原島敏郎

はらしまとしろう

有限会社 原島マネジメント研究所

[ 大阪市北区 ]

コラム

 公開日: 2015-05-23  最終更新日: 2015-05-24

自分のことをよく理解してくれているマネジャーのために働く

 部下のデータベースのチェック表をつけてみての感想を聞くと、これまた面白い反応がでてきます。「知っているつもりになっていたが、意外にちゃんとわかっていなかった」と素直に認めて、「もっと部下と会話をしていきます」という方もおられるが、「昔のように飲み会がなくなったので、プライベートを知る会話ができなくなった」、「今は個人情報やハラスメントについてうるさいから、プライベートを話題にはできない」、「業務以外のことをきく場面もないし、そんなに暇ではない」、「仕事をしに会社にきているのだから、プライベートな情報はいらない」という意見も出てきます。
 しかしその方々に「では、もし逆の立場で、あなたの上司があなたについてほとんど書けない状態で、業務上の仕事だけの会話しかなければいかがですか?」と聞くと「そんな上司には、チョット失望感を抱く」、「自分のことを“仕事をこなすヒト”としてしか見てもらっていない感じがする」などの返答がきます。
 ということは、「昔と環境が違うので、自分は部下のことをあまり知らないが、自分の上司には自分のことはよく知っておいていてほしい」ということになってしまいます。
 確かに私たちが育った環境との違いはあります。昔は何かと言えば、飲み会があるし、帰りに「一寸、一杯」というのがありました。今は、お酒を飲まない人が増えていますし、それこそプライベートを大切して早く帰宅したい人も増えています。ゆっくり会話する時間が作れなくなったかもしれませんが、チョットした心掛けだと思います。問題は部下のことを知ろうと思うかどうかでしょう。『史記』から引用して以前にも書きましたが「部下は自分をよく知ってくれている上司のために働く」です。
 まずは話をする“回数”を増やすこと。休憩時間の5分、10分。お昼休憩などの活用。短くても会話する“回数”が増えると会話の合計“量”が増え、段々と会話の“質”が変わってきます。そうすることで互いに分かり合えることも増え信頼関係も構築していきやすくなります。その時のポイントは、雑談の中で知りえた情報はすぐに“メモ”しておくこと。つい忘れてしまうので、早いうちにデータベースに書き込んでおくことです。部下のことについては、プライベートのことも仕事上のことも“丸ごと”知ってあげてほしいです。
 特に、相手が“大切にしている人、モノ、思い出”などを知ってあげてほしいです。人は自分が大切にしている人、モノ、思い出などをしっかり受け止めて、それを大切に扱ってくれる人に好意を抱きます。幼いお子さんのことを大切にしている人にとって、「今日は、お子さんの誕生日だろ。早く帰ってあげな」と声掛けされるのはやはりとてもうれしいですよね。

この記事を書いたプロ

有限会社 原島マネジメント研究所 [ホームページ]

原島敏郎

大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F [地図]
TEL:090-3929-1804

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
原島 敏郎(はらしま・としろう)さん

マネジャー経験を生かしたコーチングで、実績の上がるチームを作ります(1/3)

「大手企業でリーダーやマネジャーと呼ばれる管理職を経験し、その視点ならではの考え方や苦労を知っているというのはコーチとしての私の強みです」と話すのは、原島マネジメント研究所の代表を務める原島敏郎さんです。クライアントとの対話で「気づき」を引...

原島敏郎プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

マネジャーならではの考え方や立場を理解した、的確なコーチング

会社名 : 有限会社 原島マネジメント研究所
住所 : 大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F [地図]
TEL : 090-3929-1804

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3929-1804

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原島敏郎(はらしまとしろう)

有限会社 原島マネジメント研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ビジネスコーチとクライアントとの関係

 プロのビジネスコーチは、クライアントとの対話を通して、「クライアント自身がビジョンや目標を明確にして、そ...

部下との関わり方を考える

 マネジメント研修でコーチングスキルをご紹介したあとで、「コーチングスキルを職場で使ってみたがうまくいかな...

人は他人の話を聞いていない

 いつも部下が端的に要点を絞って結論から報告してくれるとわかりやすいですしイライラもしません。しかし忙しい...

自分のコミュニケーションスタイルを知る

 コーチングの代表的なスキルというと、「聴く」、「承認する」、「質問する」などがあります。これらはコミュニ...

マネジャーの自己肯定感を高める

 様々なマネジャーの方をコーチさせていただいていますが、意外なのは “自己肯定感” が低い方が結構いらっしゃる...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ