
【愛のキューピット(橋渡し役)】を担います(*^-^*)

会社に愛され、お客様に愛され、社会に愛される企業人を育む研修をご用意いたします。

この記事を書いたプロ

人材教育と育成 ヒトテラス [ホームページ]

マナー講師 金城あや

大阪府大阪市 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
金城あや(かねしろ・あや)さん

居心地のよい人間関係と環境づくり、それがマナーです(1/3)

 マナーはなぜ必要なのでしょうか。マナーを身につけるメリットは何でしょう。マナー講師として多くの顧客を指導してきた金城あやさんは、お互いが気持ちよく過ごせるコミュニケーションツールとして、女性だけではなく、男性、特に管理職や経営側に立つ人に...

金城あやプロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

『感じよく、人に好かれる』ための極意を教えます

会社名 : 人材教育と育成 ヒトテラス
住所 : 大阪府大阪市 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

金城あや(かねしろあや)

人材教育と育成 ヒトテラス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
はじめまして
イメージ

はじめましてこのたび、マイベストプロに加わりました人材教育と育成 ヒトテラス代表の金城 あや と申...

[ ご挨拶 ]

初対面の人と上手く会話するコツは・・・
イメージ

 初対面の人との会話は難しい? 初めてお会いする人とお話をしたり、普段あまり接する機会の少ない人と会話...

[ マナーのこと ]

スメルハラスメント??

残暑お見舞い申し上げます。暦の上では秋を迎えましたが、まだまだ暑いですね・・・。大阪では日中の最高気温...

[ マナーのこと ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ